【ピッコマ】「シンデレラは私ではなかった」『26話』のネタバレと感想

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「シンデレラは私ではなかった」の26話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『26話』のネタバレ

狂った侯爵夫人

侯爵夫人はセシオに掴みかかり、変な薬で歩けるようになったことを信じたくないといった様子だ。

侯爵夫人は完全に取り乱していた。

セシオに散々暴言を吐いた後、テーブルにあったコーヒーカップを素手で叩き割り、血だらけの手で鋭利な破片を拾い上げた。

そしてセシオに歩み寄り、全てを元に戻すためにもう一度足の腱を切ると言っているのだ。

狂っている。

そこで夫人の腕を掴み、止めに入ったのはテリル。

テリルの交渉で、破片を手放させることに成功した。

それでも夫人の気持ちはおさまらず、テリルに向かって手を振り上げた。

平手打ちが来るのを構え、目を閉じたテリル。

しかし、何も起こらなかった。

そっと目を開けると、そこには間に入ったセシオが平手打ちを受けている光景だった。

庇ってくれていたのだ。

セシオの頬は赤く腫れ上がる。

それを見た夫人は笑い出した。

これは全てセシオが元凶のため、平手打ちされるのは当然だと伝えた。

そして情緒不安定な夫人はその場に崩れ落ち、涙を流し始めたのだ。

そんな状況のところへ現れたのはジェモン。

ラジ

侯爵夫人の本性が明らかになった、、、

ジェモンの乱入

最悪のタイミングだ。

いかにもセシオたちが、侯爵夫人に何かしたような図になっている。

声を荒げながら、夫人に駆け寄るジェモン。

しかしそこで、あることに気づいてしまった。

セシオが一人で立っているのだ。

幽霊でも見るかのような表情で、セシオを見上げる。

さらに夫人の手から、血が出ていることに気づいたジェモンは、セシオに暴言を吐き捨てた。

これを止めに入ったテリル。

テリルは、セシオのことを婚約者と呼び、ジェモンを混乱させた。

ジェモンは初耳だったのだ。

改めて2人が婚約したということを伝え、ここからテリルの反論が始まるのであった。

ねお

黙ったままでは居れないよね!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
25話26話27話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『26話』の感想

侯爵夫人の乱れっぷりは、少し見ていて痛々しすら感じてしまいました。

それに続くジェモン、こちらも酷いものですね。

早くテリルに反撃してもらって、清々しい気持ちになりたいと思いました。

次話に期待です。

まとめ

以上、「シンデレラは私ではなかった」の26話のネタバレ記事でした!

「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる