【ピッコマ】私を溺愛する2番手男キャラを育てました『30話』のネタバレと感想

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の30話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『30話』のネタバレ

父親からの愛情を感じて

ユリナは屋敷に戻って来てすぐに、父・カルティア侯爵の執務室へと向かう。

どうしてもカルティア侯爵に確かめたいことがあったのだ。

娘のユリナの言動を不思議に思うも、快く迎え入れるカルティア侯爵。

ユリナは、カルティア侯爵家がデプロン侯爵家とあまり仲がよろしくないというのは真実かと尋ねた。

カルティア侯爵はますます不思議がって、政治的方針の見解は違えど、完全に仲が悪いとは言い切れないと答える。

カルティア侯爵がユリナを子供だと思って、嘘をついているのではないかと疑うユリナ。

デプロン侯爵から冷たく見下ろされ、むき出しの嫌悪を感じたのは、単なる気のせいではないはずと考えていたからだ。

しかし、カルティア侯爵は特に隠し事をしている様子はない。

デプロン侯爵は、カルティア侯爵家を嫌っているのか、だとしたら理由は何なのかについては、分からず終いだった。

カルティア侯爵は、デプロン侯爵から何かされたのかとユリナの身を案ずる。

安心させようと抱きしめて来るカルティア侯爵に、ユリナは少しだけ緊張感が和らいだ。

ラジ

中身は他人とはいえ、心配してくれる父親の姿に心が温かくなったんだね

秘密がバレませんように

その夜、精神的な疲れを感じるユリナ。

デプロン侯爵の登場でナーバスになっているせいか、いつも以上に不安が胸に押し寄せる。

そして、もしも秘密がバレてしまったら、今はユリナに優しい人々もどうなるのか分からないと思うのだった。

特に、レイノードはユリナに恩義を感じていて、素直に慕ってくれている。

もしも、魔法の才能をあてにして近付いたと知ったら、レイノードはユリナをどう思うのか、考えただけでも怖かった。

そんなことを考えていたら、レイノードがユリナの部屋を訪ねて来た。

昔の話を持ち出しては、どうにか場を持たせるユリナ。

少しの沈黙の後、話を切り出そうとする2人の声がかぶってしまう。

発言権をレイノードに譲ると、ユリナに聞きたいことがあると言ってきた。

昼間、口走ってしまった言葉で、秘密に気付かれたのかと不安になるユリナ。

レイノードが気になっていたのは、古代語のことで…

ねお

レイノードは、自分の名前の由来が知りたいみたい…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
29話30話31話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『30話』の感想

1コマだけですが、レイノードが大人になった姿が描かれていて、イケメン具合にドキッとさせられました。

今の健気で可愛らしい姿も良いですが、成長したレイノードを早く見たいと期待が募ります!

ユリナは、自分の中身が本物のユリナでないことを申し訳なく思っている節があります。

ただ、今のユリナが築き上げていった周囲との絆というのは確かに存在すると思うので、前向きに考えていってほしいです。

まとめ

以上、「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の30話のネタバレ記事でした!

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる