【ピッコマ】カンストからのレベルアップ『24話』のネタバレと感想

kansto24

\ 「カンストからのレベルアップ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「カンストからのレベルアップ」の24話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | カンストからのレベルアップ『24話』のネタバレ

チームリーダーの責任

ジョーは、木のみを取っているに炎毒猿の目の前に立つと、テレポートを使った。

モンスターをテレポートで高いところに移動させて落とす、というテレポートの使い方をツルギに示していたのだ。

高さは150mまでしか行かないが、翼が無いモンスターなら十分倒せる。

テレポートの範囲は目に見える範囲のみ。

ジョーの説明を聞いていたツルギは、テレポートについてを理解する。

そして、早速木の枝の間にテレポートをしてしまう。

使えはするものの、慣れるには時間がかかりそうだとツルギは話す。

炎毒猿の団体も倒した、ということで一行は休憩をとる。

ユーミは呑気だ、というがジョーは2人のおかげで休憩できる余裕ができたと答える。

食事でも…と誘うジョーだったが、ユーミは取り付く島もない。

ジョーは諦めて、ツルギに話しかける。

スーパールーキーは違う、と褒めるとツルギは鼻高々に話し始める。

ジョーも鍛錬を積めば、いつか俺のようになれると天狗になりながら言うツルギ。

ユーミはその姿にイラっとする。

そしてツルギはツルギにしか使えない方法で強くなったから、ツルギからは学べないだろうと忠告する。

ジョーは分かっているが、自分はチームリーダーだから満足してはいけないと返す。

何かあった時に後悔しないように強くなりたい、と続けるジョーに少し警戒を解くユーミ。

チームリーダーとして過ごしてきたユーミには、ジョーの気持ちがわかるとつぶやく。

ラジ

ユーミが少しジョーと仲良くなったわね!

直感スキル

ツルギは、これからどうするのか考える必要があると話す。

炎毒猿は、数が多くスピードが速いモンスターだ。

ジョーがテレポートを使って連れてくるのにも限界があり、なかなか終わらないと予想される。

広範囲で敵の気が引けるスキルがあれば…と話すジョー。

ユーミはそんなことをしたら手に負えないほどモンスターが来るかもしれない、と怒る。

その話を聞いてツルギは何かひらめいたようだ。

ツルギには「威厳」という威厳を出せるスキルがある。

周りの尊厳と信頼の感情を自由に引き出すことができるスキルだ。

以前使った時は、モンスターを圧倒するだけで使い道がなかった。

ただ、意志を具現化する心剣と合わせて使うと、対象を自分の命令通りに動かすことができた。

このスキルをうまく調整すれば、炎毒猿を集められるのではないかと考えたのだ。

ツルギは早速そのスキルを使ってみると…。

ねお

ツルギのスキル、うまくいくかな?

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話▶
23話24話25話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | カンストからのレベルアップ『24話』の感想

やはりツルギはスキルを使いこなすのが速いようです。

まだ失敗してはいますが…すぐに使いこなせそうですね。

さあ、ツルギがモンスターを集めるために使ったスキルはどうなるのでしょうか?

騒動を起こさなければいいのですが…。

まとめ

以上、「カンストからのレベルアップ」の24話のネタバレ記事でした!

「カンストからのレベルアップ」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「カンストからのレベルアップ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる