【ピッコマ】男主人公の恋のライバルは私!?『28話』のネタバレと感想

\ 「男主人公の恋のライバルは私!?」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「男主人公の恋のライバルは私!?」の28話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 男主人公の恋のライバルは私!?『28話』のネタバレ

本物の悪魔と小悪魔

悪夢にうなされているフェリックス。

馬乗りになるアイリーン…もとい、悪魔のレラジェに、いい加減にしろと語り掛ける。

しかし、アイリーンの姿のままでいるのをやめないレラジェ。

フェリックスの火照った身体に、アイリーンの虚像として触れて来た。

フェリックスは思わず身を起こして、その虚像をベッドに押し付ける。

レラジェは、フェリックスもこうしたいと望んでいたはずだと怪しく笑う。

アイリーンの前では優しい「フリ」をしているだけで、フェリックスはいつも彼女を手に入れたくて仕方ないのだろうと指摘したのだ。

アイリーンの残り香ですら甘美に感じているくせに、それを偽り続けているフェリックスの方がよっぽど悪魔のようだと話す。

夢から覚めたフェリックスは、汗だくだった。

そして、苦しそうにするフェリックスを“本物の”アイリーンがそばで見守っていたのだ。

フェリックスの顔色が悪いから、看病をするというアイリーン。

ラジ

もしかして、ずっとアイリーンが近くにいたからリアルな夢をみたのかな?

自分に近付く時は剣を携帯するように忠告したはずだと、フェリックスはアイリーンを抱き寄せて…

至近距離で見つめ合う形になって、アイリーンは額で熱を測りたいのかと勘違い。

その天然さに、フェリックスは救われも苦しめられもしたのだった。

クローディアの大冒険

魔法について独学で学び始めたアイリーンに、フェリックスは自分が使っていた本や研究資料を大量に渡した。

フェリックスはアイリーンに直々に教えてあげるつもりだったのだが、極力アイリーンと2人きりになるのを避けた方が良いと判断したのだ。

そして、カモリ島に旅立つ当日。

アイリーンと旅行に行けるのを楽しみにしていたクローディアは、勢い余って汽車を貸し切っていた。

カモリ島は観光地ではないため、交通の便も悪く、宿泊場所も定まっていない。

それでも、クローディアは探検のようだと終始ウキウキしていた。

楽しみにし過ぎて前日は眠れなかったようで、仮眠をとりに別の車両へ移る。

アイリーンと残されたフェリックスは、どうにも居たたまれず、一人になろうとするけど…

ねお

フェリックスったら、今日も汗だくね

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
27話28話29話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 男主人公の恋のライバルは私!?『28話』の感想

レラジェはフェリックスに性質の悪い夢を見せて、悪魔側へと取り込もうとしているのでしょうか?

四六時中そんな悪魔を体内に宿していて寝るのも叶わないなんて…フェリックスの気力が持つのかが心配です。

何も知らないアイリーンが無自覚にもフェリックスを煽ってしまっているし…

フェリックスの良心がどうにか持ち堪えてくれますように!

まとめ

以上、「男主人公の恋のライバルは私!?」の28話のネタバレ記事でした!

「男主人公の恋のライバルは私!?」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「男主人公の恋のライバルは私!?」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる