【ピッコマ】余命わずかの脇役令嬢『19話』のネタバレと感想

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「余命わずかの脇役令嬢」の19話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『19話』のネタバレ

北部の風習にならって

ミリアンがカリナにプレゼントしたのは「ハロン」という魔獣討伐後に稀に入手できる不思議な鉱物のネックレスだった。

宝石か何かかと思っていたカリナは、手にすると温かいことに気付く。

なんでも、北部ではハロンは健康祈願のお守りとして、持っていると健康になるとの言い伝えがあるのだという。

カリナは、ミリアンの気遣いが嬉しくて素直に感謝する。

ラジ

余命宣告を受けているから皮肉なものだけど…

今日のところは帰宅しようとしたその時、カリナの周囲から奇妙なオーラが漂った。

そして、南部でカリナがお世話になった医師が後ろから挨拶してきたのだ。

また会えたことに感激するカリナ。

ミリアンは、2人の仲良さげな様子を見て、医師を屋敷へと招待した。

カルロス公爵の審美眼

一方、カリナの実家・レオポルド伯爵邸に、フェリオール・カルロス公爵が訪れる。

ミリアンが鷹を通じてフェリオールに送った手紙にはカリナの絵が添えられていて、芸術病のことを調べて欲しいと同時に、レオポルド伯爵にカリナがフェステリオ家にいることを伝えて欲しいと頼んでいたのだ。

フェリオールは、着いて早々、カリナの絵を見たいと切り出す。

カリナの父・レオポルド伯爵は、芸術家門のカルロス家のお眼鏡にかなうようなものではないと言いながら、使用人にカリナの絵を全て持ってこさせた。

カリナの才能を理解していない発言に、フェリオールは心底呆れる。

これまでに幾度となく芸術家を支援した経験があり、芸術病を患う者の多くが家族と上手くいっていない傾向にあるとは知っていたが、カリナの場合は本人が絵の才能そのものを隠すほどに親子関係が破綻していると察した。

レオポルド伯爵に向かって「見る目がない」と告げたフェリオールは、カリナが芸術病にかかっていると教える。

ところが、レオポルド伯爵はそんなわけがないと信じようとしない。

ついでにカリナは今、フェステリオ公爵家に滞在していると伝え、伯爵家を後にするフェリオール。

去り際に、レオポルド伯爵の言動が父親としてまるでなっていないと指摘するのだった。

ねお

よくぞ言ってくれました!

フェリオールは、今回の来訪でカリナが「創造の奇跡」を宿しているとすぐに気付いていた。

残されていた絵の多くから被写体が消えていたからである。

さすがにお手上げかもしれないと、状況の深刻さに困ってしまうのだった。

◀前話今読んでいる話次話
18話19話20話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『19話』の感想

ミリアンとは対照的に雅な風格ただようフェリオールが登場しました。

専門の芸術はもちろん、親によってカリナの才能がつぶれていたことにもすぐに気付くとは、とても鋭い目を持っています。

カリナの父親は、病気のことを聞いたら少しは娘を心配するかなと思っていましたが…

今、カリナと会ったら、とんだ親不孝者のせいで恥をかかされたと怒りだしそうな雰囲気でした。

まとめ

以上「余命わずかの脇役令嬢」の19話のネタバレ記事でした。

文章ではなくて実際に絵付きでみたい!という場合はピッコマで読んで見てくださいね!

「余命わずかの脇役令嬢」はピッコマ独占なのでピッコマでしか読むがことができませんので、この機会にぜひ読んでみてください!

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる