【ピッコマ】もう一度、光の中へ『23話』のネタバレと感想

\ 「もう一度、光の中へ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「もう一度、光の中へ」の23話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | もう一度、光の中へ『23話』のネタバレ

魔法石が必要だが…

アイシャとイシスは、毒の入った紅茶を飲んで意識不明に。

紅茶を少ししか飲まなかったアイシャは意識を回復したが、イシスはまだ目覚めていない。

アイシャはルーに、今自分が中級精霊を召喚できるか尋ねた。

駄目とルーは答えて、首を横に振る。

アイシャは意識が戻ったばかりだし、魔力が足りないから危ないと。

魔法石を使うことをアイシャが提案すると、可能かもとルーは答えた。

アイシャは中級精霊と契約することに。

可能性があるならやってみるしかない。

下級精霊は司祭の神聖力と同じ位の治癒能力のため、中級精霊以上と契約しないと、イシスを治すことは不可能。

アイシャはこれまでは精霊使いの能力を隠してきたが、仕方ない。

拳をギュッと握りしめる。

アイシャは、ネックレスに繋げた青い魔法石を胸元から取り出してルーに見せ、これで大丈夫か尋ねた。

その魔法石は、誕生日の宴の時にアルセンからもらったもの。

それ以来、アイシャは常に魔法石を身につけていたのだ。

ルーは、その青く輝く魔法石を見つめると残念そうに首を横に振り、それは魔力が尽きていることを告げた。

アイシャが早く意識を取り戻せたのは、その魔法石の保護魔法が作動したおかげらしい。

光の精霊の助けもあっただろうが。

魔力を使い切った魔法石が、力を発揮することはない。

ラジ

残念…。アイシャはどうする?

リミエ

一人で話しているように見えるアイシャを、ティリオン、アイリス、ビオンが心配する。

アイシャは今魔法石を今手に入れる方法を模索していたが、閃いた。

魔剣士のビオンに駆け寄り、今魔法石を借りられるか質問した。

古代語の本を見ながら、床に中級精霊の召喚陣を描くアイシャを、皆は訝し気な表情で見つめる。

アイシャが顔を上げると、ビオンはビクリとした。

召喚陣の完成だ。

召喚陣の中央には、ビオンの赤い魔法石が。

アイシャが召喚陣に触れ、中級精霊を召喚する呪文を唱えると、召喚陣が風と赤い光を発する。

アイシャの顔が苦しそうに歪む。

ルーを召喚した時よりも多くの気力が必要なようだ。

アイシャの顎から滴った汗が召喚陣に垂れた途端、魔法石が赤い光を放つ。

光の中に人影が…!

金色の長髪、金色の瞳、尖った耳の精霊が現れ、アイシャに自己紹介した。

名前はリミエで、光の中級精霊だと。

アイシャも名乗り、立ち上がってリミエに手を差し出し、契約を申し出た。

リミエは承諾すると、アイシャの手の甲に口付けを落とした。

アイシャは微笑む。

この妖精は?と、アイリスがリミエについてアイシャに尋ねた。

精霊だと、アイシャは訂正した。

ねお

皆はルーは見えないのに、リミエは見えるんだ!

◀前話今読んでいる話次話
22話23話24話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | もう一度、光の中へ『23話』の感想

ルーは天真爛漫という感じですが、リミエはブスッとしているように見えてプライドが高そうです。

でも、リミエがアイシャと契約してくれて本当に良かった!

これでイシスも助かる?

まとめ

以上、「もう一度、光の中へ」の23話のネタバレ記事でした!

「もう一度、光の中へ」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「もう一度、光の中へ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる