【ピッコマ】余命わずかの脇役令嬢『13話』のネタバレと感想

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「余命わずかの脇役令嬢」の13話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『13話』のネタバレ

カリナの孤独に触れ

北部の医師・マリアから、芸術病について伝え聞いたミリアン。

治療法はなく、進行を止めるには芸術を手放すしかない。

それなら芸術を止めるほかないとミリアンは指摘するが、話はそう簡単なものではないと教えるマリア。

芸術病にかかる者はその道を究めたプロであり、持てる情熱や人生そのものを芸術に注ぎ込んでいるはずだと。

ラジ

カリナも絵を描くことをやめられそうにないもんね

マリアを帰した後、ミリアンは婚約式当日のことを思い出す。

両親がいない席を寂しそうに見つめていたカリナ。

周囲には愛想笑いを徹底していて、呆れてひどい事を言ったミリアンにもカリナはただ笑うだけだった。

あの時から、カリナは一人で何でも背負い込んでいたのだと思うと…

ミリアンは、芸術病について詳しそうな知人・フェリオールに手紙を出すのだった。

心配な患者の名前

カリナに余命宣告や薬を処方してくれた南部の医師は、弟子のノクターンの反対を振り切って北部へと出掛ける準備をしていた。

ねお

あのノクターンと、カリナのお医者さんが師弟関係!?

1か月前にふらっと診察に来た“どこかの令嬢”がどうしても心配になったそうだ。

北部は芸術病に疎く、症状を診てもらえるとは思えない。

“余命わずか”で治療は手遅れだとしても、親に見捨てられていた様子が放って置けないと、ノクターンに診療所を任せた。

“リナ”で終わる名前だったと言った医師に、ノクターンはカリナを一瞬思い浮かべるが…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
12話13話14話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 余命わずかの脇役令嬢『13話』の感想

ミリアンは、カリナの気持ちをため込む癖に気付いたようですね。

カリナの芸術病というのがどの程度のものなのか気になって、音楽家のフェリオールを頼ることに。

また、南部でカリナがお世話になった医師が、カリナの後を追うようにして出発していたことが発覚。

ノクターンが気のせいだと考えたことこそ事実なのですが…気付くのはまだ先になるのでしょうか?

まとめ

以上「余命わずかの脇役令嬢」の13話のネタバレ記事でした!

「 余命わずかの脇役令嬢 」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる