【ピッコマ】2度目の人生はレッドカーペットで『30話』のネタバレと感想

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「2度目の人生はレッドカーペットで」の30話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『30話』のネタバレ

ベティスのサプライズ?

カリッドは、ベティスに逃げられてしまった後、呼び止めようとしたが、セリオンとジョエルに尾行されていたことに気付いて追いかけられなかった。

翌日、馬車で移動中も、カリッドの頭の中はベティスのことでいっぱい。

いつの間にか彼女に心を許していることを自覚する。

そして、昨日、顔を真っ赤にしたベティスを思い返すと…

ラジ

真っ赤になったベティスに釣られてカリッドも赤くなっていたよね

しかし、同時に、ベティスとこれ以上一緒に居てはいけないとも思うカリッド。

常に周囲を警戒し、殺伐と生きてきた自分とは、住む世界が違うと感じるのだった。

カリッドの馬車を先導していたセリオンは、後方からものすごい速さでやって来る馬に気付いた。

乗っているのは騎士と見られるが、低い姿勢を保っているため、顔は確認できない。

カリッドにどうしようかと報告すると、騎士があっという間に距離を詰めて来た。

そして、顔を上げて挨拶してきたのは———ほかでもないベティスだった。

カリッドは、ベティスの登場に驚くが…

不安で距離を取ってしまうカリッド

ロゼンヌの命を受けて、領地に戻るカリッドに同行することになったと告げるベティス。

さぞ驚いただろうと得意気な顔をする。

しかし、カリッドの表情に困惑の色を浮かべる。

さらには、何度も王都に戻るよう説得されてしまうのだった。

その夜、宿に到着しても、カリッドは事務的な会話をするだけで、素っ気ない。

一人部屋をあてがわれたベティスは、カリッドが自分を置いて領地に出発するつもりかと、疑う。

一方、カリッドは、自分にはへーベン侯爵家の当主としてやるべきことがあると考えていた。

両親の敵討ちに、へーベン侯爵家の再建にと、課題は山積み。

カリッドにとってへーベン領は、最も大切な場所であると同時に、多くの犠牲を生んだ場所だった。

信頼していた家臣も出て行ってしまった過去があり、ベティスを連れ帰って同じような過ちが繰り返されたらと思うと、気が重くて仕方がなかった。

翌朝、外の空気を吸おうとしたカリッドに、ベティスは抜け駆けかと鼻息を荒くして…

ねお

ただ朝の散歩に行こうとしていただけのカリッドに、つっかかるベティス!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
29話30話31話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 2度目の人生はレッドカーペットで『30話』の感想

デートの日には領地に同行することを告げないまま逃げ帰ってしまったベティス。

当日のサプライズに、思うようなカリッドの反応が得られず、歯痒い気持ちになっているみたいです。

カリッドが素っ気ないのは、ベティスの考えとは真逆の意味といってもいいでしょう。

2人にはバーネット侯爵の調査の件で協力して欲しいので、すれ違いがないといいなと思います。

まとめ

以上、「2度目の人生はレッドカーペットで」の30話のネタバレ記事でした!

「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「2度目の人生はレッドカーペットで」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる