【ピッコマ】お嬢様の二重生活『33話』のネタバレと感想

\ 「お嬢様の二重生活」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「お嬢様の二重生活」の33話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | お嬢様の二重生活『33話』のネタバレ

オーウェンとロシカの会話

ラクシードはベッドに横になったが、ドキドキして眠れない。

ロシカは解毒剤を飲ませてくれただけ。

キスじゃないのに舌を入れた自分を反省し、ベッドの中で暴れる。

ラクシードは自分の唇に手を近付けた。

オーウェンが、トランプをしているロシカに報告する。

ジャクリーン伯爵の耳が聞こえるようになった。

医者を買収し、ロシカの指示通りに薬を処方させたと。

ロシカはその医者を城の主治医にすることに。

買収したからには監視する必要があるから。

既に医院とは話をつけた。

オーウェンは報告を続ける。

貴族たちはクラアラスを知らないので、毒を盛られたとは思っていないこと。

クラアラス中毒が生じた経路を調査すると、貴族たちに伝えたことを。

オーウェンとロシカはお互いの労をねぎらう。

オーウェンは微笑み、ロシカがここにいてくれることに対して感謝を伝えた。

オーウェンがロシカに呪術をかけたせいでここにいるしかないことを、ロシカは皮肉っぽく話す。

オーウェンはスゥッと真剣な表情になり、黒幕はライド大公かと問いかけた。

ラジ

急に真顔になるオーウェンが怖い。

分からないとロシカは答えた。

エルガ男爵は、自分が持ってきたお茶が原因であることさえ知らない。

城の門は閉じてあり、事件後には誰も通していない。

毒入り茶を手に入れた方法の調査を、ロシカはお願いした。

4人のキング

ロシカが手元のトランプをめくると、Kのフォーカード。

ロシカは今回の負けを認めた。

ラクシードを牽制することはないと、甘く考えていた。

レイブン皇太子からの手紙が皇室に届いただろうが、帝都とドゥラックスは離れているため、手紙を受け取ってから牽制したのではないだろう。

皇室に手紙が届くまでは約十日間。

だから、毒入り茶騒動はあらかじめ計画されていたものだ。

ロシカはKのトランプを二枚握りしめ、ラクシードが皇帝になるまで負けないと誓った。

ねお

残った二枚のKは、ラクシードとロシカ?

ノックの後でロシカの部屋の扉を開けたラクシードは、すぐ傍にロシカがいたので驚く。

そちらに行くところだったと、ロシカは告げた。

ラクシードは頬を赤らめ、その理由を尋ねる。

治ったか異常がないかの確認だと、ロシカは答えた。

ラクシードの耳が聞こえるので、ロシカは安堵の溜め息をつく。

ロシカがラクシードの額に触れると、少し熱がある。

解毒剤に入ってる毒のせいで微熱が出たというロシカの説明で、ラクシードは来た理由を思い出した。

ロシカの唾液に毒が入っている理由を問い詰め…。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
32話33話34話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | お嬢様の二重生活『33話』の感想

ロシカとのキスを思い出してドキドキしたり、反省して暴れたりしてるラクシードが、乙女のようで可愛らしい♪

それまで笑顔で軽口を叩いていたのに、急に真剣な話をするオーウェンとロシカに少し驚きました。

二人はなんとなく似てるような?

毒入り茶事件があったばかりで、ラクシードが帝都に行くことが不安です。

まとめ

以上、「お嬢様の二重生活」の33話のネタバレ記事でした!

「お嬢様の二重生活」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「お嬢様の二重生活」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる