【ピッコマ】家族が私に執着します『20話』のネタバレと感想

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「家族が私に執着します」の20話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『20話』のネタバレ

孤児院

リサのもとにユリアーノとともに向かうと、そこにはリサだけでなく、ヘリ―と司祭もいた。

そしてリサの話というのは、ダイヤが公爵家で世話になる以前にいた孤児院のことだった。

ラジ

ダイヤは公爵家に一緒に行く条件が、子供たちを孤児院から助け出すことだったもんな。

リサたちはすぐにでもあの孤児院から子供たちを買い取り、公爵領で保護しようとした。

しかしそれを園長が拒んだという。

そのため実力行使に出ようとしたが、それも難しくなったとダイヤに告げる。

理由は、孤児院の人身売買にある貴族が絡んでいるかもしれないからというもの。

その貴族というのが、リース侯爵。

しかしダイヤはその名に聞き覚えがない。

リサはさらに話を続ける。

リース侯爵の裏には、エウラリ公爵家がいると言う。

リサたちもその目的については詳しくわかっていないようだったが、おそらく何らかの実験のために子供が使われている可能性があるとのこと。

まだまだ小さな子供たちが、そんなことに使われいるかもしれない現実に、ダイヤはきつく唇かみしめる。

そんなダイヤに、リサはダイヤはどうしたいかと尋ねてきて……。

ダイヤの選択

リサたちとしては公爵家が絡んでいるのであれば、すべて詳らかにしたい。

そのためには根源から断ち切らなければならず、子供をおとりにして現場を抑えるべきではないかと考えていた。

しかしそれは少なからず子供たちに危険が及ぶということ。

ダイヤにとって一緒に過ごした孤児院の子供たちは大切な友人のはずで、そんなダイヤの心情を考えると、リサたちはその作戦を実行すべきかどうか迷っていた。

ねお

ダイヤって一応7歳だよね?
そんな難しい選択をせまっちゃっていいのかな。

しかしダイヤの返答は、明快なものだった。

リサたちの作戦を支持するという。

すぐに子供たちを助けるほうが、危険にさらすかもしれない。

何より公爵家の人たちが、全力で子供たちを助けようとしてくれていることをダイヤはわかっていた。

そんなダイヤのしっかりとした返答と、頭の回転の速さに改めて驚愕するリサたち。

同時に、重いものをため込んでしまってはいないだろうかと心配するリサ。

思わずダイヤを抱きしめる。

そして公爵家の名にかけて、子供たちを助けることダイヤに誓うのだった……。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
19話20話21話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『20話』の感想

善良な孤児院ではないことはわかっていたことですが、思っていた以上に複雑で悪い孤児院のよう。

すでに売られていってしまった子供たちは、どうなってしまったのかも気になります。

みんな無事助け出されることを願います!!

まとめ

以上、「家族が私に執着します」の20話のネタバレ記事でした!

「家族が私に執着します」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる