ピッコマ | 「実は私が本物だった」の最新話55話と全話ネタバレ一覧

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

「実は私が本物だった」は、yuun・Marchさんが書く恋愛漫画です。

主人公のキイラは、大公である父に愛してもらうために懸命に努力を重ねてきた。

ところが、突如現れたコゼットが大公の実の娘を名乗り、彼女の言い分が一方的に認められてしまう。

帝国中を混乱させたとして斬首刑を言い渡されたキイラは、処刑執行の瞬間、コゼットが現れる前の過去にタイムスリップ?!

今度は思うがままに生きると誓ったキイラの第2の人生が幕を開ける。

今回はそんな「実は私が本物だった」を実際に読んでみたのであらすじをネタバレしていきたいと思います。

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

目次

「実は私が本物だった」の全話のネタバレ一覧

実は私が本物だった」の1話〜最新話のネタバレ一覧
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話 52話 53話 54話 55話

「実は私が本物だった」の登場人物

キイラ・パルビス

由緒正しきパルビス家の公女。

幼い頃に母をなくし、親からの愛を渇望してラディックに気に入られるよう必死に取り組んでいた。

無実の罪で処刑されてしまい、何故か2度目の人生の機会が巡って来る。

コゼット・バインベルク

突如、ラディックの前妻であるロエナ・バインベルクの娘として現れた少女。

表向きの品行方正な態度や容姿などを理由に、ラディックの実の娘と認定された。

ラディック・パルビス

冷酷な堅物として有名なパルビス家の当主。

精霊士になれる娘が1人だけ生まれるという神託から、実の娘がキイラとコゼットのどちらなのかを見極めんとする。

ジョセフ

パルビス騎士団の副団長を務める騎士。

実力は折り紙付きで、他の騎士からの信頼も厚い。

「実は私が本物だった」の1話〜最新話のネタバレがコチラ

「実は私が本物だった」の1話のネタバレ

広場に集まった観衆は、公女として育ったキイラを大勢を騙した悪魔とののしる。

手と口を拘束され、ただただ失意にうなだれるキイラ。

実はキイラはまったくの無実であり、真実を知るコゼットによって陥れられたのだった。

処刑執行の前日、コゼットは自ら大公の本当の娘ではないことをキイラにだけ自白。

キイラこそが正真正銘ラディックの娘であると知りながら、実の娘を語っていたのだ。

パルビス家は誇り高き水の精霊士の末裔として有名で、現大公のラディックには偉大な精霊士となれる娘が一人産まれるとの神託が下っていた。

そんな中、コゼットが先に精霊士としての能力を開花させたことで、キイラが偽物の公女と認定されてしまったのである。

キイラは成す術もなく処刑台へと連行され、ほくそ笑むコゼットの忌々しい顔を見ながら最期を迎えてしまった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の2話のネタバレ

コゼットがラディックの前に現れた時のこと。

当然、キイラは亡くなった母と自身の潔白を疑わずにいたが、ラディックは2人の娘を平等に扱うと言う。

翌日からコゼットはキイラと同じ待遇を受けることに。

平民として育ったコゼットにはマナーが備わっていなかったが、高貴で近寄りがたいオーラを放つキイラとは対照的できさくな性格だった。

メイドたちはコゼットに親しみやすさを覚え、徐々にコゼットの肩を持つようになる。

キイラが一人で剣の練習をしているところへ、呑気に話しかけに来たコゼット。

本性をあらわにして、キイラの母親を侮辱する。

キイラは怒りをこらえきれず…

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の3話のネタバレ

剣を突きつけるキイラと、へたり込むコゼット。

その場に駆け付けた使用人たちからは、キイラが一方的にコゼットに暴力を働いたと勘違いされてしまった。

前大公妃であるロエナとの蜜月を思い出すラディック。

コゼットの穏やかに微笑む姿が、身体の弱かったロエナと重なって見えるのだった。

また、コゼットの目と髪の色が自分にそっくりなのも相まって、慎重に判断すべきと分かっていてもどうも真実味を感じてしまう。

その夜、キイラはコゼットへの態度をラディックから咎められてしまった。

母を侮辱されたとからだと必死に理由を説明するキイラだが、ラディックはどちらが実の娘かどうかはいずれ判明することだと言う。

母娘ともども信じてもらえなかったことにショックを受けるキイラに、追い打ちをかけるようにコゼットは信じられない言葉を耳打ちしてきて…。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の4話のネタバレ

パルビス家の子孫には18歳からの3年間、パルビス騎士団の団長を任せられるという伝統があった。

団長といっても形式的で、実権は副団長が担う場合がほとんどだったという。

例にもれず、キイラは騎士団長としての務めを果たす日々。

しかし、キイラは経験豊富な副団長のジョセフ卿に対しても臆せず意見を言ったり、威厳を誇示したりと、厳格に対応していた。

コゼットの世話役のメイドたちは、そんなキイラが厚かましいと陰口を叩く。

メイドのミナが自分を「偽物の娘」扱いし、口ごたえまでしたので、キツいお仕置きをするキイラ。

メイド思いを装うコゼットがあんまりだとラディックに泣きつく。

メイドたちも口を揃えてミナをかばい、キイラは横暴な娘のレッテルを貼られてしまうのだった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の5話のネタバレ

些細な理由でコゼットのメイドに難癖をつけたとして、キイラはラディックから罰せられてしまう。

言い分を信じてもらえず、しばらく顔を見せるなとまで言われたキイラ。

コゼットはキイラが謹慎処分を受けている間に、見せつけるようにしてラディックとの距離を縮めていく。

父に振り向いてもらうには「精霊士」として覚醒するしかないと、キイラは能力の発現を心待ちにするが…

コゼットの誕生日会で、コゼットが精霊との交感に成功

精霊士となれる娘は1人との神託に基づいて、その瞬間からキイラが「偽物の公女」であると断定されてしまった。

そうして処刑台へと連行されたキイラは、あの日、命を落とした―――はずだった。

しかし、目を覚ましたのは寝室のベッドの上で…

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の6話のネタバレ

キイラは、まるで何も無かったのようにパルビス家で目を覚まし、どうなっているのか理解が追いつかない。

首を斬られた感覚は確かにあり、夢とは到底思えなかった。

自分は死後の世界に来たのだと思い込み、メイドのロゼなど生前お世話になった人たちの姿を確認して、関係のない人まで命を落としてしまったのかと不安になる。

特に弟のジークは、キイラの身の潔白を最後まで信じてくれていた大切な存在だった。

ジークから寝ぼけていると指摘されたキイラは、日付を聞いて仰天。

コゼットがパルビス家に現れる前の時期だったのだ。

過去に戻れた理由は判然としないキイラだが、新しい人生は父からの愛に固執せず、本当に自分を大切に思ってくれる人たちと共に歩みたいと感じる。

一方、父親のラディックもまた、不吉な夢を見ていた。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の7話のネタバレ

いつもなら、キイラがラディックの執務室に朝の挨拶に訪れる時間。

キイラがやって来ないことに何か思うところがあるのか、ラディックは医師を送るよう指示をする。

キイラは前回の人生での出来事を思い返していた。

キイラが目を覚ましたのは、コゼットが現れるちょうど2か月前。

最大の謎は、偽物であるはずのコゼットが、どうして精霊士として目覚めることが出来たのかということ。

そして、自分が過去に戻れた原因も調べてみないといけないとキイラは考えるのだった。

騎士団の入団試験に団長として顔を出すキイラ。

副団長のジョセフは実力のある騎士で、回帰前は威厳を保とうとして必要以上に彼に噛みついていたことを反省する。

ジョセフが処刑の間際まで自分をかばってくれた人物であったため、キイラはなんとか関係を修復したいと思い…

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の8話のネタバレ

ジョセフに対して、キイラはこれまでの言動を素直に謝罪。

突然のことに、ジョセフは驚きを隠せない。

入団試験の夜は、新人騎士の歓迎会が恒例となっていた。

いつも参加していたキイラだが、今回は欠席すると自ら申し出る。

これで心置きなく酒が飲めると浮足立つ騎士たちだが、キイラの不参加の理由を聞いて唖然。

親睦を深めようと思って毎回参加していたが、堅物の自分をお呼びでないと今になって気付いたとキイラが吐露したのだ。

キイラが飲み会をつまらないと思っているものだとの解釈は誤解だったことに騎士たちは気付かされて…

キイラは、朝の挨拶について今後は実施しないことをラディックに告げる。

また、団長職を下りたいとも話すのだった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の9話のネタバレ

キイラがこのタイミングで団長職を辞することにしたのには理由があった。

そもそもコゼットが現れた時点で、団長を下りなければならなくなる。

精霊士や過去に戻る魔法など調べたいこともたくさんあるため、どうせ辞めるのなら早い方が良いと考えたのだ。

とりあえず、自分には荷が重いとして休暇をもらうことになったキイラ。

ラディックは、キイラがいつの間にか自分を「閣下」と呼ぶようになっていることに気付く。

ジョセフはキイラをあらためて歓迎会へと誘う。

自分が参加したら迷惑なのではと答えるキイラに、みんな近寄りがたいと感じていただけだと説明。

騎士たちは公女を嫌うどころか誇りに思っていると言われ、キイラは自分の努力が報われた気持ちになる。

騎士たちの飲み会は、かなり賑やかなもので…

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の10話のネタバレ

キイラが飲み会の楽しみ方を知らないだけだと理解した騎士たちは、キイラの参加を歓迎してくれた。

一緒にお酒を飲み交わすうち、キイラは騎士たちとの距離を縮めていく。

段々と酔いが回ってきて、普段は口にしないことまで話していくキイラ。

ラディックが冷たすぎるとの愚痴に、騎士たちは賛同してくれるのだった。

キイラが心から楽しんでいる様子を、離れたテーブルからジョセフが意外そうに見つめていた。

結局、キイラは酔いつぶれて眠ってしまったので、女性騎士のレイラが介抱することに。

騎士の一人がキイラの性格を可愛らしいと表現したのを、無礼だと注意するジョセフ。

しかし、気を張り詰めていたキイラが実は不器用で真っすぐな人物だと知って、胸をときめかせていた。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の49話のネタバレ

コゼットがジョアンナのもとを訪ねたのには「精霊石」が関係しているかもしれないと怪しむキイラ。

夜遅くにロゼを呼んで、執事のゴードンに頼みごとをしに行く。

地下室にあるワインをあけたいが、時間が時間なのでジョアンナの手を煩わせたくないと、ゴードンにお願いしたのだ。

何かを察したゴードンは、キイラにそっとあることを告げる。

その様子を見ていたメイドのエミリーは、報告があるとコゼットの部屋の扉を叩いた。

思わず、したり顔になるコゼット。

昼間にわざと吹き込んだ「精霊石」をキイラが探しに行ったに違いないと確信する。

そこで、侵入者が地下室にいると大々的に騒ぎ立てて、使用人や騎士で地下室の出入り口を固めさせた。

ここでキイラが現れれば、不利な立場となってしまうが…

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の50話のネタバレ

キイラが出て来るのを今か今かと待ち望むコゼットだが、顔を出したのはキイラのメイドのロゼだった。

使用人たちは侵入者ではなくて良かったと一安心するも、コゼットは納得がいかない。

そこへ、家主のジョアンナも騒ぎを聞きつけてやって来る。

コゼットは、キイラが地下室の鍵を無断で持ち出したのが怪しいと主張。

キイラは、精霊石に用があるならジョアンナに直接お願いしたと、今回の件との関係性を否定した。

「焦ったキイラが能力の発現を急ごうと、精霊石を手に入れようとした」というコゼットのシナリオは白紙に戻ってしまう。

キイラはちゃんと許可を得ていたとゴードンも証言し、冷ややかな視線を浴びることとなったコゼット。

曖昧な情報を伝えてきたエミリーの方を恨みがましく振り返ると、彼女はいい気味だといった表情でコゼットを見ていた。

その後、キイラは上手く取り計らってくれたエミリーを労うのだった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の51話のネタバレ

コゼット側に丸め込まれたと思われていたエミリーだが、コゼットの接触を予期していたキイラは事前に対策をしていた。

願望をチラつかせた相手に有効なモノを与えて味方に引き込むのはコゼットの常套手段。

エミリーにはわざとコゼットの前で貴族の装いへの憧れをアピールさせ、内密にコゼットの監視役にすえたのである。

これにはロゼもすっかり騙されていた。

騒動の翌日、コゼットは姿を現さず、キイラはジョアンナと2人でお茶をする。

おそらく、コゼットは「精霊石」のことをバインベルク伯爵から聞いたと思われる。

しかしながら、「精霊石」自体には精霊士の能力の発現を促す効果はないため、狙いが分からない。

キイラの身を案ずるジョアンナ。

自分には味方がいるから大丈夫と語るキイナは、後日、エレズとどこかへ出掛ける。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の52話のネタバレ

コゼットの件について、キイラはエレズに現状を報告する。

エレズは、現役の精霊士の言葉には影響力があるため、ジョアンナがコゼットを怪しんでいるのはキイラにとって良い傾向だと言う。

例の騒動で少しはコゼットを牽制できたかと思いきや、事態はそう簡単ではなかった。

バインベルク伯爵が抗議文を送って来たのだ。

内容はパルビスの血統が証明されていないキイラに、爵位があるのがおかしいというもの。

回帰前にも同様のことがあり、惨めな醜態をさらすまいと、当時はすぐに騎士団の団長からも退いたキイラ。

騎士団とも打ち解けることができた今は、もう少し頑張ってみたいと思うようになっていた。

エレズは、自分が用意した護身用の指輪をキイラに身に付けるよう注意する。

サイズが合わなかったと言うと、エレズが突然手に触れてきたので、キイラは赤面。

初心な反応をエレズは面白がるのだった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の53話のネタバレ

騎士団のもとに久しぶりに顔を出すキイラ。

ジョセフがコゼットから呼び出されたことを知り、何事かと急いで探しに行く。

騎士団の団長はジョセフにこそふさわしいと話すコゼット。

ジョセフにはキイラを追い抜きたいという気持ちがあるはずだと、暗に出し抜く策を提案しようとしていたのだ。

しかし、ジョセフは一向になびかず、今後はコゼットを敵視するとまで告げた。

一人で戻ろうとしたジョセフは、キイラに先程までの会話を聞かれていたことに気付いて恥ずかしくなるが、キイラを認めているのは騎士団の総意だと伝える。

キイラはその言葉に励まされ、ラディックに団長復帰を伝えようと決めた。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の54話のネタバレ

ラディックは、コゼットが現れてから娘たちの扱いのことで皇帝から釘を刺されていた。

精霊士になるという神託を受けている公女の存在には、帝国中が注目している。

だからこそ偽物には厳格な処罰をとのお達しだった。

キイラは、バインベルク伯爵の申し立てを不服として、騎士団長の座から下りるつもりはないとラディックに告げた。

パルビス公爵家が、伯爵の言葉に耳を貸すことは無いと主張したのだ。

ラディックは、キイラの言い分を受け入れ、バインベルク伯爵を戒めると約束する。

話の最後に、キイラが私的な空間では「お父様」と呼んでくれていたと以前までの呼び名を指摘するラディック。

すぐに発言は撤回されたが、キイラはラディックの変化に戸惑いを隠せない。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「実は私が本物だった」の55話のネタバレ

皇女のアラベラからティーパーティーに招待されたキイラ。

ジョアンナに続いてジョセフを味方につけるのに失敗したコゼットは、ふさぎ込んでいた。

アラベラは、以前見たキイラのカンニングペーパーの話を持ち出してからかってくる。

会場で一人浮いてしまうキイラだが、ダフネが声をかけてくれて何とかテーブル席にありつけた。

皇帝陛下に謁見したエディンバラ侯爵は、孫のキイラが偽物ではないかと疑われていることに納得がいかない。

皇宮の庭でキイラを発見し、誰もいない所へと連れ出して話をする。

そして、バインベルク伯爵がコゼットと共に現れる前から、キイラが潜伏場所を作っておく必要性を示唆していたため、現状を予期していたものとして問い詰めた。

ロエナに関する情報を先に教えて欲しいとキイラが頼むと、 エディンバラ侯爵はロエナが不妊ではなかったと告げる。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

ピッコマ | 「実は私が本物だった」を全巻無料で読める電子書籍サイト・アプリはある?

結論から言うと「実は私が本物だった」を全巻無料で読むことはできません。

しかし、電子書籍サイトを利用することで通常よりもお得に読むことができますよ!

ラジ

「実は私が本物だった」を全巻無料で読める電子書籍サイト・アプリがあるかまとめてみました☆

サイト名配信状況

ピッコマ

配信あり
今すぐ読む!

待てば無料で読める!

コミックシーモア

配信なし
詳細はこちら

1冊50%OFFクーポン

BookLive!

配信なし
詳細はこちら

1冊50%OFFクーポン

eBookJapan

配信なし
詳細はこちら

6回使える半額クーポン

まんが王国

配信なし
詳細はこちら

最大50%還元

Amebaマンガ

配信なし
詳細はこちら

【期間限定】100冊半額キャンペーン中!

コミックjp

配信なし
詳細はこちら

30日間の無料体験に登録すると1,200ポイント付与

ひかりTVブック

配信なし
詳細はこちら

無料体験に登録すると1,170ポイント付与

U-NEXT

配信なし
詳細はこちら

無料体験に登録すると600pt付与

DLsite

配信なし
詳細はこちら

無料登録すると300円オフクーポン

「実は私が本物だった」を配信しているのはピッコマのみになります。

そしてピッコマ最大の特徴である「待てば¥0」を使うことで「実は私が本物だった」を完全無料で読むことができます!
※最新話が有料のケースもあるので最新情報はピッコマ公式サイトでご確認ください。

この機会にぜひピッコマで「実は私が本物だった」を無料で読んでみてくださいね!

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

まとめ

以上「実は私が本物だった」の最新話〜全話ネタバレ一覧でした!

「実は私が本物だった」をお得に読みたい場合はピッコマがオススメなのでぜひ、この機会にピッコマで読んでみてくださいね!

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる