【ピッコマ】皇女、反逆者に刻印する『40話』のネタバレと感想

\ 「皇女、反逆者に刻印する」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「皇女、反逆者に刻印する」の40話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 皇女、反逆者に刻印する『40話』のネタバレ

魔獣狩り大会とは

輝く剣を見たミカエルは感嘆し、剣をそっと手に取った。

気に入ったようだ。

ミカエルは、この剣がすぐに血で染まるのを残念がる。

まもなく「魔獣狩り大会」だから。

魔獣狩り大会は、森に覆われた島・ガラパゴンで行われる。

ガラパゴンには、結界によって魔獣たちが閉じ込められている。

魔獣狩り大会では、ガラパゴンで狩った魔獣の点数を合計し、最も高かった者が優勝。

魔獣は錬金術で欠かせない材料のため、錬金術師にとって、魔獣狩り大会は収穫祭のようなもの。

そして錬金術を重要視しているハーデルラミド帝国でも、魔獣狩り大会は最も重要な行事とされている。

ラジ

また不穏な展開に…。ミカエルが心配。

イヴはミカエルから剣を借りて、二人で応接間へ。

さらにバルコニーへ出た。

騎士の誓約

イヴが、剣を床に立ててミカエルの名前を呼ぶと、ミカエルは膝をつく。

私を守ることを誓うかと、イヴは真剣な表情で問いかけた。

これは騎士の誓約であることをミカエルは察し、誓うと答える。

私の騎士になることを誓うかと、イヴはさらに問いかけた。

誓うと、ミカエルはまた答える。

イヴは微笑み、剣を鞘から抜いてミカエルの背中に当て、ミカエルを専属騎士とすると告げた。

ミカエルは俯いていた顔を上げ、イヴを見上げる。

イヴは、鞘に納めた剣をミカエルに手渡す。

どうしても叙任式をしてあげたかったのだ。

騎士にとって叙任式は、最も重要な儀式。

だが、叙任式を経験するホムンクルスはほぼゼロである。

たとえ叙任式が行われても、養成所の管理人がそれっぽいセリフを読む程度だ。

ねお

イヴは本当に優しいね。

ミカエルはイヴに感謝し、剣のお礼をしたいと言い出した。

イヴは考えた結果、魔獣狩り大会で上位に入ってほしいとお願いした。

1位ではないので、イヴは負けず嫌いではなさそうだ。

ミカエルはクスリと笑う。

魔獣狩り大会で、イヴに勝利の喜びを教えてやろうと思ったのだ。

ミカエルは最善を尽くすことを誓った。

そして魔獣狩り大会当日、イヴとミカエルはガラパゴン島へ。

空を飛び回っているのは、カラスではなく魔獣のハーピー。

ガラパゴンには魔獣しかいない。

ここでは、強力かつ狂暴な魔龍・ガラムートが生まれた。

イヴは髪を結んでいた青いリボンを解き、ミカエルの剣の鞘に結び付け、微笑む。

ミカエルは嬉しそうに笑い、イヴの手の甲に口付けを落とした。

その様子を、ロゼニットとブリジッテが憎々し気に睨んでいる。

ブリジッテは歯を噛みしめた。

暗い森へ続く扉が開く。

ホムンクルスは皆殺しだと、森の中で魔獣が呟いた。

◀前話今読んでいる話次話
39話40話41話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 皇女、反逆者に刻印する『40話』の感想

剣を贈られて騎士の誓約をしてもらったミカエルがとても嬉しそうで、こちらも嬉しくなりました。

魔獣狩り大会は心配ですね…。

強そうな魔獣はもちろん、ブリジッテもロゼニットもいますし。

イヴは、ミカエルが無事に戻ることを祈るしかできないのでしょうか?

まとめ

以上、「皇女、反逆者に刻印する」の40話のネタバレ記事でした!

「皇女、反逆者に刻印する」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「皇女、反逆者に刻印する」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる