【ピッコマ】「シンデレラは私ではなかった」『27話』のネタバレと感想

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「シンデレラは私ではなかった」の27話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『27話』のネタバレ

テリルの反撃

テリルは完全に怒っていた。

二人とも、今すぐ自分の目の前から消えれば許すとの提案。

テリルには直接危害を加えていないと、反抗するジェモン。

テリルはもう、一個人としてではなく、リーハン家としてデイブリック家に抗議することを決めた。

ジェモンを庇う侯爵夫人。

なぜそこまで、ジェモンを責めるのかと質問。

さらにテリルに詰め寄り、もう二人を引き裂こうとしない旨を今更ながらに伝えてきた。

侯爵夫人はもう正気の沙汰ではない。

ここで新たな乱入者が現れる。

護衛を引き連れた侯爵が、勢いよく入ってきたのだ。

しかしまず、セシオが自分の足で立っている姿に驚く。

テリルは表情一つ変えず、侯爵に謝罪を要求した。

侯爵夫人が、セシオに手をあげたことについてである。

取り乱したのはジェモン。

以前母のことを、理解してくれると聞いていたからであった。

テリルの返答はこうだ。

それは過去の話であり、自分はもうテリル・リーハンなんだという。

しかしまだ反抗を続けるジェモンに対し、一喝したのは侯爵だった。

侯爵はジェモンを黙らせ、二度とこのようなことがことがないようにすると、謝罪するのだった。

テリルは、セシオに対しての謝罪も要求。

そうして侯爵は、セシオにもしっかり謝罪を行った。

セシオは黙ってうなずき、ジェモンは悔しそうな表情を浮かべるのであった。

ラジ

侯爵は割と理解のある人だった!

リーハン家の影響力

とりあえず一件落着といった様子。

ここでテリルが口を開いた。

セシオを当分の間、リーハン邸に留めるという内容だった。

3人は初耳といった様子で、侯爵はその提案に拒否を示したのだ。

式もあげていない間から、それはさすがに無礼な行為だという。

しかしテリルは、自分の父がセシオに会いたいと言っていると告げた。

急に青ざめる侯爵。

テリルの父が、都市に来ているということだ。

何も返答できず呆然と立ちすくむ侯爵。

その姿を後に、テリルはセシオを連れて部屋を退室するのであった。

父の力を改めて実感した一件となった。

帰路につくテリルとセシオは馬車の中で向き合っていた。

頬の腫れを言霊で治すように勧めるテリル。

セシオは今日一日色々ありすぎて、もう疲れたと言った様子だ。

仕方ないと思ったテリルは、ハンカチにポーションを湿らせ、頬を出すように要求した。

セシオは大丈夫だと言いつつも、テリルがハンカチを近づけてくるので、頬を突き出した。

そこで2人は目が合った、、、

ねお

とりあえず一件落着ということで良いのかな?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
26話27話28話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『27話』の感想

問題続きのデイブリック家に、やっと一泡吹かせた話となりました。

少し爽快感すら覚えますね。

また父の名を出した時にあらわれた、侯爵の表情は印象的で、改めてリーハン家の力の強さを感じました。

まとめ

以上、「シンデレラは私ではなかった」の27話のネタバレ記事でした!

「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる