【ピッコマ】万年レベル1プレイヤー『41話』のネタバレと感想

\ 「万年レベル1プレイヤー」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「万年レベル1プレイヤー」の41話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 万年レベル1プレイヤー『41話』のネタバレ

3か月後のために!

本部長からの情報で、アイアンギルドが日本に支部を設立することを知った圭。

そしてその支部長はロジャース田中。

思っていたよりも早く復讐の機会が訪れることになった。

ラジ

因縁の相手ってやつだな。

日本支部が設立するのは、3か月後。

長いようで短い時間。

圭はロジャース田中との因縁のけりをつけるためにも、強くなる必要があった。

そのためには新しく手に入れた能力について知る必要がある。

圭は家の地下へと足を向けた。

何もない部屋だ。

ブリュンハートにまで殺風景だと言われる始末。

しかしもともと鍛錬を目的とした場所だから、それでいいと圭は言う。

そしてひとつだけおいてある椅子に腰を掛けると、新しく手に入れた合成と付与について調べる。

ルーで試してみるかとも思うが、当の本人に反対される。

何よりまだ合成の力が、どのような影響を及ぼすのかわからない。

特に自我を持つルーやエル、ブリュンハートを合成のメインにすることは危険かもしれないと考える。

かといって装備品も、今の圭にとって必要不可欠なもの。

最悪使えなくなってしまったら困る。

……さて、どうしたものか、と思案する圭に、ブリュンハートが自ら名乗りを上げる。

ゲートの管理者を圭が選定する?

主人である圭の役に立ちたいというブリュンハート。

圭もそんなブリュンハートの気持ちに感謝し、合成のメインをブリュンハートに決める。

サブにはエゴの欠片を選んだ。

ねお

さあて、どんなふうにブリュンハートは合成されるんだろう??

合成がはじまり……、

圭の体が光だす。

どうやらエゴの欠片は圭の体の中に蓄積されていたようだ。

そして……。

ゲートが唐突に開いた。

圭はゲートの中に吸い込まれていく。

そこは見覚えのある墓地。

どうやらこの前クリアしたゲートへと来たようだ。

その証拠に、圭の目の前には見覚えのある棺。

この前はリッチがそこから這い出てきたが、今回は出てくることはなかった。

それもそのはず。

このゲートには、圭がクリアしたため管理者がいないからだ。

そのため新たに管理者を選べとのこと。

圭が選んだのは、前回倒した相手、リッチだった。

管理者としてよみがえったリッチは、圭をご主人様とよび、頭を下げる。

前回倒した相手に頭を下げられ、微妙な気分になる圭。

とにかく、これで管理者も決まり、モンスターたちの統制もできるかと思いきや、そうではなく、まだまだレベルが足りないという。

それならば実力で、言うことを聞かさせればいいだろうと不敵に笑む圭。

一方、ゲートの外では……。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
40話41話42話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 万年レベル1プレイヤー『41話』の感想

なんだかだんだん複雑になってきました。

新しく得た合成と付与のエゴの力も、まだいまいちわからないです。

単純にふたつのものが合わさるから強くなる、ものと思っていましたが、そうでもないのかな……?

エゴとゲート、まだまだ謎がありそうです。

まとめ

以上、「万年レベル1プレイヤー」の41話のネタバレ記事でした!

「万年レベル1プレイヤー」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「万年レベル1プレイヤー」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる