【ピッコマ】乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する『36話』のネタバレと感想

\ 「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の36話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する『36話』のネタバレ

ダリアの思い

皇太子のパートナーに選ばれ、アドリーシャは驚いてしまう。

侍女になれただけでも十分なのに、まさか皇太子のパートナーになるとは…

そして皇帝は、ベニテル家に伯爵位を与えたことも明かす。

アドリーシャは知らないうちに、伯爵令嬢になっていたのだ。

なぜここまでしてくれるのか、アドリーシャは尋ねる。

ダリアは昨日皇帝の元を訪れていた。

そしてアドリーシャは仕事ができる人だから、ちゃんとした待遇を用意してほしいと相談したのだ。

皇帝はダリアに、俺にどんなメリットがあるんだと問いかける。

ダリアは顔を真っ赤にしながら、結婚以外ならなんでもお願いを聞くと答えた。

可愛すぎて笑顔になった皇帝。

皇帝はダリアの願いを受け入れ、その条件としてハグを提案した。

ダリアは戸惑いながらも、皇帝にハグをする。

ラジ

素敵な皇帝ね〜♪

ハグをされた皇帝は、以前よりも効果があるように感じた。

それはダリアの好感度が上昇したことを意味している。

もしダリアと出会っていなかったら、今も頭痛や破壊衝動に悩まされていたはずだ。

皇帝は、ずっと一緒に居られればなと思ってしまった。

ダリアの話を聞いたアドリーシャは、嬉しさで優しい笑顔を見せる。

皇帝に舞踏会のことを頼まれ、アドリーシャは部屋を後にした。

怪しい動き

ダリアのことを考えていたアドリーシャは、廊下でアセラスとぶつかってしまう。

アドリーシャが謝ると、アセラスは微笑みながら何かあったんですかと問いかけてきた。

大丈夫ですと答えたら、近日開催される舞踏会の件ではと言われる。

アドリーシャが黙ったままでいたら、アセラスは失礼と言い歩き出した。

ダリアともうすぐ会えるんだ、アセラスはそんなことを考えていた。

目の前で超越者の暴走が収まった。

その件とダリアには、深い関係があると思っている。

事実を確かめようとしていたのだ。

ねお

アセラスの動きには注目したいわ!

ダリアはグリーンのキレイなドレスに着替える。

その姿を見たメイドたちは、ハイテンションでステキですと言ってくれた。

皇室が開く舞踏会のため、皆いつもより気合が入っていて…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
35話36話37話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する『36話』の感想

ダリアの思いは、ちゃんとアドリーシャに伝わりました!

相談を聞いてくれる皇帝は、ステキな人だなと改めて思いました。

皇帝は、まだアセラスの動きに気づいていません。

そして舞踏会が始まりますが、無事に終わるのでしょうか。

一体どんな舞踏会になるのか、次回が楽しみです!

まとめ

以上、「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の36話のネタバレ記事でした!

「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる