【ネタバレあり】鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~ | 助けてくれた美住職は鬼神で自分は贄?惹かれ合う理由は本能か呪いか

\今イチオシのオススメTL漫画はこちら/
【宇宙の始祖様の番になるしかない!】

この漫画では、天涯孤独となった高校生の天城舞が、住職の百鬼京丞に引き取られます。

夜、百鬼は舞の部屋に忍び込んで自慰していましたが、ある日自らの正体を明かして…という作品です。

今回はそんな作品を実際に読んでみたのであらすじをネタバレしていきたいと思います。

※本記事は「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」のネタバレを含みます※

  • 『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』はDLsite独占配信!
  • 今なら300円オフクーポンが貰えてお得に読めます!

【試し読みは画像をタップ!】

▽   ▽   ▽

目次

「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」のネタバレ

救世主

寝ている舞は、自分の部屋に誰かいるのを感じる。

暗くてよく見えないが、百鬼のようだ。

その額には2本の角が。

百鬼は舞に跨り、自ら肉竿をシコッて、舞のアソコに切っ先をグリッグリッと擦りつける。

そして、舞の身体に精を放った。

この鬼に食べられたい、舞はそう思った。

ラジ

衝撃的な始まり!舞は黒髪の美少女、百鬼は住職なのに長髪で、目元にホクロのある美青年だよ。

鬼神村は閉鎖的で、高校は1つしかない、関西地方の村。

そこが、舞が今住んでいる場所だ。

高校。

鬼神村は成り立ちが気持ち悪いから早く出た方がいいと、園崎美弥子は都会から転校してきた舞に勧める。

村の神様の鬼神様という人がいたから鬼神村が出来たなどと檀家の田中が言っていたことを、舞は話した。

だが、その時百鬼は田中の話を遮った。

鬼神は人じゃなくて本物の神様で、この村を作って、村を守ってきたという昔話。

それを、鬼神村の老人たちは本気にしているらしい。

いまだに鬼神様はいると美弥子が言ったので、昔話でしょ?と舞は尋ねた。

しかし、美弥子は答えず、舞が今百鬼の寺にいることを確認する。

舞がそれを認めると。

どうして鬼神村に引っ越してきたのか、百鬼に騙されてないか、美弥子は訊いた。

百鬼さんはいい人だと、舞は大声で言った。

あの時、舞に手を差し伸べたのは百鬼だけだったから、百鬼は舞を引き取ってくれたから。

美弥子は謝った。

回想、舞の両親の葬式。

居眠り運転のダンプカーに突っ込まれて、両親の遺体は原型をとどめていなかった。

養子の舞を誰が引き取るのか、親戚たちは噂する。

黙ってと、舞は心の中で願う。

葬式後、舞が外のベンチに座って雨に濡れていると。

傘を差した中年男性が近づいてきて、舞に話しかける。

僕は可哀想な子に居場所をあげる仕事をしてるから僕のところにおいで、と。

無言の舞の肩に、男性は手を置いた。

その直後、布袍姿を着た百鬼が挨拶してきた。

誰だと、男性は百鬼に問いただした。

百鬼は答えず、舞に関西弁で話しかけて自分の傘を持たせる。

その時、舞は百鬼の額に尖ったものを目にする。

年上への礼儀がなってないと、男性は百鬼に注意した。

私の方が年上だと百鬼は言い返し、長身を屈めて、男性の耳元で囁く。

薄汚い商売にこの子を関わらせない、と。

私が引き取ると百鬼は名言し、困惑している舞と行こうとする。

男性が伸ばしてきた手を百鬼はバシッと払いのけ、薄汚い手で触るなと冷たい眼差しで言い放った。

お前も下心あるだろと、男性は負け惜しみを言った。

百鬼は小声で男性に対する暴言を吐き、舞を車に導く。

ねお

百鬼かっこいい!関西弁、長身、優しいけど怖い、見た目が異常に若いところが魅力的♡

車の中で、百鬼は舞にタオルを渡し、自らもタオルで髪を拭く。

舞は百鬼について考え、先程彼の額に見えたものを思い返す。

あのおじさんより本当に年上なのかと、舞は尋ねた。

イラッとして嘘をついたと百鬼が苦笑して答えたので、舞はフフッと笑う。

百鬼が舞の頭をポンポンと叩いて頑張りを褒めると、舞は嗚咽した。

舞を引き取った百鬼は、舞の父方の遠縁で、天涯孤独になった舞を迎えに来たそう。

申し訳ながる舞に、百鬼は家事手伝いを頼んだ。

自分以外の僧侶を入れることは禁止されていて、使用人を家に入れたくないのだそう。

百鬼は鬼神村の寺の住職で、1人で全てを担っている。

百鬼は優しく、舞が泣いていると無言で隣にいて、ここにいていいと言った。

廊下に並んで座っている百鬼に、舞は自分を引き取った理由を問いかけた。

同情して助けたいと思ったと、百鬼は答えた。

舞は百鬼といるとドキドキして、頭を撫でられると触れたくなる。

舞は思わず、百鬼の着物の袖を掴む。

不思議そうに名前を呼ばれて舞は赤面し、パッと手を離して部屋に走る。

百鬼の告白

自室に戻った舞は、障子を背にへたり込み、食べられたいと呟いて慌てて手で口を塞ぐ。

欲情してる?と、舞は自問し、自己嫌悪してその理由を考える。

角の生えた百鬼が、舞の背後の障子枠をカリッと引っかいた。

夜、舞の部屋。

百鬼は横になっている舞に跨り、舞の胸元で屹立をニチャニチャとシコる。

そして、舞の身体に白濁液を吐き出した後、部屋を出て行った。

寝たふりをしていた舞は、はっきりと見た百鬼の角を思い返し、困惑する。

だが、怖くなかったし、彼に触れてほしかった。

百鬼に触れられることが本能のように感じる。

高校。

舞は回収したノートを百鬼に届けに来た。

百鬼が高校では少し他人行儀なので、舞は不満に思う。

体調が悪いのかと、舞は尋ねた。

良く分かったねと、百鬼は感心する。

持病があるのか、百鬼は薬を飲んでいるのだ。

百鬼が美弥子の名前を出したので、百鬼は自分にだけ優しいわけじゃないと、舞は落ち込む。

すると、百鬼は舞に笑顔を近づけて、私の特別は貴女だけだと囁いた。

舞は真っ赤になって動揺する。

百鬼は舞の両手を握り、成人するまではいていいと言った。

ここにずっといられると思っていた舞は、理由を問いただす。

百鬼は答える。

この土地はいつまでもいていい場所じゃない、残りたいなら残ってもいい、私は君を助けたいから、と。

すると、舞は疑問が次々に浮かぶ。

私のことをどう思っているのか、なぜあんなことをするのか、私を求めているのになぜ突き放すのか、と。

授業を受けながら、舞は考える。

この土地から離れたくない。

夜に応えれば、百鬼さんはここにいてもいいと言ってくれるかも、と。

舞が帰宅すると、田中と三好が門の外で待っていた。

ラジ

しわしわの、不気味に笑う瓜二つのおばあちゃんたちでキモい。双子で、嫁に行ったから名字が違うのかも。

舞が話しかければ、2人は口火を切った。

百鬼さんに早く嫁をもらって子供を作ってほしい。

百鬼さんは鬼神村にとって大事な人だから。

舞ちゃんを嫁にしたいのかと思ったけど、百鬼さんに否定された。

このままだと途絶えてしまう、と。

百鬼さんが鬼神村にとって大事な人というのはどういうことかと、舞はおずおずと尋ねた。

すると、田中と三好は怖い目で舞を見て、舞が村のものになればいいと結論を出した。

ゾクリとして後ずさる舞に、2人はしわしわの手を伸ばし、村のものになるなら調べないとと迫りくる。

その時、百鬼が舞の前に出て、威圧感のある笑みを浮かべて用を訊いた。

田中と三好は不気味に微笑んで答える。

嫁の話だ、百鬼さんがそろそろ危ないから、早く次の子を作らないと、と。

すると、百鬼は食い下がる田中と三好を強引に帰らせた。

舞は先程の話について尋ねた。

しかし、百鬼は答えず、怖い笑みを浮かべて、田中と三好に対して小声で暴言を吐いた。

夜、舞の部屋。

また、百鬼は狸寝入りしている舞の身体に射精した。

なんで私を食べてくれないのかなどと、舞が考えていると。

起きてますねと、百鬼は声をかけた。

舞は目を開け、謝罪した。

出て行こうとする百鬼の着物を舞が掴むと、彼も謝罪。

舞は謝罪の代わりに説明を求める。

百鬼は少し逡巡したのち、話し始める。

この村は鬼神が作った村。

何百年も前、鬼神がこの村を守り、この村を守っていた。

村人たちはその代わりに生贄を差し出していた。

私は鬼神の子孫だ、と。

角を見たと舞が言えば、受け入れるのが早いと百鬼は返した。

百鬼さんだからと、舞は恥ずかしそうに打ち明けた。

すると、百鬼は舞の手を掴み、自分の額の突起に導く。

そして、話を続ける。

普段は小さな突起で、興奮したり激情すると角になる。

鬼神の一族は呪われているから短命。

ある人間が鬼神を呪って以来、長命の鬼神は生まれず、鬼神は贄の一族からしか生命力を得られない。

呪った贄の一族と性交すれば、鬼神は生き長らえる。

しかし、贄の一族との子にも呪われた血は引き継がれる。

舞さんは贄の一族の子孫。

貴女も呪われているから、私たちはお互いに欲情する、と。

ねお

凄い話…。鬼神が可哀想。舞と百鬼が求め合うのは愛情のせいじゃないなんて悲しい…。

違うと舞は訴えるも、百鬼はそれを一蹴。

貴女が私を望むのは、舞さんの血が望んでいるから、と。

舞は百鬼の手に触れ、目を見据えて話す。

私が百鬼さんを好きなのは、手を差し伸べてくれたから、ここにいてもいいと言ってくれたから、と。

そして、百鬼の胸に寄り添い、ここにいてもいいなら何でもすると言った。

ズズッと、百鬼に角が生える。

いいのかと百鬼が確認すれば、はいと舞は答えた。

鬼神の異常な性欲

百鬼は舞を布団に横たえ、ショーツを引き抜く。

グチグチと淫靡な音を立てて、2本の指をグポッグポッと中で動かす。

そして、指で膣をくぱくぱ広げ、秘豆をクリクリと弄る。

舞は身体を震わせて潮を吹いた。

すぐに、百鬼が指の抽出を再開し、舞はまたイキそうになる。

百鬼は舞にキスして、口内を舌で掻き回す。

膣と口を同時にされるのが気持ちよくて、舞はまたイッた。

百鬼は屹立をワレメに擦りつけ、キャミソールを一気に脱がせた。

そして、両方の陥没乳首を指で押し、引っかく。

挿れると百鬼は断りを入れ、昂ぶりで中をブチブチと押し広げて、奥まで入っていく。

百鬼が舞の胸の先端をほじれば、可愛らしい乳首がぷくっと現れる。

百鬼は乳首を指でシコシコしながら、ズンズンと腰を打ち付ける。

するとすぐに、舞は大量に潮を吹いた。

休む間もなく、百鬼は舞をうつ伏せにして後ろから挿入し、恋人繋ぎして激しく抽出。

次に、百鬼は舞を自分の太ももに乗せ、舞を下から突き上げながらディープキス。

唇を離した時には、舞は気を失っていた。

朝、舞が目覚めると。

全裸の百鬼が後ろからまだ中に入れていた。

ラジ

もしかして一晩中入れてた?鬼神の性欲おそるべし…。

舞を抱くと、百鬼の身体は楽になるという。

もっととせがまれ、舞は逃げられない。

それ以来、百鬼はいつでも舞とセックスし、その度に百鬼の体調は良くなっていく。

百鬼は料理中の舞の制服のスカートをめくって、お尻に屹立をぐりぐりと擦りつける。

朝だから駄目と舞が拒否すれば、濡れてるのにと百鬼は返して、既に濡れている膣に指を入れる。

また抱き潰されてはかなわないので、夜になったらと舞は答えた。

我慢できないと百鬼は呟き、舞の首筋に頭をぐりぐりと擦りつける。

ねお

百鬼可愛い~♡もう40代?なのに子供みたい。

仕方なく、舞は抜くことを申し出た。

舞はじゅぷじゅぷとフェラする。

舞とセックスし初めてから、百鬼は薬を飲まなくなり、余裕がない時などは口が悪くなる。

舞が肉竿の裏を舐めていると。

百鬼は舞の頭を押さえつけて、奥まで咥えさせた。

つい百鬼は顔に出してしまい、謝罪した。

だが、百鬼の余裕がない顔を見られて舞は嬉しく、嫌いじゃないと思った。

百鬼は朝も昼もシたがったが、舞は学校でセックスするのは断っている。

一度学校で許せば、自分も我慢できなくなりそうだからだ。

教室で、パイプ椅子に座った百鬼は舞とディープキスした後、舞の胸に顔を埋め、帰るまでできないとぼやいた。

学校じゃ駄目と舞が返すと、百鬼は昂ぶりを舞の股にぐりぐりと擦りつける。

家に帰ったらしていいと舞は言い聞かせて、自分でスカートをめくってショーツのクロッチ部分をずらして見せつけた。

すると、百鬼は舞の腰を引き寄せて、激しく手マンし、同時に乳首を弄る。

駄目と舞が訴えれば、これはセックスじゃないと百鬼は屁理屈をこねた。

だが、舞がイきそうになった時、百鬼は指を抜いてしまった。

舞はへたり込み、理由を訊く。

舞さんも我慢しないとと、百鬼は意地悪な笑みを浮かべて答えた。

酷いと舞が言うと、夜に抱き潰してあげると百鬼は微笑む。

新たなプレイ

そして、夜。

百鬼は舞の制服をはだけて、激しく手マン。

既にイッているので、舞が制止すると。

昼間我慢させた分だと百鬼は返して口内を犯す。

我慢できなくなった舞は、挿れてと懇願した。

百鬼はニコリとして、それに応える。

百鬼は舞の片足を抱えて、横から抽出。

ペニスがある一点を突けば、そこはおしっこが出るから駄目と舞は懇願する。

出していいと百鬼はなおもそこを突き、舞の両足を抱え上げた。

とうとう、舞は漏らしてしまった。

百鬼は謝り、可愛かったと褒めた。

百鬼は舞を腹部に乗せて、自分で腰を上下させる。

次に、百鬼は舞をうつ伏せにして、上からピストン。

そして、お尻の穴に指をくぷくぷと入れて解す。

百鬼は舞がそこで受け入れてくれることを確認した後、一気に突き入れた。

簡単に全部入り、舞は快感を覚える。

激しく腰を打ち付けた後、百鬼は中で精を放ち、抜く。

百鬼がディープキスしながら舞のアソコを弄ると、2つの穴から白濁が零れてきた。

全裸の百鬼に後ろから抱きしめられながら、舞は体調を訊いた。

楽だと、百鬼は微笑む。

百鬼は贄の舞とセックスすれば、舞の体液を吸収して楽になり、生き長らえる。

自分に対する百鬼の気持ちを、舞が考えていると。

おもむろに、百鬼は話を切り出した。

鬼神村には他にも鬼神がいる。

彼らも舞さんがいなければ生きられない。

助けてくれるか、と。

ここにいてもいいと百鬼さんが言うならやると、舞は答えた。

ラジ

え~、切ない…。2人とも本当にそれでいいの?

百鬼はお礼を言い、舞を強く抱きしめる。

舞は最後は大好きな百鬼に食べられたい。

自分が鬼神だと知って以来、死にたくないと願っていた百鬼は、贄の舞をようやく見つけた。

1人の贄の女が鬼神を愛し、自分以外の贄に手を出さないという呪いが成功したのだ。

百鬼は舞にはそのことを言っていない。

鬼神は贄の一族と性交しなければ死へと導かれる。

村人たちはそのことを知らない。

ただ、鬼神は敬うべき存在と考え、鬼神の子孫を残させようとする。

1人の女の呪いによって、鬼神たちはこの村に縛られ続けている。

百鬼を誘うようになった舞に呼応するように、百鬼の感情も変化する。

生き残るために舞を垂らし込んでいるのに、なぜか彼女に惹かれる。

だが、舞を独占するわけにはいかない。

舞を鬼神たちのものにして、一族は生き残らなければならない。

でも、百鬼は最期は舞を食べたい。

それが本能か呪いかは分からないが。

ねお

舞は百鬼に食べられて死んじゃう?舞と他の鬼神とのセックスも見たいし、続きが読みたい!

  • 『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』はDLsite独占配信!
  • 今なら300円オフクーポンが貰えてお得に読めます!

【試し読みは画像をタップ!】

▽   ▽   ▽

【鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~】を読むことができる電子書籍サイトの配信状況

『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』を読むことができる電子書籍をサイト調べてみました…!

結論『DLsite』でしか読めないことがわかりました。

独占配信となっているので、『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』を読んでみてい方はぜひ、DLsiteで読んでくださいね!

以下各種電子書籍サイト、アプリでの「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」の配信表になります。

スクロールできます
オススメサイト名価格クーポン価格備考
独占!DLsite1,210円910円初回登録300円OFFクーポン配布中!
コミックシーモア1冊50%OFFクーポンが貰える!
まんが王国最大50%オフで漫画が読める
eBookJapan6冊50%オフで読める(1冊最大500円まで割引)
DMMブックス季節ごとのキャンペーンあり
LINEマンガ試し読み作品多数!
ピッコマ掲載されている作品は待てば1日1話無料!
めちゃコミめちゃこみ限定のオリジナル漫画多数!

DLsiteは現在無料登録をすることで、300円オフのクーポンを配布しています。

このクーポンを使う事で、『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』が910円で読むことができるので通常よりお得に読めますよ!

このキャンペーンはいつまで続くかわからないので、ぜひ今うちに登録して読んでみてくださいね!

DLsiteの特徴

DLsiteのここがすごい!
  1. 漫画、ゲーム、アニメ、ボイスなど取り扱い同人コンテンツが50万点以上
  2. 会員登録無料
  3. 初回登録300円OFFクーポン
  4. 専売作品6000タイトル以上

DLsiteの最大の特徴はやはり、同人コンテンツの数です。

国内でも最大級の取り扱いで、ここにない同人コンテンツはないと言っても過言ではありません。

詳細な購入できるコンテンツは以下になります。

  • 全年齢向け:「同人」「コミック」「PCソフト」
  • 成人向け:「同人」「青年コミック」「美少女ゲーム」
  • 女性向け:「乙女向け」「ボーイズラブ」

DLsiteは同人コンテンツが多いということもあり、

  • 二次元が好き
  • 好きな著名クリエイターの方がいる
  • とにかく多くの同人作品に触れたい
  • わかりやすい利用方法の同人サイトを使いたい

こんな方にはおすすめできるサービスになっているのでぜひ、DLsiteで同人誌を購入して読んでみてくださいね!

\DLsite会社情報/

スクロールできます
運営会社株式会社エイシス
運営歴2003年(2003年3月サービス開始)
総書籍数50万冊以上
取り扱いジャンルアダルト全般、TL、BL
支払い方法クレジットカード、コンビニ払い、ネットバンク、電信マネー、ペイディ

DLsiteに登録して「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」を読む手順を解説

  • 『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』はDLsite独占配信!
  • 今なら300円オフクーポンが貰えてお得に読めます!

【試し読みは画像をタップ!】

▽   ▽   ▽

「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」の感想

Aさん

この漫画は鬼神村という村を舞台にストーリーが展開していくのですが、この鬼神村の設定が結構しっかりしていて、オカルト系の作品が好きならこの時点で結構のめり込めるのではないかと思います。

ヒロインの舞は普通の女の子ですが、とある事情によって鬼神村にやってきます。そしてそこで出会った百鬼という男に出会うのですが、この百鬼に関してはミステリアスな部分がたくさんあって興味をひかれます。

そしてある日の夜に舞は百鬼から夜這いをしかけられます。ここで寝たふりをしながらもビクビクと体を震わせて快楽を感じている舞の姿がとてもエロかったです。ストーリーが進展していくにつれて、鬼神村に隠されていた事実、百鬼と舞の関係性などがどんどん明らかになっていき、物語としてもかなり面白さがあって普通のアダルト漫画よりも結構作り込まれているなという印象がありました。

そして百鬼と舞の性行為も回数を重ねるごとにどんどん過激になっていくところがたまりませんでした。

Bさん

鬼神高校に通う天城舞。

彼女は家族をを事故で失い、途方に暮れていたところをお寺の住職である百鬼京丞に引き取られました。
彼は住職もしつつ、鬼神学校の教師であるという一面も持っていました。
雨の中…ずぶ濡れだった舞は、孤独に震えていた自分を助けてくれたことを嬉しく思い、彼と一緒に生活することを決めたのです。
京丞はおおらかで優しく、舞はすぐにうち解ける琴ことが出来ました。

京丞の学校での教師の姿や、一緒に生活している姿を知った舞。
最初は優しい京丞が、どんどんSっ気を出してきてカッコいいです!

健気な舞とも、相性よさそうですけど…。
悩みながらも惹かれあう二人の心情もよく表現されていて、読み応えのある作品でした。
高校で友達と話しているうちに、この場所…「鬼神村」の言い伝えを耳にした舞。

この村は昔鬼神が作った村で、しかも未だに鬼神はいると言うのです。
さらに友達の話には、京丞の名前まで飛び出します。
しかし、細かいことはわからないまま帰ろうとすると…途中で村人たちに遭遇しました。

ラジねお的オススメTL漫画TOP5(ネタバレあり)

作品名

オススメ度

評価 :9.5/5。

評価 :4.5/5。

評価 :4/5。

評価 :4/5。

まとめ

以上「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」のネタバレ記事でした。

文章ではなくて実際に絵付きでみたい!という場合はDLsiteで読んで見てくださいね!

「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」はDLsite独占なのでDLsiteでしか読むがことができませんので、この機会にぜひ読んでみてください!

  • 『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』はDLsite独占配信!
  • 今なら300円オフクーポンが貰えてお得に読めます!

\おすすめTL漫画一覧/

【ダメな私は職場の後輩に守られっ話】

【こどもつくる本】

【少女は触手と愛をつむぐ】

【竜人族奴隷の双子と催眠交尾】

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる