【ピッコマ】その本に心をあげないでください『22話』のネタバレと感想

\ 「その本に心をあげないでください」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「その本に心をあげないでください」の22話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | その本に心をあげないでください『22話』のネタバレ

手当て

ヘルナンデスがアシリーを抱きかかえた。

傍観をしていただけの人の、その優しさに疑問を覚える。

アシリーはソファに座らされた。

絞められた時の首の痣を気遣うヘルナンデス。

アシリーは下を向きため息をつく。

急にヘルナンデスの顔が近づいた。

離れようとするアシリーに一声かけ、包帯を見せた。

手当をしてくれる事に気づいたアシリーは目を瞑る。

様子を聞かれ、痛くないと答えるアシリーをみて、ヘルナンデスはため息をついた。

ヘルナンデスに素直に答えなくてはいけないと教えられる。

アシリーは怖くはなかったが、怖かったと答える。

次々とヘルナンデスの質問に答えた。

ヘルナンデスはギュッと拳をにぎり、犯人に一生後悔をさせると言った。

話せば話すほど、ヘルナンデスは怒りがこみ上げてきた。

スッとアシリーの頬に手を添え、優しい目つきで心配したと告げる。

小説の中の人物とは全く違って見えるヘルナンデスに息が詰まった。

ラジ

ヘルナンデスはいい人なのかな。

あなたを守る

アシリーはヘルナンデスにお礼を言う。

ヘルナンデスの第一印象は冷酷に見えたのに、別人のようだと言った。

印象が変わった理由は、アシリーに冷酷に接したくなかったからと伝える。

ヘルナンデスはいつもカストルの意志が理解できない。

これからはアシリーの事を守ると言うのだ。

その言葉を聞いたアシリーは、信じていいのか迷う。

帰路につくアシリーの先には、馬車の横で待つ男がいた。

任務で待っていたと言う。

首の包帯に気づくが、アシリーが答えないと分かっている。

馬車が走り出した。

アシリーがどうして宮に行くのか質問してきた。

困った事を聞かれたと思いながら、アシリーは今までのことを色々思い出していた…。

ねお

こんなに優しかったら、ヘルナンデスの事を信じちゃうよね。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
21話22話23話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | その本に心をあげないでください『22話』の感想

こんなに優しいヘルナンデスがカストルの護衛だなんて信じられない…と思ってしまう回でしたね。

アシリーも本当に信じていいのかよく分からないようでした。

カストルに命を奪われないように、いつも気を張っているのに事件にも巻き込まれ、もうヘトヘトの様です。

馬車の中での質問には何と答えるのでしょうか。

まとめ

以上、「その本に心をあげないでください」の22話のネタバレ記事でした!

「その本に心をあげないでください」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「その本に心をあげないでください」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる