【ピッコマ】「妻が帰ってきた」『18話』のネタバレと感想

\ 「妻が帰ってきた」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「妻が帰ってきた」の18話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「妻が帰ってきた」『18話』のネタバレ

突然現れたムウォンの目的とは

その時現れたのはムウォンだった。

こんなところにいるはずのない人物が登場し、ユレは困惑した。

こんな遅い時間まで百貨店にいるユレを気遣うムウォン。

ユレは記念品を包装し直していたのだ。

なぜタダで配るものに、そこまでする必要があるのか、ムウォンにはわからなかった。

タダであろうが、気持ちよく受け取って頂くためなのだとユレは説明。

そう伝えたユレはそのまま地べたに腰を下ろし、作業を再会するのであった。

その姿を見たムウォンはユレに何かを感じた。

そして上着を脱ぎ、自分もユレの対面に腰を下ろした。

どういうつもりか全く理解できないユレ。

するとムウォンは、これだけの量を一人でこなせば、作業は朝までかかってしまうと告げてきた。

まさか手伝ってくれるというのか!?

驚いたユレ。

ユレの本心は帰って欲しかった。

しかしユレが視線を横にやると、大量に積まれた箱の山が目に入った、、、

ラジ

さすがにこの量は猫の手も借りたい状況。

「あの日」のできごと

作業の流れを簡単に説明するユレ。

箱のサイズによって、中に入れるものが変わるのだが、一番大きい箱には「ネックピロー」を入れることになっていた。

そこでユレはふと、出張の多いムヴォンのことを想い、一ついりますか?と問いかけた。

そんなユレの想いとは裏腹に、記念品なんかを欲しがるように見えるのか、とバッサリ。

変な質問をしてしまったとユレは後悔するのであった。

そんなことよりも、先ほどの男性が気になっている様子のムウォン。

ドユンのことだ。

ユレはドユンとの関係性を説明した。

それを聞いたムウォンだったが、にしてもやけに親しげだったことを気にしていた。

なぜこんなことをしつこく聞いてくるのかわからなかったユレ。

ぼーっと考えてしまっていたその時、自分の指をカッターで切ってしまったのだ。

それを見たムヴォンは慌てて、ユレの手をとり傷口を確認した。

距離が縮まり、二人の手はふれ合った。

ユレの心臓は大きく高鳴ってしまう。

幸いにも傷口は浅く、安心したムウォン。

しかしその手首に、アザのようなものがうかがえた。

思わず質問するムウォン。

ユレは「あの日」のアザだと答えた。

言葉に詰まるムウォン。

そしてユレから口を開き、自分はもう気にしていないことを告げた。

お酒の失敗なんて誰にでもあるものだと。

しかしその言葉を聞いたムヴォンの反応は、ユレが想像していたものではなかったのである、、、

ねお

掴みどころの難しい男性なのかなー?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
17話18話19話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「妻が帰ってきた」『18話』の感想

ムウォンがユレに近づき、さらにはドユンに対し嫉妬心のような感情が芽生えている様子したね。

また一瞬ですが、良い雰囲気になる演出もあり、二人がこの先どうなっていくのかまだまだ読めません。

二人の関係は修復していく展開となるのでしょうか?

今後の見どころです。

まとめ

以上、「妻が帰ってきた」の18話のネタバレ記事でした!

「妻が帰ってきた」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「妻が帰ってきた」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる