【ピッコマ】お父様を探そうとしたのに『43話』のネタバレと感想

\ 「お父様を探そうとしたのに」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「お父様を探そうとしたのに」の43話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | お父様を探そうとしたのに『43話』のネタバレ

聞きたくない言葉

隠し子と言う声が聞こえてしまったルイーゼ。

近くにいた2人の男が話していて、ベンジャミンを裏切りアレスターの財産を狙ってとバカにしている。

アレスターと似ていないが、血が繋がっているのかと…

そしてベンジャミンこそが本当の父ではと、男たちは話す。

さらにアレスターは人間ではないからと、勝手なことを話し続ける。

これ以上は我慢できなくなったルイーゼは、2人に話しかけた。

父と会ったこともないのに、勝手なことを言わないでと反論する。

すると1人が、証拠がないだろと言ってきた。

ルイーゼは、わざと聞こえるように話していたのにと言い返した。

ラジ

大人気ないわね〜

間に入ったデイムは、こんな人たちは相手にしなくていいと言った。

裁判の後から、アレスターには悪い噂があるようだ。

デイムはパーティーを早めないとと言い、2人に出席してと伝える。

ドレスコードは無いが、裁判所に合う姿でと…

デイムは、ルイーゼを褒める。

ルイーゼの怒りは当たり前のことで、あんな人たちは相手にしなくていいからと伝えた。

カルルは自分なら殴った、カリナは脛を蹴るわと言う。

そしてエーリッヒは、何があっても妹の味方だよと伝えた。

ルイーゼは笑顔で感謝を伝えた。

お父さんに甘えたくて

色々言っていた男たちは、まさかデイムがいたとはとまだ言っていた。

本当に裁判は起こさないだろうと、反省していない。

2人は男の子とぶつかり、ちゃんと前を見ろと怒る。

睨み返すのはエーリッヒだった。

エーリッヒは、あなたたちが見下している隠し子の兄だと名乗る。

妹を傷つけた罪を、理解させてあげますと…

ベッドで休むルイーゼを、皆は心配そうに見つめる。

アレスターは頬に触れながら、ゆっくりと休みなと伝えた。

ルイーゼは手を掴んで、今夜は一緒がいいと言う。

そうだねとアレスターは答え、デイムたちは部屋を出ていった。

ねお

親子の時間が傷を癒してくれるかもね!

アレスターの腕の中で、ルイーゼは今日あったことを話す。

そんなことがと驚く彼に、皆が守ってくれたし私も言い返したので平気だと伝えた。

守られて心強かったけど、今夜はアレスターに甘えたかったのだ。

自分の不甲斐なさを、アレスターは心の中で謝る。

腕の中で眠るルイーゼに、そんな思いをしなくて済むようにするからと誓い…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
42話43話44話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | お父様を探そうとしたのに『43話』の感想

大好きなお父さんを傷つけられ、ルイーゼは辛かったはずです。

反論するのも怖かったと思いますが、心強い味方がいてくれたので頑張れました。

まだ幼いのに、本当にすごいですね!

どんな大人になるのか、楽しみになりました。

まとめ

以上、「お父様を探そうとしたのに」の43話のネタバレ記事でした!

「お父様を探そうとしたのに」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「お父様を探そうとしたのに」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる