【ピッコマ】離婚されたって大金持ちです!『30話』のネタバレと感想

\ 「離婚されたって大金持ちです!」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「離婚されたって大金持ちです!」の30話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 離婚されたって大金持ちです!『30話』のネタバレ

加盟店の反響

アリサとネリーは、自宅で机を並べて仕事をしている。

先日新聞に出した加盟店募集の広告は、早速問い合わせが殺到していた。

ルミエスタ公爵との取引と、皇室との契約が大きな宣伝効果を発揮していた。

首都だけでなく、郊外への出店希望など、予想以上の広がりを見せている。

ラヴィエベルが、この国の宝石ブランドとして認められたということだ。

忙しく働いている2人。

ネリーは汗をふきながら、まだまだ忙しさは続きそうだとアリサに話す。

加盟店の契約など仕事が山積みだった。

人手が足りないから、もっと従業員を増やそうとアリサは話す。

ネリーは、こんなにもビジネスがうまくいった夢のようだと喜んでいる。

ふと今日届いた手紙に目を落としたネリー。

その差出人をみて、ギョッとする。

先ほどまでとは打って変わって突然暗い顔になったネリーにアリサは驚く。

どうしたのか、とネリーに尋ねた。

ネリーは、持っていた手紙をアリサに差し出す。

それは、あのブラーク侯爵からの手紙だった。

ラジ

でたなブラーク!!

ブラークからの手紙

あの店での騒動以来の接触に、用心しながら2人は手紙を開封する。

中には、この前の件を正式に謝罪するため、アリサに会いたいと書いてあった。

アリサは、その内容をすぐには信用できない様子。

あんなことをしておきながら、本当に謝罪だけで終わるのだろうか。

しかし、他の会社との今度の関係を考えると、このままにもしておけない…

ネリーは、考え込むアリサに、提案をする。

エトを護衛として連れて行ってはどうかと言った。

しかし、エトの業務はあくまで店員なので、アリサはよくないと考えた。

困ったネリーは、他にブラーク侯爵に太刀打ちできる人はいないか考える。

そして、ルミエスタ公爵はどうかと提案をした。

しかし、先日も彼に頼ってしまったばかりだからと気乗りしない。

アリサは、ブラーク侯爵を新しいラヴィエベルのオフィスに呼ぶことに決めた。

ネリーもまだ見たことがない新しいオフィス。

2人はブラーク侯爵を迎え入れる準備に向かった…

ねお

何しに来るのかな?嫌な感じするな~

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
29話30話31話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 離婚されたって大金持ちです!『30話』の感想

アリサたちのビジネスは本当にとんとん拍子に進んでいきますね!

前世の記憶と、アリサの美貌と手腕のおかげでしょうか?

投資した分を考えても、すでに離婚した時より資産が増えていそうな気がします。

そして、嫌な人からの手紙がきてしまいましたね。

謝罪のためと言いますが、なんだかまた一波乱怒りそうなきがします…

まとめ

以上、「離婚されたって大金持ちです!」の30話のネタバレ記事でした!

「離婚されたって大金持ちです!」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「離婚されたって大金持ちです!」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる