【ピッコマ】セイレン〜悪党と契約家族になった〜『25話』のネタバレと感想

\ 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の25話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | セイレン〜悪党と契約家族になった〜『25話』のネタバレ

お手柄シルバー

神聖帝国の東側の端の村にたどり着いたアリアとシルバー。

道端でぶつかった怪しい男に、アリアは目をつけられてしまう。

フードを被っていても、珍しいピンクの髪色が見つかってしまった。

売り飛ばすためにアリアの顔を確認しようと男が近づく。

すると、シルバーが低くうなった!

ハッとして音の方向を見る男。

巨大な狼を見て、大声で叫び大慌てで逃げ出した。

ほっと一安心するアリアだった。

どうしても目立ってしまうシルバーに、アリアは待っているように言った。

ショックを受けるシルバー。

しかし、アリアによしよしされ、泣く泣く従うことにした。

ラジ

シルバーなしで大丈夫かな…

一人になったアリアは、すでに日が落ち暗くなった村を急いで歩く。

荒れた村なだけあって、誰かの叫び声が聞こえ、怪しい人影もある。

アリアは恐ろしくなり、一層気を引き締めて警戒して進む。

忘れられた神殿

彼女の目的地は、聖遺物の眠る神殿。

今はすっかりさびれて誰からも忘れ去られていた。

前世では、聖女がここで聖遺物を発見した。

どうにかしてそれを手に入れたいのだ。

アリアは、秘密の扉を探すべく、壁を叩いて歩いてみる。

どこかにあるはずだけど…

すると、ある壁をコンと叩くと、カランと音がした。

アリアがその場の地面に手を掲げると、地下への扉があらわれた。

アリアが重い扉を開けるのに苦戦していると、そばで声がした。

驚いて身を隠し、周囲を伺う。

どうやら酔っ払いの寝言だったよう。

気を取り直してどうにか扉を開くと、地下へ伸びる階段があった。

ゆっくりとその階段を降りていくアリア。

中は、光も届かぬ真っ暗な闇だった。

通常の人間ならば見えなかったかもしれない。

しかし、アリアはセイレンのため、人より五感がとてもすぐれている。

おかげでどうにかこの暗闇の中でも進むことができた。

アリアは聖遺物を探すため神殿内を進む…

ねお

聖女のせいでアリアは妖怪呼ばわりされたんだもんね!仕返しだ!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
24話25話26話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | セイレン〜悪党と契約家族になった〜『25話』の感想

カリンへの証明のために異国の地へやってきたアリア。

ついて早々危ない目にあいましたが、シルバーのおかげでなんとか無事に乗り切れました。

やっぱりセイレンのことを知らない人にも、髪色ですら売れると思われるような存在なんですね。

そして、聖遺物をゲットするために神殿に向かうアリア。

前世では聖女がここで手に入れてたようですが、なぜアリアは隠し扉などの存在も知っているのでしょうか…

その辺は割愛されているようです。

まとめ

以上、「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の25話のネタバレ記事でした!

「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる