【ピッコマ】枯れ枝のラーガ『20話』のネタバレと感想

\ 「枯れ枝のラーガ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「枯れ枝のラーガ」の20話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 枯れ枝のラーガ『20話』のネタバレ

象形文字の疑問点

ミノたちが「迷宮の館」1階の捜査に向かってから、10分経過。

アルケリスの手元の映像石はまだ反応がない。

アルケリスは先程見た象形文字が気になる。

この館は貴族や富裕層向けの観光地なのに、なぜ花柳界で使われる象形文字が?

アルケリスは雨降りの外を窓越しに眺めながら、事件のことを考える。

そんな時、通信機器が鳴った。

ミノたちと繋がったようだ。

映像石を通して象形文字の映像が送られてきて、アルケリスは文字の解読を頼まれた。

映像がブレブレなので、アルケリスはプッと吹き出す。

映像石を持っているシュンが怯えて震えているようだ。

先程アルケリスが見せられたのは地下の写真だったが、今送られてきているのは1階の映像らしい。

ラジ

シュンは意外とビビリなんだw

アルケリスは伝える。

先程の象形文字と同一人物の筆跡らしいこと。

象形文字は下流階級の人たちが作ったこと。

映っている象形文字は花柳界の言語であることを。

入場料が高いこの館に下流階級の象形文字が書かれていることに、ミノは大声で疑問を述べた。

かなり前に書かれた象形文字のようだ。

象形文字の内容

アルケリスは象形文字の内容を伝える。

「この迷路で、翼のある何かに追われてる」だと。

それを聞いたミノ、ヒルダー、シュンはゾーッとする。

見つかった文字は同じような内容の殴り書きで、切実さが感じられる。

テーマパークのプレオープンの時、来場者で身元が不確かな人が1人いた。

ボーデン男爵だ。

ボーデン男爵はプレオープンの時に起きた事故について詳しく明かさず、同行した花柳界の女性2人について何も話さなかった。

彼女たちの記録が残っていないのは、彼女たちの「階級」のせいだろう。

行方不明の彼女たちの無事を祈ったアルケリスは、生きる価値について考え…。

ねお

自ら死のうとしていたアルケリスが、生きることに少し前向きになったかも?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
19話20話21話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 枯れ枝のラーガ『20話』の感想

少しずつ謎が明らかになってますが、まだ分からないことだらけ。

花柳界がいきなり出てきて驚きました。

シュンが見かけによらず、ビビリで可愛らしい。

行方不明の女性たちが無事だといいのですが。

だんだんミノたちのことが心配になってきました。

無事に戻ってきてほしいです。

まとめ

以上、「枯れ枝のラーガ」の20話のネタバレ記事でした!

「枯れ枝のラーガ」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「枯れ枝のラーガ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる