【ピッコマ】公爵夫人の50のお茶レシピ『123話』のネタバレと感想

\ 「公爵夫人の50のお茶レシピ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「公爵夫人の50のお茶レシピ」の123話のネタバレと感想・考察記事になります。

◀前話今読んでいる話次話
122話123話124話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

目次

ピッコマ漫画 | 公爵夫人の50のお茶レシピ『123話』のネタバレ

貴族会議で激震が走る

アーサーの進言によって、緊急貴族会議が開かれた。

アーサーは、アルフォンスに対抗心むき出しの様子だが、当のアルフォンスはといえば、クロエとの大事なティータイムに水を差されたとしか思っていない。

開始早々、アーサーはクロエの違法行為を摘発したいと切り出し、議会は騒然となる。

一歩間違えれば公爵夫人への冒涜行為になりかねないと、皇帝は憤りを露わにした。

アーサーは、実の息子である自分を差し置いて皇帝の信頼を得ているバーテンベルク夫妻に、ますます嫉妬する。

そして、皇子の座をかけても良いと、発言に絶対的な自信を見せた。

ここまで来ればアルフォンスはムキになるだろうと踏んでいたが…

アルフォンスは、まずは話を聞こうと余裕の構えである。

ラジ

もしかしてアルフォンスには、何のことだか見当がついているのかしら?

自信満々のアーサー

今に慌てふためくことになるとアーサーはアルフォンスを挑発。

さっそく、事の経緯の説明を始めた。

魔法の水晶を取り出して、平民街で紅茶を販売している店を視察に訪れた際の記録映像を見せる。

オーナーの男性の話の中には、紅茶の知識を持った者には分かる疑わしき点があったのだ。

議会に参加している貴族たちもそのことをすぐに理解できたようだが、誰もが口を閉ざす。

ねお

半信半疑だった貴族たちも、アーサーの言葉を信じ始めたようね

話を振られたアルフォンスは誤魔化すことなく、男性オーナーの受け答えのおかしい所を指摘。

アーサーは、アルフォンスにクロエの違法行為を認めさせたも同然だと勢いづく。

そして、男性は偽者で真のオーナーはクロエだろうとの見解を示した。

\ 「公爵夫人の50のお茶レシピ」の全話ネタバレはコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 公爵夫人の50のお茶レシピ『123話』の感想

アーサーは、クロエへの好意やアーサーに抱くライバル意識が、憎しみに変わってしまったようです。

クロエたちは、平民をジン中毒から救おうと考えていただけなのに…

クロエの取組のねらいが明らかになれば、恥をかくのはアーサーの方です。

今はまだアーサーの好きなように言わせているアルフォンスが、徐々に反撃に出ると予測します!

まとめ

以上「公爵夫人の50のお茶レシピ」の123話のネタバレ記事でした。

文章ではなくて実際に絵付きでみたい!という場合はピッコマで読んで見てくださいね!

「 公爵夫人の50のお茶レシピ 」はピッコマ独占なのでピッコマでしか読むがことができませんので、この機会にぜひ読んでみてください!

\ 「公爵夫人の50のお茶レシピ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる