【ピッコマ】「シンデレラは私ではなかった」『23話』のネタバレと感想

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「シンデレラは私ではなかった」の23話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『23話』のネタバレ

ラシェドの訪問

テリルのもとに現れたのは父のラシェド。

ラシェドは全くテリルに気を使う様子がなく、自分の話を続けた。

そしてラシェドは、母イズリットも連れてきており、北部での反逆者について語り出した。

その者たちは、20年も前から計画しており、ラシェド不在の間を狙ってイズリットを誘拐しようとしたそうだ。

しかし思い出したかのように話題が変わり、ラシェドはテリルの婚約の件について問い詰め出した。

テリルは「偽装結婚」だとを改めて伝えるのだが、そんなこと関係なく、セシオはリーハンの配偶者に相応しくないと一喝。

テリルは一旦落ち着かせ、ことの成り行きを一から説明するのであった。

あまりにも条件が良すぎる契約に、信用できない様子のラシェド。

とはいえセシオが侯爵邸にいるのは危険だと考え、とある方法を思いつくのであった。

ラジ

どんな方法なんだろう?

セシオへのプロポーズ当日

デイブリック邸を目指し、馬車に乗るテリルとアンドラ。

指輪の準備もできていた。

そこでテリルは、アンドラにガラス瓶の要求をした。

たまたまアンドラが持っていたのは、毒薬の入った瓶。

なんでそんなものが、常備されているのかと思いつつ、テリルはそれを受け取り「奇跡を起こす」と明言するのであった。

セシオのもとに到着したのだが、予想外の展開であった。

セシオ以外に2人の人物が同席していたのである。

侯爵と侯爵夫人である。

そしていきなり侯爵から、もうセシオに会わないで欲しいと切り出される。

リーハン家との噂がたつと、世間的にも良くないということだった。

しかしテリルはこれに反論し、すでに婚約承諾を受けていることを告げた。

これには2人とも驚愕。

セシオに改めて確認するが、無言で頷くセシオ。

そしてテリルは堂々と、そもそも今日はプロポーズのために来たのだと、伝えるのであった、、、

ねお

テリルを見ていると清々しい気持ちになるね!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
22話23話24話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「シンデレラは私ではなかった」『23話』の感想

次話への伏線がはられた話となりましたね。

ラシェドの言っていた「ある方法」とは?

またテリルが言っていた「奇跡」とは何なのか?

ガラス瓶を使って一体何が起きるというのでしょうか?

非常に楽しみな展開となってきました。

まとめ

以上、「シンデレラは私ではなかった」の23話のネタバレ記事でした!

「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「シンデレラは私ではなかった」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる