【ピッコマ】余命わずかの脇役令嬢『20話』のネタバレと感想

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「余命わずかの脇役令嬢」の20話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『20話』のネタバレ

居場所が判明してからの動き

ノクターンから、アベリアと妻・ダリアの容態について報告を受けるレオポルド伯爵。

アベリアはカリナがいなくて寂しがっているものの、体調の方はすこぶる順調。

寝込んでしまった伯爵夫人のダリアは、疲労からくる風邪と診断された。

報告は以上として帰ろうとした時、カリナの芸術病について伝えるべきかを迷うノクターン。

アベリアの耳に入ったら混乱するだろうし、自分の師が北部に向かったから今しばらくは大丈夫だと判断して、結局は口を閉ざしたままだった。

その後、レオポルド伯爵は長男のインフリックとカリナの今後について話し合う。

居場所が分かったのなら連れ戻した方が良いのではと主張するインフリック。

しかし、北部の検問所はこの時期封鎖されてしまっており、手出しはできないと伯爵は言う。

そして、インフリックに婚約式当日のフェステリオ公爵の印象を尋ねた。

ラジ

他の家族はアベリアの看病で欠席だったのよね

式は至ってスムーズに執り行われ、両者ともに振る舞いに穴はなかったとインフリックは答える。

2人の面識は式の当日のみ。

なぜカリナが彼を頼ったのかが分からず、レオポルド伯爵は頭を抱えた。

親不孝者だとなじる伯爵に、インフリックは事情があったのかもしれないとカリナをフォローする。

最終的には、カリナに直接話しを聞くしかないという結論に至った。

芸術病の確率と代償

カリナは、ウィンストンがどうして自分の居場所を掴むことが出来たのか不思議がる。

ねお

南部のドクター・ウィンストンはノクターンの先生に当たる人よ

ウィンストンはカリナと同じく「奇跡の力」の持ち主だった。

彼は探したいものを思い浮かべながら刺繍を施し、その布を燃やすと場所が分かるという力があったのだ。

しかし、能力の代償として視力を失っていくという「芸術病」に悩まされ、苦悩の末、大好きだった刺繍を諦めたのである。

興味津々のミリアンは、次々と「芸術病」について質問していく。

明確な治療法が存在しないことや、優れた芸術家の中でも発症率が1%未満の奇病であること。

さらには、症状もそれぞれで命に関わるのは半世紀に1人くらいの確率だと、ウィンストンは述べた。

致死率の低さにホッと胸をなでおろすミリアンの隣で、カリナは押し黙っていた。

そして、あとのことは自室で…とウィンストンにお願いする。

公爵邸に到着後、ミリアンに楽しかったと今日のお礼を述べたカリナ。

“次回”も楽しみにしていると切なく微笑んで…

◀前話今読んでいる話次話
19話20話21話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『20話』の感想

カリナの父親もノクターンも、カリナが「芸術病」であると知っているはずなのに、とても悠長な構えです。

カリナが今まで弱音を吐かずに我慢してきた結果、心配もしてもらえないってどうなんでしょう?

そして、医師のウィンストンも過去には芸術家だったようですね。

病の辛さとカリナの病状を知るからこそ、カリナがミリオンに余命のことを白状していないと気付いたように見えました。

まとめ

以上「余命わずかの脇役令嬢」の20話のネタバレ記事でした。

文章ではなくて実際に絵付きでみたい!という場合はピッコマで読んで見てくださいね!

「余命わずかの脇役令嬢」はピッコマ独占なのでピッコマでしか読むがことができませんので、この機会にぜひ読んでみてください!

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる