【ピッコマ】「シンデレラは私ではなかった」『31話』のネタバレと感想

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「シンデレラは私ではなかった」の31話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 |「シンデレラは私ではなかった」『31話』のネタバレ

セシオの限界

セシオはテムグリアが昔、神聖帝国だった話を始めた。

初代皇帝グランティナは、聖女だったというのだ。

彼女は数世紀に一人現れるかの逸材だったといわれており、神に最も近かった。

数々の民に恵みを与え、不作に苦しむ農民には、言霊で雨を降らせたという逸話もあるのだ。

さらには千里眼も使えたと言われていた。

従ってセシオの能力は、皇帝の血筋によるものと言えるのだ。

しかしデイブリック家に預けられてしまったのは、運の悪いことだったと話すテリル。

セシオは幸運だったと答えるのだ。

そのおかげでテリルに会えたのだからと伝えた。

咄嗟の言葉に頬を赤らめる。

照れ隠しのため、髪を耳にかけ直すテリル。

そこでバタン!と音が響いた。

なんとセシオが、その場で倒れてしまっていたのだ。

ベッドに連れていき症状を確認すると、過労が原因だということがわかった。

最近体を酷使しすぎていたし、さらに言霊という能力はかなりの負担を与えるというのだ。

テリルは苦しそうなセシオの様子を見ていると、公爵が執務室にお呼びだと声がかかった。

婚約の件でまた説教をされるのかと思い、部屋を出ようとすると、セシオがむくっと起き上がってきた。

それに気づいたテリル。

もっと能力を使ったら、この程度では済まなかったと話すセシオ。

どうなってしまうのかと問うテリル。

最悪の場合、失明したり声を失うことがあると真剣な顔で答えた。

これは冗談だとすぐに気づいたテリル。

しかしこうなったことは、少なからずリーハン家に能力を使ったからであり、責任を取ってもらわないと、と脅し出したセシオ。

一体何が欲しいのかと質問するテリルであった。

ラジ

セシオの思惑はなんだ、、、?

セシオの要求した対価

執務室で会話するテリルとラシェド公爵。

セシオが倒れたことを告げた。

鋭いラシェドは、イズの呪いと解いた対価を要求してこなかったかと質問。

要求があったと答えるテリル。

しかしそれはなんと「イチヂクのスフレ一皿」だったというのだ。

驚いたラシェド。

命を救った対価がケーキ一皿だというのだ。

改めて何を考えているか全くわからない奴だと感じたラシェド。

話は変わって、タニタールにどう復讐するかという話題になった。

テリルは、ラシェドが直接手を加えるものなのだと考えていた。

そうしたい気持ちは山々らしい。

しかしそんなことをしてしまえば、リーハンの名声や統治力が損なわれてしまうと考えていたのだ。

ではタニタールの資金源を断つのはどうかと提案するテリル。

それほどの財力がリーハンにはないと答える。

実はラシェドにはある一つの作戦が思いついていた、、、

ねお

一体どんな作戦なんだろう?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
30話31話32話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『31話』の感想

突然倒れたセシオには驚きました。

やはり能力の酷使は、体にかなり負担をかけるということですね。

しかしセシオの要求が意外すぎて驚きました。

セシオらしいというのか、何か考えての行動なのか、本当に掴めない人物ですね。

まだまだ今後の展開に期待です。

まとめ

以上、「シンデレラは私ではなかった」の31話のネタバレ記事でした!

「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる