【ピッコマ】家族が私に執着します『17話』のネタバレと感想

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「家族が私に執着します」の17話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『17話』のネタバレ

アメリダとの交渉

リサとマルチアナは、拘束されているエウラリ家の私生児アメリダのもとを訪れていた。

それもアメリダがリサに話があると言ったためだ。

本来ならそのような話に、公爵家当主でもあるリサがわざわざのってやる必要はない。

しかしあとがなくなってしまったアメリダが、一体どのような交渉をしてくるのか気になったリサは、その話にのることにした。

果たして、アメリダはどのような交渉をリサにしてくるのか……。

ラジ

アメリダって、ダイヤの股間蹴られて簡単にやられちゃったあいつのことだよな。

アメリダは自身の保護を要求してきた。

ただでさえ私生児のため、エウラリ家に居場所がなかったアメリダ。

そのうえ襲撃に失敗したことにより、いよいよエウラリ家から追われる身になってしまった。

そのためエウラリ家と敵対しているレオカディア家に身を寄せ、力をつけようと考えたのだ。

すべては自分をずっと蔑ろにしてきたエウラリ家に復讐するために。

そしてその代償として、アメリダが見せてきたのは誘拐され、亡くなったとされる第三子の映像で……。

レオカディア家の第三子

亡くなったとされる子の話題に、リサは表情は驚愕にかわる。

アメリダの胸ぐらをつかむと、お前は何を知っているのだと強い口調と険しい顔で問い詰めた。

ねお

黒幕もわからなければ、まだ遺体もみつかっていないから、生きているって希望を捨てることもできず……。
ただでさえかわいい我が子。
リサもつらいよね。

しかしアメリダも詳しいことは知らないと言う。

そして自身の関与も否定した。

実際、その映像には確かに第三子の様子を映っていたが、誘拐犯の顔などは何も映っていなかった。

リサの目に涙が浮かぶ。

忘れようと思いながら、忘れられない我が子の姿。

生まれてすぐに誘拐されてしまった。

その姿は姉であるマルチアナにそっくりで、そしてダイヤにも似ていた。

アメリダから映像を渡されたリサは、アメリダの処遇について決断し……。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
16話17話18話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 家族が私に執着します『17話』の感想

親としてはツライですよね……。

そしてダイヤとレオカディア家には、何のつながりもないのかも気になるところです。

第三子の誘拐についても、いつか明かされる日がくるのでしょうか。

次回が気になります!

まとめ

以上、「家族が私に執着します」の17話のネタバレ記事でした!

「家族が私に執着します」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「家族が私に執着します」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる