【ピッコマ】枯れ枝のラーガ『22話』のネタバレと感想

\ 「枯れ枝のラーガ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「枯れ枝のラーガ」の22話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 枯れ枝のラーガ『22話』のネタバレ

目の絵を押すと…?

テーマパーク「迷宮の館」の中。

アルケリスの震える指先が、目の絵を押そうとした時、戻れという声が頭に響いた。

アルケリスの手が止まる。

この館には人喰い鬼がいるかもしれないのだ。

だが、立ち止まっているわけにはいかない。

アルケリスの震える指先が、目の絵に再び近付く。

目を押すと扉が開いた!

壁の一部が開き、下へ続く長い階段と、その先の闇が見えた。

切れかかっている電灯がチカチカ光っている。

アルケリスは生唾を飲み込み、階段を下り始める。

背後で扉が閉まったため、ビクリとした。

ラジ

怖っ!どうやって帰るの?

ホルマリンのような臭いがする。

それは、迷宮の館に入った時も感じた臭い。

死体の防腐処理に使われるホルマリンの臭いがなぜするのか?

悲痛な文字

アルケリスが歩いていると、前方にドアが。

取っ手を掴んだ。

アルケリスは先程から背後に嫌な気配を感じる。

ドアを開けてから、何かいるのかと後ろを振り返った。

通ってきた階段の壁には、怨念、悲願、憤怒、憎悪などが込もった文字がびっしり書かれていた。

助けて、抜け出せない、怖い、神に見捨てられたなど。

文字の中には、天空の島の一族「ゼン族」の文字や、絶滅したとされている「龍族」の文字まで。

文字は、貧民層の象形文字と異種族の文字が混じっている。

酷い臭いに、アルケリスは鼻を手で覆い、目を閉じる。

臭いがキツくて目も開けられないのだ。

アルケリスが歩き続けると、次は鉄格子のドアが。

何かが襲ってきたので、シールドを張った。

それでも壁に叩きつけられてしまう。

奴は一瞬で消えた。

その速すぎる動きは人間ではなかった。

ミノたちも奴に攻撃されたのだろう。

ねお

何かは、遺体で発見された令嬢に噛みついた奴?

アルケリスの背後で、ギーッギーッという音がする。

いけないとは思いながらも、アルケリスが思わず振り向くと…!?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
21話22話23話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 枯れ枝のラーガ『22話』の感想

ゾクゾクする展開でした!

次々と違うドアが出現するのは、ゲームの世界に迷い込んだかのような感じでした。

アルケリスはシールドの魔法を使えるので、何かに襲われても助かりましたが、ミノたちは大丈夫でしょうか?

まとめ

以上、「枯れ枝のラーガ」の22話のネタバレ記事でした!

「枯れ枝のラーガ」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「枯れ枝のラーガ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる