【ピッコマ】家族が私に執着します『28話』のネタバレと感想

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「家族が私に執着します」の28話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『28話』のネタバレ

アメリダとの決闘

とうとうアメリダとの決闘の日になった。

もちろんダイヤは平常運転。

緊張も気負いもない。

しかし公爵家に遊びにきていた友人たちは違う。

歳の差も相まって、ダイヤを心配する。

ダイヤの前世を知るユリアーノにだけは、アメリダを心配していた。

いつぞやのように股間に蹴りをいれることも、大けがを負わせることもダメだと至極真面目な顔で詰め寄る。

もちろん、ダイヤもそんなことはわかっていた。

ラジ

まあ前世が勇者のダイヤに勝てるわけがないよな。

決闘のルールは簡単。

競技場内に張った結界の外に先に追い出された者が負けとなる。

その手には互いに木刀が握られているが、何も木刀で打ち合って、場外に出す必要はない。

魔法でも何でも構わない。

とにかく、場外に先に出した者が勝利となる。

はじめの合図とともに、ふたりの木刀がぶつかる。

それをいとも簡単に受け止めるダイヤ。

体格の差は、全身を魔力で覆うことで補った。

ダイヤとアメリダの決闘を観戦している公爵領の人々は、ダイヤのその実力に関心しきりだ。

そもそもリサはダイヤに練習の許可をだしたのは最近のこと。

それなのにもう十分に剣を扱い、魔力を自在に操っている。

これが天賦の才と言うべきか……。

これでは、とうていアメリダが手に負える相手ではなかった。

勝敗

ダイヤが宙を舞う。

そのまま一撃を繰り出そうとするが……。

一方のアメリダは負傷した腕が完治しておらず、痛みに動きをとめてしまう。

当然アメリダはよけると思っての攻撃だったため、そのままダイヤの木刀はアメリダに直撃してしまい……。

ねお

うわっ、痛そう……。

気絶してしまうアメリダ。

当然、勝負はダイヤの勝利で終わった。

しかしこんな風に勝つつもりのなかったダイヤは、やってしまったと落ち込む。

そんなダイヤをユリアーノは気にするなと慰める。

そもそもダイヤは宙を舞っていたのだ。

空中で、動きを変えるなどたやすくできるはじもない。

しかいダイヤは違う。

ダイヤの前世は勇者デボーテだ。

勇者だったころ、ダイヤはそのぐらいのことは簡単にできた。

そしてできて当たり前だった。

なぜなら勇者には些細な失敗も許されなかったから。

自分の体を完全に制御し、使いこなすことができなかったという事実に、ダイヤは落ち込んでいた。

そんなダイヤにユリアーノは、それで当然だと事もなげに言う。

前世ではできていたかもしれないが、今は「子供のダイヤ」。

子供は失敗することが当然。

できなくて当然だと言う。

前世のときには、そんな風に言われたことがなかったダイヤは、こそばゆく、そして嬉しくもあった。

そんなダイヤのもとに、アメリダが目を覚ましたという知らせがやってきて……。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
27話28話29話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『28話』の感想

やっぱり元勇者なだけあって、ダイヤは強いです。

とても6歳とは思えない。

成長するにつれ、どのぐらい強くなるのか、ちょっと怖いような気もします。

そして目を覚ましたアメリダの変化とは……。

次も気になります!

まとめ

以上、「家族が私に執着します」の28話のネタバレ記事でした!

「家族が私に執着します」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる