【ピッコマ】セイレン〜悪党と契約家族になった〜『23話』のネタバレと感想

\ 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の23話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | セイレン〜悪党と契約家族になった〜『23話』のネタバレ

コアを開けて!

怪しげな薬品が立ち並ぶ部屋の中。

アリアは、セイレンを知っている?と問いかけた。

呪術師カリンは、その問いにため息をついて頭をかく。

そして、知らないわけがないと答えた。

アリアがセイレンだということに気が付いたようだ。

今までアリアが妖力を隠していたことに驚いている。

アリアは前世の記憶を持っている。

そのため、妖力を隠すことができた。

しかし、幼少期に戻ってコアが閉じてしまったから力を自由に使えない。

そこでカリンにコアの開け方を相談にきたのだった。

カリンは、アリアの要求に頭をかかえて困っていた。

うまく説明ができないようだ。

なぜアリアはコアが閉じているのにエネルギーを使えているのか聞いた。

アリアは、歌をうたわなければいけなかったと答えた。

そのために、血を吐くまでずっと歌い続けたのだと…

小さなアリアのその言葉を聞いて、カリンは思った。

アリアの父コルテーズ伯爵は、無理矢理セイレンとの間に子を作った。

そして話せない娘は必要ないと、売り払った。

きっとそんな父親のもとでは、ひどい扱いを受けてきたのだろう…

コルテーズ伯爵に対する怒りがわいてきた。

ラジ

思っている以上のひどい扱いだったよな…

未来を変えたい…

中々折れないアリアに、困り果てるカリン。

どうもアリアの話は容量を得ない。

そのわけを知りたいと思い、どうして能力を必要としているのか尋ねる。

アリアは、未来をかえたいと答えた。

きっとおかしなやつだと思われるだろうと覚悟した。

が、予想外にカリンは普通の反応をしていた。

アリアの方がかえって動揺してしまっている。

カリンは、アリアに諭した。

人間には与えられた運命がある、だから未来をかえてはいけない、と。

アリアはそれに納得できなかった。

自分が帝国を滅亡させる運命だと考えたくない。

そんな運命なんて、背負いたくない…!

カリンは、世界の摂理について話し出す…

ねお

アリアの持って生まれた運命悲惨すぎるよ!!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
22話23話24話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | セイレン〜悪党と契約家族になった〜『23話』の感想

今回はバレンタイン城の魔術師カリンとの回でしたね!

突然来たアリアにびっくりしつつも、意外と優しく受け入れていくれているような気もします。

無事にコアの開け方を教えてもらえるのでしょうか?

そして、運命をかえてはいけないという話…

さすがに虐待され、帝国を滅亡させてさらに死んでいく運命なんて、かわいそうすぎます…

運命なんて無視してガンガン未来をかえてほしいですね!!

まとめ

以上、「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の23話のネタバレ記事でした!

「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「セイレン〜悪党と契約家族になった〜」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる