【ピッコマ】私を溺愛する2番手男キャラを育てました『28話』のネタバレと感想

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の28話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『28話』のネタバレ

不吉な巡り合わせ

予期せぬ形でデプロン侯爵と出会ってしまったユリナは、困惑。

カルティア家を名乗ったユリナに対して、デプロン侯爵は興味深げににじり寄って来る。

ユリナは、必死に記憶を辿ってデプロン侯爵がここにいる理由を考えた。

ユリナが思い至る前に、デプロン侯爵は自分の娘としてリディア・デプロン———小説のヒロインを紹介してきたのだ。

そもそも、小説でリディアを愛した天才魔法使いカシオンに殺されまいと、ここまで頑張って来たユリナ。

思い詰めた表情でうつむく。

リディアは具合でも悪いのかと心配するが、ユリナは触れられそうになったリディアの手を冷たく払いのけてしまった。

ユリナがこんなにも不安になるのは、小説のカシオンとして受け入れたレイノードの存在のことが頭にあったからである。

カシオンがリディアを愛した理由は、デプロン家で優しくされたからとされている。

しかし、それが無くてもヒロインを好意を寄せるというキャラ設定がそのまま今に反映されているのだとしたら、レイノードは結局リディアを選ぶことになるのではないかとの考えが浮かんだのだ。

しかし、レイノードはユリナだけを見つめていて、様子のおかしいユリナの手をぎゅっと握るのだった。

ラジ

小説との違いが表れているようだね

ここは任せて

デプロン侯爵は、カルティア家を剣に優れた家門だと認めながらも、デプロン家は魔法に秀でていると話す。

そして、レイノードの才能を充分に引き出せるのは我らがデプロン家だと、レイノードを誘うのだった。

レイノードは、「カルティア家」でお世話になっていると強調して恭しく自己紹介。

その名前をユリナが付けたと知ったデプロン侯爵は、古代語を理解しているユリナのことを怪しく見下ろしていた。

ねお

古代語は難解とされているから、ユリナを怪しんでいるみたい…

デプロン侯爵とその一行が立ち去った後、ユリナは一人になりたがって駆け出して行ってしまった。

心配したベシーが追いかけようとするが、レイノードはユリナと2人で話したいと言ってベシーを引き留めて…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
27話28話29話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 私を溺愛する2番手男キャラを育てました『28話』の感想

デプロン侯爵の存在をよく知っているとはいえ、実際に目の前にして、さらには敵意を向けられて怖くなってしまった様子のユリナ。

この世界に来てから堂々とした振る舞いが目立っていましたが、小説のユリナのバッドエンドを知るからこその焦りのようなものも見て取れました。

レイノードの方が冷静に対応していて、ユリナを安心させようとしているのが分かりますね。

まとめ

以上、「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の28話のネタバレ記事でした!

「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる