【ピッコマ】「妻が帰ってきた」『19話』のネタバレと感想

\ 「妻が帰ってきた」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「妻が帰ってきた」の19話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「妻が帰ってきた」『19話』のネタバレ

ドユンの父

ユレを求めて訪ねてきたのはドユンだった。

ドユンは買い物をしにきたと同時に、昨日メッセージに返信がなかったことを気にしていた。

仕事中だったとユレは説明したのだが、あんな遅くまで仕事をしていたのかとさらに心配されるハメに。

焦って話を変え、今日の買い物の目的を伺った。

ドユンは、父へのプレゼントを探しに来たということだった。

ドユンのお父さん?

ユレは疑問に思った。

するとドユンから、最近母が再婚したと説明があった。

ユレは「スターロード事件」を思い出していた。

スターロード建設が火災事故を起こし、その責任を自らの命でとった人物が、ドユンの父であったカン秘書室長なのである。

ユレはすぐに気を取り直し、お父さんの職業を伺った。

地元で薬局をやっているということだ。

それならば仕事で使えるスリッパはどうかと提案するユレ。

ドユンはその提案が気に入り、ラッピングまでお願いした。

そうして買い物を済ませたドユンは車に戻っていた。

記念品のネックピローももらい、品物を助手席に置いた。

そしてドユンは幼少期にあった、ある出来事を思い出していたのだった。

ラジ

ドユンには悲しい過去があるんだね、、、

幼少期の出会い

子どもの頃、ドユンは父を尊敬していた。

そんなある日、父は仕事を優先してドユンとの約束を破ったことがあった。

ドユンと父は車で焼肉へ行く約束だったのだが、父に急な仕事が入ってしまい行けなくなったのだ。

子どものドユンは駄々をこね、車から降りなかった。

父は社長のお子さんのところへ向かわなくては行けなかったのだ。

そしてドユンも一緒についていくことになった。

ドユンは道中、ずっとその社長の子どもに腹を立てていた。

目的地に到着した。

ドユンの腹立たしい相手は一体どんなやつなんだと、その子どもを窓から確認した。

するとそれは、まさかの女の子。

しかも母を探して泣いていたのだ。

泣きつかれた女の子は、車の後部座席で眠ってしまっていた。

父から女の子の事情を聞いた。

その女の子は母親に捨てられた子どもだったのだ。

そんなことを思い出しながら、ドユンは父の薬局に到着し、父と母と三人で賑やかな夕食の時間を楽しんだ。

プレゼントも喜んでもらえた様子だった。

そしてドユンは帰宅する前、父と二人だけで話をする時間があった。

そこでドユンは今日、昔からの知り合いと再会したことを話した。

さらにその子は昔、自分が好きだった相手なのだと告げる。

それを聞いた父は、、、、

ねお

ここにきてドユンが大きく動きそうな予感!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
18話19話20話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 |「妻が帰ってきた」『19話』の感想

ドユンの過去がわかった話でした。

ドユンは小さい頃ユレのことが好きだったんですね。

悲しい過去をもったもの同士、さらには小さい頃からお互いを知ってる二人。

お似合いな二人に見えてきてしまっています。

今後のドユンの動きには要注目ですね。

まとめ

以上、「妻が帰ってきた」の19話のネタバレ記事でした!

「妻が帰ってきた」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「妻が帰ってきた」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる