【ピッコマ】家族が私に執着します『26話』のネタバレと感想

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「家族が私に執着します」の26話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『26話』のネタバレ

家族の反応

ダイヤは自分が勇者の生まれ変わりであると証明するために、勇者の証である剣を皆に見せてみせた。

果たして、皆の反応は……。

ラジ

ダイヤからしたら、自分を受け入れてもらえるかどうかの賭け。
ドキドキだよな。

いの一番に声をあげたのは、ユリアーノだった。

信じられないと叫び、つめよるユリアーノ。

ダイヤの告白に、相当混乱しているようだ。

それもそのはず。

ユリアーノにとって、勇者は憧れの存在だった。

それゆえに、もっと崇高で気高い存在と想像していた。

しかし、その憧れの勇者が、今目の前にいるダイヤ。

ユリアーノがあこがれ続けた勇者像が、ガラガラと音をたてて崩れる。

しかし、そこに嫌悪感はない。

ダイヤが家族になったことを純粋に喜んでいる。

それと同時に、自分のあこがれてきた勇者が幻だったことにショックも受けていた。

一方のエルはというと、父に背中を押され、一歩前にでる。

そんなエルにリサは、ダイヤを信じてくれとエルに語りかけた。

しかもいつもはエルと呼び捨てでよんでいるというのに、なぜか様づけでエルを呼ぶ。

そんなリサに、エルはにっこりと笑むと、ダイヤを信じていると告げ、膝をおるのだった。

急なことに戸惑うダイヤ。

そんなダイヤをよそに、人類の代表として勇者に感謝すると頭を下げたまま謝意を表した。

エルは皇族!?

人類の代表として、言ったエル。

その言葉にダイヤは戸惑う。

その言葉の真意とは……。

話し合いが終わり、リサとヘリ―と3人で温室でお茶を飲むダイヤ。

そこで知らされたエルの真実は、エルは皇族であるというものだった。

ねお

エルが皇族!?
だから、リサはエルを様付けでよんだのね。
でもそうなると、エルの一家みんな皇族?
うーん、まだ謎が多い。

そして4年後に成人して、皇族のしるしがでると同時に、もといた場所に戻らなければならない。

だからエルはずっと公爵領にいることはできない。

リサたち公爵家は、エルに次の皇帝になってもらいたいと考えているのだ。

それもこれも、今の皇帝がその地位にふさわしくないと考えているため。

現皇帝ディオクレシア ブルゴ・ギゼルは、過眠症を患っていた。

そのためほとんどの政務を皇太后エウラリ・ヘレナに任している。

就任当初は、エウラリ・ヘレナが優秀なため、摂政として問題ないと思われていた。

しかし実際に蓋をあけてみたら、帝国は混乱のただなか。

公爵家としては、この状況を何としても打開したかった。

帝国の盾とまで言われるレオカディア家には、その資格があった。

だからこそ皇太后はレオカディア家を恐れ、首都へ出入りを禁止してしまっている。

しかしレオカディア家には、切り札がある。

それがエルだ。

前皇帝唯一の直系でもあるエルを、レオカディア家は皇帝にしようと考えている。

そしてその話を聞いて、ダイヤもようやく理解する。

なぜユリアーノたちが、エルだけはダメだと言ったのかを。

しかしそれは寂しいことのように思えた。

立場や遠くに行ってしまうという理由は、仲良くしてはいけないことの理由にならないからだ。

そして、そう思えるようになったのは、勇者だったころ、リサに出会ったからだった。

そんなダイヤを優しく見つめるリサ。

ヘリ―も穏やかな表情で、ダイヤを見つめる。

そして自分のことはお父様とよんでくれないのかと、尋ねるのだった……。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
25話26話27話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが超お得!★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • コミックシーモア公式LINEに登録で必ず500ptが貰える!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『26話』の感想

ダイヤのことを公爵家の人々が、受け入れてくれたようで安心しました。

そして、エル!

まさかの皇族。

そして、次代の皇帝。

そうなると今の家族との血縁関係は、どんなふうになっているのだろうかと、新たな疑問もわきます。

まだまだ謎だらけのエル。

これからが楽しみです!

まとめ

以上、「家族が私に執着します」の26話のネタバレ記事でした!

「家族が私に執着します」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる