【ピッコマ】乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する『30話』のネタバレと感想

\ 「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の30話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する『30話』のネタバレ

皇帝の考え

皇帝は馬車に乗り込むが、いまだに目の前で起きたことを信じられずにいた。

あの時感じたのは間違いではなかった、そう皇帝は確信していた。

ダリアと握手を交わしたときのこと。

魂の脱落は、超越者にとっては大きな問題だ。

その問題をダリアは解決してしまったのだ。

ダリアがなぜその力を持っているのか、疑問はある。

帝国にとって魂の脱落という大きな不安要素を、解決できるかもしれないのは希望だが…

別れ際、ダリアにまた後日話を聞きたいと伝えた皇帝。

そして婚約への考えは変わっていないかと聞いたら、ダリアの表情が変わったのだ。

その時ダリアの力が弱まったように感じた。

ダリアの浄化する力は、対象者への思いの強さがキーになっていると考えられる。

そう思った皇帝は、まずはダリアに好かれるのが最優先だと感じた。

超越者のほとんどが、所有欲が強い。

もしダリアの力が広まったら、彼らは争いを起こすはずだ。

状況を見極めて、ヒーカンと話をすることにした。

ラジ

超越者にとっては命に関わる問題だから、争いは避けられないわよね…

皇帝はアドリーシャに、侍女になったダリアを守ってくれないかと相談する。

はいと即答したアドリーシャに、会ってどんな印象を受けたか問いかけた。

優しいけど強さもあるダリアと、仲良くなりたいと思ったと答えた。

これからどうするのか

あの日から2日が経過。

皇居の1室に、ブルーポート公爵はいた。

彼女に会いにきた皇帝は、ダリアの件は口外しないで欲しいと伝える。

ブルーポート公爵は、わかりましたと答えた。

泣いて抱きついてきたダリアを思い出す。

皇帝は、今後はどうするんだと確認する。

暴走していた超越者が復活したとなれば、記者達に追われるのは間違いない。

そこでブルーパート公爵はダリアと会って、それから地方に向かうと伝えた。

部屋を出た皇帝は、アセラスに彼女に使用人をと指示する。

皇帝が立ち去った後、彼はブルーポートに何があったのかと考え始めた。

彼女のシールドが解けたのは、ダリアが抱きついた時で…

ねお

アセラスがどう思っているのか気になるわね〜

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
29話30話31話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する『30話』の感想

ブルーポート公爵が、無事に目を覚まして安心しました。

ですが周りの目もあるため、この地から離れることになってしまいましたね。

なかなか会えなくなってしまうので、ダリアは寂しくなりそうです。

離れ離れになったとしても、元気に生きていてくれるだけで十分だなと思いました!

まとめ

以上、「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の30話のネタバレ記事でした!

「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる