【ピッコマ】余命わずかの脇役令嬢『6話』のネタバレと感想

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「余命わずかの脇役令嬢」の6話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『6話』のネタバレ

はじめての反論

カリナの父親であるレオポルド伯爵が、真夜中にカリナの部屋を訪ねて来た。

突然のことに驚くカリナを

昼間にカリナが買ってきた屋台の食べ物で、アベリアがひきつけを起こしてしまったらしい。

アベリアにせがまれたからお土産に買ってきただけだと話すも、カリナは悪者扱いされてしまう。

ラジ

フェルダンもカリナは悪くないと言いたげだけど父親には届いてないわね

いつもならただ黙って我慢していたカリナ。

しかし今回は、アベリアの方にも注意するべきだと進言した。

父親も母親も、カリナが言い返してくることに驚く。

カリナは部屋を立ち去ろうとする両親に向かって、自分の部屋の場所を知っていたとは意外だったと皮肉を口にした。

何を引き換えにしても

自室に一人になって、アベリアの容態を気にするカリナ。

それでも、両親から「聞き分けの良い姉」を求められることには納得がいかない。

こんな風に燻ぶった時には、気付けばカリナは絵を描いていた。

ねお

奇跡の力の副作用ともいえる「芸術病」を患っているのに…

寂しい心を紛らわせるように描いたのは妖精の絵。

妖精は絵の中から飛び出してきて、一時的とはいえ、自分に寄り添ってくれる。

だからこそ、カリナは絵を描くことを手放せなかった。

それが自身の命を削ると分かっていても…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
5話6話7話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『6話』の感想

両親は、カリナへ厳しく当たることを正当化しています。

本当に病気のことだけが手厚くする理由にあたるなら、今のカリナもまた、尊重されるべき存在のはず。

ここまで来ると、今さらカリナがこれまでの不満をぶつけても、両親は悪かったことに気付けないのではと思えてきます。

カリナが粗末に扱われていたとなると、ミリアンとの縁談についてもカリナのためではなかった可能性が…。

まとめ

以上「余命わずかの脇役令嬢」の6話のネタバレ記事でした!

「 余命わずかの脇役令嬢 」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる