【ピッコマ】凍結したプレイヤーの帰還『29話』のネタバレと感想

\ 「凍結したプレイヤーの帰還」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「凍結したプレイヤーの帰還」の29話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 凍結したプレイヤーの帰還『29話』のネタバレ

骸骨との頭脳戦

ラスベガスの、明日競売が開かれるホテルに、圭は下見に来た。

競売に参加するためだ。

圭は見学しようと、プレイヤー専用カジノに入った。

ここでは、プレイヤーもディーラーも能力を使っていい。

中では、鬼神ギルドの姫野が、あるゲームで負け越していた。

そのゲームは、ディーラーが三つのカップのうち一つに球を入れ、カップを伏せてシャッフル。

そして、どのカップに球が入っているか当てるというもの。

圭と、番犬の骸骨もそのゲームに参加した。

二人とも勝ち続け、大量のチップを獲得。

姫野にこのゲームが上手い理由を訊かれて、友達に教えてもらったと圭は答えた。

動きを読む方法は「中身」を見て本質を把握するんだと、ギルベルトはダークネスに教えてくれた。

つまり、見るのはカップではなく、「歓迎能力」を使用しているディーラーの方。

シャッフル終了。

左から二番目と、圭と骸骨は同時に答えた。

二人は目を見合わせる。

両者正解だ。

ラジ

圭も凄いけど、骸骨も凄い。

ディーラーは交代を申し出て、立ち去る。

圭は姫野に羅針盤を見せて、これに魔力を流すと、ある人物を探せると説明した。

羅針盤の針は、骸骨と、骸骨の隣の女を指す。

圭は動揺し、トイレへと言って立ち上がる。

すると骸骨も立ち上がり…。

骸骨との肉弾戦

羅針盤を持ったまま、圭は息を切らして走る。

路地奥に追い詰められた。

骸骨が歩み寄って来る。

その羅針盤は魔人を見付けるためのもので、自分たちが魔人だと気付いたからこの男は逃げ出したと、骸骨は考えたのだ。

圭は羅針盤を壊し、剣を出現させる。

自分がおびき寄せられたことを骸骨は理解し、自分も剣を出現させる。

骸骨は目を赤く光らせ、剣を逆手に持ち替えた。

その直後、骸骨は圭の傍に突進し、剣をなぎ払う。

骸骨の速さに驚きつつ、圭は身体を反らして避ける。

骸骨は「加速能力」の持ち主かもしれない。

圭は後ろに飛びのいた。

深く息を吐き、目を瞑る。

目では骸骨の速さに対応できないから。

人間の急所は、頭と心臓。

この男は頭の方が隙が多いが罠だと、骸骨は考えた。

骸骨は地面を蹴り、剣を振り上げる。

だが、圭の周囲に煙幕が。

それに構わず、骸骨は圭の心臓向けて刃先を振り下ろす!

パリッパリッ。

剣を持った骸骨の右手が凍り付き、骸骨は絶叫。

心臓は罠だった。

頭に隙を作れば骸骨は心臓を狙ってくると、圭は読んでいたのだ。

ねお

戦闘でも圭は相手を読むんだ。カッコいい!

骸骨は左手にも剣を出現させ、圭に向けて振るう。

圭は骸骨の左手を掴む。

パリパリ。

骸骨の右手も凍り付く。

ひるんだ骸骨の身体に、圭は剣を振り下ろす!

骸骨は崩れ落ち…。

◀前話今読んでいる話次話
28話29話30話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 凍結したプレイヤーの帰還『29話』の感想

体術だけでなく心理戦もあって、面白いです。

圭は強いだけでなくて頭も良いから、これまで生き残れたのでしょう。

次回はギャンブルに戻るのか、それとも番犬の女とのバトルか。

女がどんな能力を使い、圭がどのように女を倒すのか楽しみです。

まとめ

以上、「凍結したプレイヤーの帰還」の29話のネタバレ記事でした!

「凍結したプレイヤーの帰還」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「凍結したプレイヤーの帰還」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる