【ピッコマ】家族ごっこはもうやめます『37話』のネタバレと感想

\ 「家族ごっこはもうやめます」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「家族ごっこはもうやめます」の37話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 家族ごっこはもうやめます『37話』のネタバレ

この居場所は私のものじゃない

シューレマンは、ナビアの怪我を心配して軽々と抱え上げ、部屋まで運ぶ。

親切にされることになれていないナビアは、戸惑いでいっぱい。

シューレマンから警戒されているものと思っていたので、余計に驚くのだった。

また、利用価値も何も証明できていないうちだというのに、エセルレッド家の人間はどうしてこうも優しいのかと疑問に思う。

優しくされたことといえば、もちろんアグニス家では皆無。

唯一当てはまる出来事といえば、1度だけクリードと会った時のことだった。

アレス皇子との縁談が白紙になった後のパーティーで、各方面から冷ややかな視線を向けられる中、クリードだけがナビアに好意的だったのだ。

ラジ

クリードって、確か第2皇子だったよね?そもそも彼がエセルレッド家に来た理由とは…

彼の優しさというのが、今、自分が受けているエセルレッド家の人々からの温情によって育まれたと思うと合点がいく。

同時に、幾度となく回帰をしても与えられることのなかった自分ともうすぐエセルレッド家の後継者としてやって来るクリードの境遇の違いを感じて羨ましく思うのだった。

初めての賑やかな朝食

ナビアがシューレマンによって部屋に戻ると、診察しに来たミネルバと、朝食を運んできたマーガレットもちょうど集まる形となった。

シューレマンは、この部屋の主はナビアだと言って、みんなで一緒に朝食のお呼ばれしてもいいかと断りを入れて来る。

誰かと食事をとるなんて今まで経験したことがなく、そういうことは家族がするものとして密かに憧れていたナビアは、恥ずかしがりながらも頷いた。

ねお

温かな食卓にほっこりするね

マーガレットが用意してくれたのは、具だくさんのサンドウィッチ。

それほど手の込んだものではなかったが、ナビアにとっては何よりもご馳走に感じた。

エセルレッド公爵家に滞在する以上、自分の役割を果たさねばと考えるナビア。

エセルレッド公爵に直接交渉に行こうとするも、彼は自室からめったに出てこないと聞かされた。

こちらから訪問しようにも、彼の部屋の階には対侵入者用の魔法が施されているという。

そこで、手紙を書いてエセルレッド公爵からの反応を見た方が良いとマーガレットに言われたナビアは、さっそく筆を執る。

迷うことなくスラスラと書いた手紙の内容は、エセルレッド公爵へお願い事が記されていて…

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
36話37話38話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 家族ごっこはもうやめます 『37話』の感想

エセルレッド公爵家に来てから、ナビアは初めてのこと尽くしですね。

マーガレットが作ってくれた朝食は、食が細いナビアのことを考えてのメニューだったのかなと思うと、さらに胸が熱くなりました。

ナビアは、お世話になる以上は自分の役目を全うしようと考えていますが、シューレマンやマーガレットはナビアを年相応に甘やかしたいと見えます。

クリードの出現がいつになるのかも気になりますが、ナビアには本物の「家族」のような経験をこれからもたくさん経験して欲しいです。

まとめ

以上、「家族ごっこはもうやめます」の37話のネタバレ記事でした!

「家族ごっこはもうやめます」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「家族ごっこはもうやめます」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる