【ピッコマ】「ラスボスの私が主人公の妻になりました」『35話』のネタバレと感想

\ 「ラスボスの私が主人公の妻になりました」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「ラスボスの私が主人公の妻になりました」の35話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 |「ラスボスの私が主人公の妻になりました」『35話』のネタバレ

五大貴族会議が始まった

五大貴族会議前。

アヴェルから、皇太子支持勢力である、アーネスト家とエレーズ家は無視するよう指示されたフィオナ。

フィオナは、他のプリシラ家とクロビス家はどうなのかと質問。

そのふたつは中立であり、いわゆる傍観者だと答えた。

とはいえ、フィオナの好きなようにやっていいということだった。

そうして会場への扉が開いた。

会場には、大きな六角形のテーブルが一つあり、それをフィオナ含む6名が囲む形となった。

フィオナは一通り見渡し、全員の顔と名前を確認した。

そして、自分の向かいに座っているのが、アーレント侯爵だったことにやりにくさを感じる。

議題はいきなりフィオナの存在から始まった。

アヴェルは全く躊躇することなく、自分の後継者だと紹介したのだ。

会場は一瞬にして凍りつく。

続けてアヴェルは実の娘ではなく、養女であることを告げると、元の出身はどこかという質問が飛んできた。

ここで嘘はつけ無いため、正直にグリーン家だと答えるフィオナ。

そしてグリーン家の婚外子だということも伝えた。

ここで痺れを切らしたのはアーネスト公爵。

こんなことは認められないと一喝した。

ラジ

何もかもが規格外だと言いたそうだ、、、

アーネスト公爵の作戦

しかしアヴェルは聞く耳を持たない。

そこで、なんとなくアーネスト公爵の人柄を理解したフィオナが、口を開いた。

自分がどのような能力を見せれば、認めてもらえるのかという質問だ。

アーネスト公爵は少し考え、何かいいことを思いついたという表情を浮べた。

そして、北方の領主にはモンスターと戦う能力が必要であるため、もうすぐ開催される狩猟大会で、優勝してみせろというのだった。

勝ち誇った様子のアーネスト公爵。

対するフィオナは無言のまま。

フィオナのことを若くてひ弱な女性だと考えており、もはやモンスターを見ただけで気絶するのでは、と考えていた。

出来るはずがない提案をしたのだ。

しかしフィオナは、この提案を笑顔で承諾するのであった。

この返答が信じられないアーネスト公爵。

フィオナは一生懸命頑張ると告げ、その他参加者がこの約束の証人となるかたちで、会議は終了した。

フィオナはとりあえずお化粧室へ寄った後、会場を出ようとするのだが、誰かから急に呼び止められてしまう。

振り向くと、そこに立っていたのはアーレント侯爵だった、、、

ねお

やはりアーレント侯爵が近づいてきたー!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
34話35話36話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 「ラスボスの私が主人公の妻になりました」『35話』の感想

予想はしておりましたが、一筋縄ではいかない会議となりましたね。

しかしアーネストからの提案が、フィオナにとっては意外と簡単なものになったので、何かもうひと展開起こりそうな気がします。

狩猟大会編は、見ごたえありそうな予感ですね。

まとめ

以上、「ラスボスの私が主人公の妻になりました」の35話のネタバレ記事でした!

「ラスボスの私が主人公の妻になりました」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「ラスボスの私が主人公の妻になりました」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる