【ピッコマ】私を溺愛する2番手男キャラを育てました『31話』のネタバレと感想

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の31話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『31話』のネタバレ

いつも、もらってばかりだから

街でレイノードがベシーを連れてユリナと別行動をとった時。

レイノードは、ベシーに手伝ってもらって、ユリナへのプレゼントを買いに行っていた。

ベシーは、レイノードの誕生日祝いのためにと渡されたお金を、レイノードが自分のために使わなくて良いのかと確認をとる。

すると、レイノードは、ユリナにプレゼントを渡すことが、自分のプレゼントになると答えたのだった。

ラジ

なんて詩的な表現!

ところ変わって現在、後ろ手にそのプレゼントを隠しているレイノード。

ユリナのもとを訪ねたははいいが、どう切り出そうか迷った末に、自分の名前の意味を聞きたいと苦し紛れの質問をしてしまった。

そうとは知らないユリナは、レイノードの名前は、古代語で「希望」を意味する言葉からとったと話す。

デプロン侯爵との会話で一度は耳にしたことだったが、レイノードはあらためてユリナがどんな思いでそう名付けてくれたのかを問う。

名前の意味のとおり、ユリナが自分を特別だと思ってくれていたら良いなとの期待を込めて…

ユリナは、古代語の意味のままレイノードのことを「希望」だと思っていると笑顔を見せる。

特別な輝き

レイノードは、ユリナの返答が嬉しくて、何も考えずにプレゼントを目の前に差し出した。

いつ買ったのかすぐにバレてしまうわ、すぐに開けられてしまうわで、カッコつけて渡そうと思っていた計画が台無しになってしまった。

ユリナは、赤く輝くビーズのブレスレットを見て、レイノードの誕生日プレゼントに用意したブローチと似ているとこぼす。

レイノードは特にお揃いなどと考えていたわけではなく、偶然似てしまったようだ。

せめてカッコがつくようにと、ユリナにブレスレットをつけてあげるレイノード。

赤い輝きがレイノードの目のようで素敵だと喜ぶユリナを見て、また嬉しくなるのだった。

季節は移り変わり、冬になった。

レイノードは、教養をしっかり身に付けており、アカデミーへの入学準備が整っている。

ユリナは、レイノードの入学を目前にして、寂しさを感じていて…

ねお

もうじき、レイノードがアカデミーに行っちゃうんだね…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
30話31話32話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『31話』の感想

ユリナへの想いが日増しに強くなるレイノード。

ユリナのそばにいたい、役に立ちたいという気持ちが伝わってきます。

憎まれ口は直っていませんが、カルティア侯爵家の暮らしにもなれて、すっかり貴族らしくなりました。

ユリナには、レイノードがアカデミーで魔法を習得してくれるであろうという期待と、しばらくは離ればなれになってしまう孤独感があるようです。

まとめ

以上、「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の31話のネタバレ記事でした!

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる