【ピッコマ】シンデレラを大切に育てました『56話』のネタバレと感想

\ 「作品名」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「シンデレラを大切に育てました」の56話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | シンデレラを大切に育てました『56話』のネタバレ

画家が認められるための要素

有名画家のカイルが、元貴族女性のカイラであると判明。

ところが、調査で分かった事実をウィルフォード男爵は隠した方が良いと告げる。

カイルが女性だと知られたら、絵が売れなくなるというのだ。

ラジ

値段がつかなくなるって一体…?

つまり、この世界では性別による偏見が根強く、女性は画家としては大成できない状況なのである。

カイラが偽名を使ったのが、そうせざるを得なかったのだと知って憤るミルドレッド。

熱くなるのには、絵を描くのが好きなリリーを娘に持つ母親としての思いがあった。

カイラの調査をしていく中で、いつからかリリーと重ねて見ていたのだ。

以前、リリーが絵を習いたいとの相談をした時、ウィルフォード男爵は画家になるかどうかは才能以外にもいつくも課題があると言っていた。

あの時すでにリリーは画家にはなれないと知った上で、直接指摘してこなかったウィルフォード男爵をミルドレッドは責める。

選択にリスクがあるというのならまだ理解はできても、最初から諦めるしかないなど残酷すぎると主張。

もしもリリーが本気で画家を目指すなら偽名で…と言い出したウィルフォード男爵を睨み、リリーにそんな発言をしたら容赦しないと凄む。

ウィルフォード男爵は、固定観念は自分にもどうしようもないと申し訳なさそうにする。

ミルドレッドの術策

偏見はウィルフォード男爵のせいではないと冷静になったミルドレッドは、所有しているカイルの絵を全て売りに出すと宣言した。

しかし、カイラの存在を明るみにすることを諦めたわけではない。

絵を売り払った後に、事実を公表するというのだ。

そんなことをしたら、買い取った人から抗議されるとウィルフォード男爵が止めようとする。

ミルドレッドは、返金にも応じるつもりだとあっけらかんと答えた。

固定観念はこうでもしないと崩せないと言って…

ねお

ミルドレッドは転んでもただでは起き上がらない!!

◀前話今読んでいる話次話
55話56話57話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | シンデレラを大切に育てました『56話』の感想

ミルドレッドが娘のリリーの夢を壊さないようにと立ち上がりましたね!

勇気ある行動が実を結んでくれることを願います。

というか、ウィルフォード男爵が味方についている時点でかなり有利な気が…

これからの展開が楽しみです♪

まとめ

以上「シンデレラを大切に育てました」の56話のネタバレ記事でした。

文章ではなくて実際に絵付きでみたい!という場合はピッコマで読んで見てくださいね!

「シンデレラを大切に育てました」はピッコマ独占なのでピッコマでしか読むがことができませんので、この機会にぜひ読んでみてください!

\ 「シンデレラを大切に育てました」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる