【ピッコマ】「シンデレラは私ではなかった」『25話』のネタバレと感想

\「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「シンデレラは私ではなかった」の25話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『25話』のネタバレ

ダンスの時間

ダンスに誘うセシオ。

美しい人と一度踊ってみたかったと言うのだ。

一瞬言葉に詰まるテリルだったが、少し照れながら承諾する。

しかし肝心の音楽が無いことに気づいた。

セシオは微笑み、言霊を使うと、突然音楽が流れ始めたのである。

そして2人は優雅に踊り始めた。

会話を交わしながら踊る2人。

ずっと座っていたのに、随分とダンスが上手なセシオ。

これからは名前で呼び合おうと提案し、テリルと呼びかける。

そしてセシオは、自分をシンデレラに見たて、12時になれば魔法が消えてしまうのかと心配していた。

テリルは踊りながら不思議な感覚だった。

ここは元彼の屋敷の応接室であり、そんなところでセシオと踊っているというこの光景に。

セシオはやはり、シンデレラより人魚姫の方がいいと告げた。

脚と声に問題があるセシオには、そっちの方がピッタリだとテリルも思った。

そしてそろそろ時間となり、ダンスは終わった。

ラジ

完全に良い雰囲気じゃん!!

舞台の準備は整った!?

初めて歩く演技を、どうすれば良いか悩んでいたセシオ。

しかしテリルは、隠す必要などなく普通に歩けばいいと提案する。

そして念の為、セシオの足首に薬を添付しながら今後の予定を告げたテリル。

リーハン邸に行くというのだ。

固まるセシオ。

契約婚約とはいえ、どうしてもセシオに会いたいと言っているというのだ。

続けて、ここにずっといるのはセシオにとっても危険だということを伝えた。

浮かない表情を浮べるセシオ。

テリルはよくよく考えると、少し重い提案をしてしまったと後悔し始める。

さらには、セシオのプライドすら傷つける言動だったかもしれないと思い、撤回しようとした。

その時、激しいドアの音ともに部屋へ入ってきたのは侯爵夫人であった、、、

ねお

ついに本性が出たか?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
24話25話26話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『25話』の感想

半分以上が美しい2人のダンスシーンでした。

しかし前話同様、2人の掛け合いはテンポ良く、テリルの冷たい感じが丁度いいバランスのように思います。

気になる展開で終わった今話。

侯爵夫人が勢いよく入ってきましたが、なにか良くないことを語りそうな予感がしますね。

まとめ

以上、「シンデレラは私ではなかった」の25話のネタバレ記事でした!

「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる