【ピッコマ】もう一度、光の中へ『41話』のネタバレと感想

\ 「もう一度、光の中へ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「もう一度、光の中へ」の41話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | もう一度、光の中へ『41話』のネタバレ

少年の正体は?

アイシャは驚く。

舞踏会にいた少年が目の前にいるから。

白い髪の少女を探しているのか、少年は尋ねてきた。

少年はアシュリーを見たようだ。

精霊の召喚に力を使ったせいでアシュリーの体が危険かもしれないことを、アイシャは説明した。

そのようだと少年は平然と言った。

分かっててアシュリーを放っておいたのかと、アイシャは腹を立てる。

アシュリーにあげたの?

アイシャはそう問いただした。

アーティファクトなんて持ってないと、少年は返事した。

アイシャは厳しい顔つきで指摘する。

アイシャは「アーティファクト」とは言っていないこと。

少年は精霊を見たことがあるようだったことを。

ラジ

アイシャが探偵か刑事みたい。

精霊を知っていることを少年は認めた。

アイシャは驚き、夢の中の少年の神秘さを思い出す。

アシュリーがアーティファクトを使うのをなぜ止めなかったのか、アイシャは大声で問いただした。

少年なら大ごとになる前に解決できただろうに。

精霊使いと精霊は、契約の瞬間から繋がっている。

精霊の自分を召喚しているせいで主人の命が危険な状態を、精霊が喜ぶわけがない。

そのことも少年は知っているはずなのに。

全てアシュリーが決めたことだと、少年は言い放った。

言い返そうとしたアイシャはゾクリとする。

何かの気を感じたのだ。

アシュリーの前に現れた人物は…

母が目の前に。

なぜ母がここにいるのか、アシュリーは不思議に思う。

アシュリーは自分の肩の後ろに隠れているナーイアスを紹介し、精霊を召喚したことを訴える。

頬を平手打ちされ、呆然とする。

同じ精霊使いであることを利用して皇女に取り入ろうとしているのか、母は詰問した。

アシュリーは謝罪した。

ナーイアスは怯えて震えている。

ねお

ナーイアスが可哀想…。

舞踏会場へ戻るよう言われて、アシュリーは体が辛いことを訴えた。

冷たい目で睨まれ、ビクリとする。

役立たず。

母はそう吐き捨て…。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
40話41話42話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | もう一度、光の中へ『41話』の感想

少年の性格が悪くて驚きました。

精霊をよく知ってるから、少年は精霊王?

アシュリーのことはどうでもよくても、ナーイアスのことは心配じゃないのでしょうか。

アシュリーが精霊を召喚しても、母の態度は変わりませんでした。

母は、なんでこんなにアシュリーを嫌ってるのか?

まとめ

以上、「もう一度、光の中へ」の41話のネタバレ記事でした!

「もう一度、光の中へ」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「もう一度、光の中へ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる