【ピッコマ】余命わずかの脇役令嬢『34話』のネタバレと感想

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「余命わずかの脇役令嬢」の34話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『34話』のネタバレ

病状は予想通り?

屋敷の中でうずくまっていたカリナに気付いたメイドが、慌てた様子で駆け寄って来る。

しかし、体調のことを隠し通したいカリナは、休めば良くなるからと、何でもないフリをした。

メイドは、主にはカリナの体調を気遣うように言われているので、医師を呼ぶと譲らない。

カリナは、ミリアンが自分のことを気に掛けてくれているのが嬉しくて、厚意に甘えようという気になる。

そこで、医師のウィンストンを指名して、呼んでもらうのだった。

ウィンストンは、急激な悪化ではないと告げるが、芸術病はだんだんと進行しているようだった。

有効な治療法はなく、助けてあげられなくて申し訳ないとすまなそうにするウィンストン。

カリナは分かっていたことだからと、ウィンストンは悪くないとフォローする。

気になるのは、今後の食事についてだった。

どうしても吐き気に襲われてしまうことが多いため、ミリアンに気付かれないようにするにはどうしたら良いかと相談するカリナ。

ラジ

ウィンストンにだけは、苦しむ姿を見せたくないという乙女心…

ウィンストンは、嘔吐の症状があっても食べないと身体に悪いと言う。

カリナがより良く生きるための確認

ウィンストンは、病状が悪化の一途をたどるなか、食べて身体を維持しなければならないと念を押す。

さらには、生きたいという明確な意志を持つことが大事だと告げた。

他に悪いところはないかというウィンストンと問いに、カリナは最近の兆候を打ち明けた。

心臓が急激に痛むことが増えたのだ。

カリナの病状は深刻だとした上で、ウィンストンはそれでも諦めずにカリナがより長く生きられるように手を貸すと言ってくれるのだった。

ウィンストンと入れ違いのような形でカリナのもとを訪れたフェリオール。

一つ、カリナに質問があると言ってきた。

「奇跡の力」の酷使が命を削るとはいえ、仮に毎日「力」を使ったとしてもカリナほど若くして寿命を迎えるのは聞いたことがないというのだ。

そして、奇跡の力を使用するにあたって、禁忌を犯したことはないかと、神妙な面持ちでカリナに聞いてきて…

ねお

「奇跡の禁忌」って、実際にどんなことを示すんだろう?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
33話3435話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『34話』の感想

カリナは死を待つだけだった過去とは違って、ミリアンと出会ってから彼と少しでも良い思い出を作りたいと考えるようになりました。

ただ、悪化するばかりの病状については、見ているこっちがハラハラしてしまいますね。

フェリオールは、カリナが画家として名を上げるために協力してくれることになっていますが、カリナは体調に差しさわりのない程度で絵を残すことはできるのでしょうか?

また、カリナが他の芸術病の患者としても短命すぎることが「禁忌」と関係していると考えられ、その内容が気になります。

まとめ

以上「余命わずかの脇役令嬢」の34話のネタバレ記事でした!

「 余命わずかの脇役令嬢 」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる