【ピッコマ】私を溺愛する2番手男キャラを育てました『29話』のネタバレと感想

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の29話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『29話』のネタバレ

死の経験と恐怖

小説の中の世界に来てから、言語に価値観、服装に人々との関係と、あらゆる変化に戸惑いながらも対応してきたユリナ。

もとの世界での本名を忘れた頃になると、必ず見る「夢」に悩まされていた。

それは、交通事故に遭った瞬間の出来事。

あの時に感じた全ての感覚に支配され、死の淵を何度も味わう度に、心が摩耗していくようだった。

ユリナを追いかけて来たレイノードが、腕を掴んで引き留める。

ユリナは何も言葉を発せないくらいに追い詰められている状態だった。

しばらくして口を開いたかと思えば、誕生日祝いで街に来たレイノードのせっかくの時間を奪うのは悪いと、ベシーのいる所へ追い帰そうとするユリナ。

レイノードは別に気にしていないと言って、寄り添う姿勢を見せる。

すると、ユリナは唐突に「怖い」とこぼした。

それは、忘れたくても忘れられない出来事を夢に見て。

または、普通の暮らしをしたいと願っては不吉なことが起きる度に。

そして、一人で立ち向かう勇気が必要な時も。

さらには、もうチャンスが残されていないかもしれないと考えて。

————“生きたい”と強く願うほどに、ユリナは恐怖に苛まれていたのだった。

ラジ

たった一人で小説のエンディングに抗おうと頑張ってきたユリナ…

誓いは本心から

レイノードは、いつもと違う様子のユリナに面食らいながらも、ずっと考えていることがあった。

デイヴから聞いた話では、ユリナはとある言い伝えに興味を持っていて、赤い目を持つ人物を探していたという。

理性的で大人びているユリナが、言い伝えを素直に信じるとはどうしても思えなかったレイノードは、もう一つ気になることが。

ユリナがパトロンになると言った時、彼女は自分がいつか危険な目に遭うことを予期しているかのような発言をしていたのだ。

詳細は不明だが、将来に起きる何かからユリナが必死に逃れようとしていることだけは分かる。

レイノードは悲しみに暮れているユリナを励ましたくて、自分が守るから最悪の事態は起こらないと話す。

それが自分を拾ってくれたユリナとの「契約」だからと。

指切りを交わした2人。

契約云々に限らず、レイノードは本心からユリナのことを守れるようになりたいと決意をあらためるのだった。

ねお

大切な人を守りたいと思う気持ちが、レイノードを大人にしていく…!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
28話29話30話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『29話』の感想

レイノードは、ユリナの全てを理解した訳ではありませんが、自分の存在がユリナにとって希望になり得るかもしれないということを何となく察していました。

前回に引き続き、レイノードが味方でいてくれたことで、ユリナは小説のカシオンとは違うと手応えを感じたと思いますし、レイノードも役に立てるよう頑張りたいと考えているようです。

カーティスにリディア、デプロン侯爵といった小説の主要キャラたちとそれぞれ対面を果たしたユリナの今後を応援していきましょう!

まとめ

以上、「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の29話のネタバレ記事でした!

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる