【ピッコマ】黒幕の首輪を外したら『10話』のネタバレと感想

\ 「黒幕の首輪を外したら」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「黒幕の首輪を外したら」の10話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 黒幕の首輪を外したら『10話』のネタバレ

招待状

シリエナはミハエルにトシフの招待状を手に入れるようにお願いする。

ミハエルは聞きなおす。

トシフとは裏社会の人だけが知っている名前。

ミハエルはその中の一人だった。

ミハエルがシリエナに、トシフの名前を知っていた理由を聞く。

シリエナはミハエルの顔をみていた。

久しぶりに見る表情だった。

ミハエルはとても冷たい顔をしている。

シリエナが微笑みながら、何かいけない事があるのか質問する。

シリエナはジッとミハエルを観察している。

情報が漏れたのかと考えているようだった。

知らなくていいというミハエル。

しかし、シリエナは引き下がらない。

ミハエルは言葉を失う。

シリエナが満面の笑みで、招待状が必要だと言う。

奴隷の競売が行われる日時をミハエルは知っているはず。

ミハエルの表情を観察していて、招待状が届いているとシリエナは確信した。

ラジ

ミハエルは嘘つけない性格なんだね!

決闘

シリエナは自分の血と引き換えにすると言う。

以前ミハエルが、シリエナの血には質の良い魔力が宿っていると言った。

一度、実験の為に分けた事があったが、嫌な予感がしたので二度目はあげなかった。

ミハエルがため息をつく。

シリエナは血だけでは足りないのかと思い、鉱山の一部もあげると提案する。

その鉱山はアジェスターがくれた価値のあるものだ。

欲しい人はたくさんいた。

ミハエルが厳しい顔をして、いいかげんにしないかと言う。

シリエナの前に立ちはだかる。

実験の為に、シリエナを危険な目にはあわせられない。

ミハエルはシリエナの肩をグッと掴み、自分は最低な人間ではないと言う。

肩から手を離し、シリエナの髪を触って去って行こうとする。

シリエナが声をだして笑う。

ミハエルが後ろを振り向く。

ミハエルの前髪に何かがかすり、その後、首元に剣先をあてられた。

シリエナは剣があと少し長かったら、ミハエルは死んでいたと言う。

シリエナの心臓は高鳴っていた。

殺されそうになったのに、殺そうとした人の心配をするのかと言う。

ミハエルがシリエナを睨み、剣先を握る。

強い殺気が伝わったが、シリエナはやめなかった。

シリエナは剣を大きく振り、ミハエルの首をかすった…。

ねお

ミハエルを本気で怒らせちゃうよ!!

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
9話10話11話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 黒幕の首輪を外したら『10話』の感想

普段はふざけているようなミハエルが、実はとても冷酷で怖い人とは知りませんでした。

そちらの方が本当のミハエルだったのですね。

さすがメルフォルト公爵の息子だなと思いました。

ですが、妹のシリエナの事はとても大切に思っていると信じています。

本気で怒っても、きっと傷つけることはないと思いたいですね。

まとめ

以上、「黒幕の首輪を外したら」の10話のネタバレ記事でした!

「黒幕の首輪を外したら」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「黒幕の首輪を外したら」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる