【ピッコマ】男主人公の恋のライバルは私!?『26話』のネタバレと感想

\ 「男主人公の恋のライバルは私!?」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「男主人公の恋のライバルは私!?」の26話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 男主人公の恋のライバルは私!?『26話』のネタバレ

話が通じない第2皇子?

フェリックスの葬儀会場から第2皇子のセドリックを連れ出したアイリーン。

セドリックは、アイリーンがフェリックスを失った悲しみを埋め合わせするために呼び出されたものと勘違いしたまま話し続ける。

そして、アイリーンの頬に手を添えて、顔を近付けてきた。

他の目的があるアイリーンは、その手を払いのけて自分の意図を説明しようとするが、セドリックは聞く耳を持ってくれない。

何を言っても色欲の方向に持って行こうとするセドリックに、アイリーンはついに激怒。

自分が必要としているのは、そういったことではないとハッキリ断った。

ラジ

人の話を聞かないのは兄弟共通なのかもね

セドリックは他にどんな用件があるのかとポカンとする。

アイリーンは、セドリックが明確な意志もなくのらりくらりとしているのはフリに過ぎないと指摘した。

誰かに必要とされるのを望んでいるとの核心を突かれて、セドリックは表情を強張らせる。

しかし、アイリーンが少しでも検討する気があるなら渡しておきたいものがあると言ってメモを差し出すと、念のためと言いながらもそれを受け取ったのだった。

小説から形を変えて

小説の中のセドリックには、囚われの身となったクローディアを逃がすという役割りがあった。

どうにかクローディアを連れ出してともに逃亡を図るのだが、ルーカスにあっけなく捕まってしまう。

そして、クローディアの目の前でルーカスによって無惨な死を遂げるのだ。

小説でセドリックがクローディアの手を引いたのは、好意だけが理由ではなかった。

彼自身が、命を懸けて臨む何かを切望していたのである。

アイリーンは、そんなセドリックに別の役割りを与えようと考え、あえて彼が無下にできないような言い方をしたのだった。

ねお

セドリックが無気力なことと、ルーカスという兄がいることは何か関係があるのかな?

会場に戻ったアイリーンは、エリカの父親であるダーフェラシオン公爵に声をかけられた。

エリカの言動に変化があったため、アイリーンが余計なことを言ってくれたと悪態をついてきたのだ。

自由に生きる権利を主張するアイリーンだが、ダーフェラシオン公爵は自分が手を下さずともアイリーンはそう長くは持たないと示唆してきて…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
25話26話27話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 男主人公の恋のライバルは私!?『26話』の感想

セドリックを上手く挑発したアイリーン。

第2皇子とはいえ、国政にも関与せずに自堕落な生活を送るセドリックは、何もかも諦めている感じです。

アイリーンが手渡したメモの内容は明らかになっていませんが、男主人公たちを負かそうと考えていることから、セドリックにルーカスに勝つ秘訣を解くのではないかと推測します。

一方、ダーフェラシオン公爵は、アイリーンがフェリックスの次に狙われると知っているかのような物言いでした。

アイリーンに直接手を下すつもりはないとのことですが、エリカを解放したいアイリーンにとっては敵となりそうです。

まとめ

以上、「男主人公の恋のライバルは私!?」の26話のネタバレ記事でした!

「男主人公の恋のライバルは私!?」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「男主人公の恋のライバルは私!?」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる