【ピッコマ】余命わずかの脇役令嬢『29話』のネタバレと感想

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「余命わずかの脇役令嬢」の29話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『29話』のネタバレ

伝わらない気持ち

とある部屋の前で悩まし気な表情でたたずむミリアン。

カリナとの会話がどうも上手く行かないことを気に病んでいた。

カリナに用があると言って屋敷を訪ねてきたフェリオールに対し、警戒するも、芸術病の件ならば彼が適任だと感じて全幅の信頼を寄せる。

忙しいと言いつつ何かとカリナを気にするミリアンに、フェリオールは違和感を覚えるのだった。

その頃、カリナはミリアンに強がりを言ってしまったことを後悔していた。

ずっと屋敷に滞在しても良いというミリアンの言葉が心底嬉しかったのにもかかわらず、自分は元婚約者に過ぎず、ミリアンの次のお相手に悪いと可愛げのない返しをしてしまったからである。

ラジ

お互いに本音を伝えられないままなのよね

創造の奇跡の特徴

カリナのアトリエにフェリオールがやって来た。

フェリオールは、ウィンストンからカリナの病状を聞いていると話す。

余命のことは口外しないようにお願いしていたはずなのにと、思わず心の中で恨み言を吐いてしまうカリナ。

その考えを汲み取ったようにフェリオールは自分が無理言って聞き出したと告げる。

なんでも、長きにわたって芸術家を支援してきたカルロス家には、芸術家の中でも稀有とされる「創造の奇跡」に関して気になる記録が残っていたそう。

その「創造者」とも呼ばれる者たちは皆、重い芸術病を患い、年齢も30を超えて生き延びた者はいなかった。

カリナの場合はそんな「創造者」の中でも飛びぬけて秀でた能力を宿しており、命が代償になっていることは明らかだったのだ。

ねお

レオポルド家でカリナの絵を見たときからフェリオールは気付いていたみたいだったし…

確認したいことがあるとして、「創造者」の傾向を話し始めるフェリオール。

絵を描くことや、生み出したものへの執着、そしてその執着が己の命を犠牲にしてでも絵を描く理由になるとの症状は、すべてカリナに当てはまっていた。

芸術が全てだと思うカリナの気持ちに理解を示す一方、負の感情の逃げ道としていることを見過ごせないフェリオールは、あることを思い付いて…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
28話29話30話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『29話』の感想

フェリオールの「創造者」に関する知識はさすがですね。

大変貴重な才能についても文献が残っているとは、有数の芸術家門ならでは。

全員が若くして亡くなっているとのことですが、特有の「執着」があるから絵を描くのを止められなかったのでしょう。

絵を描くことが生きがいのカリナにとっても、寿命を削ってでも絵を手放すという選択肢はなさそうです。

ウィンストンやフェリオールの助けによって、治療法が見つかればいいのですが…。

まとめ

以上「余命わずかの脇役令嬢」の29話のネタバレ記事でした!

「 余命わずかの脇役令嬢 」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる