ピッコマ|「ダンジョンリセット」の最新話98話と全話ネタバレ一覧

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

原作DAUL、作者ANTSTUDIOが描く異世界系ダンジョンマンガ。

そのダンジョンには少し変わったことがあった。

それはなんと一度プレイしたダンジョンはリセットされるということ。

一度誰かがクリアすれば、ダンジョンがリセットされ、また次の参加者が使用するというものだった。

そんななか、唯一リセットされないものがあった。それは、、、

今回はそんな作品を実際に読んでみたのであらすじしていきたいと思います。

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

目次

「ダンジョンリセット」の全話のネタバレ一覧

「ダンジョンリセット」の1話〜最新話のネタバレ一覧
1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話 52話 53話 54話 55話
56話 57話 58話 59話 60話
61話 62話 63話 64話 65話
66話 67話 68話 69話 70話
71話 72話 73話 74話 75話
76話 77話 78話 79話 80話
81話 82話 83話 84話 85話
86話 87話 88話 89話 90話
91話 92話 93話 94話 95話
96話 97話 98話 99話 100話

「ダンジョンリセット」の登場人物

奏多

突然招集され、命がかかったダンジョンゲームへの強制参加を強いられる。

与えられた武器も、スキルも全く戦闘向きではなく、参加者からもお荷物だと目をつけられいじめを受ける。

しかし彼は、後にこのゲームの「バグ」となる。

ゲームの参加者の一人。

好青年であり、参加者からの指示も厚くリーダー的な役割を発揮している。

奏多のことを気にかけてくれている唯一の理解者。

案内役

このゲームの案内役と名乗っている。

容姿はウサギのぬいぐるみの様で可愛らしい。

案内役に逆らったものは殺すと、成人男性を一撃で殴り殺すことができる力を持っている。

まだまだ謎多き存在。

「ダンジョンリセット」の1話〜最新話のネタバレがコチラ

「ダンジョンリセット」の1話のネタバレ

一ヶ月前のことである。

街を歩いていた奏多は、いきなり現れた謎の光とともに、とある場所へと招集されたのであった。

そこにはたくさんの人が集まっており、年齢や性別もさまざま。

そこへウサギの姿をした「案内役」と名乗るキャラクターが登場し、みなさんはゲームに招待されたのだと告げる。

ゲームになんて興味ないといったとある男性は、怒りのあまり案内役に殴りかるのですが、頭をぶん殴られ即死するのであった。

これによりそこにいた全員が、これは冗談ではなく現実だということを認識し、恐怖に怯え始めたのである。

ゲームのルールは、「死んだらアウト」「案内役に逆らうと殺される」の2つ。

そうして案内役からそれぞれに武器とスキルを渡され、ゲームはスタートした。

奏多に与えられたスキルは、戦闘には何の役にも立たないスキルであったため、意地の悪い参加者からいじめを受けるのだが、唯一かばってくれたのが航という青年であった。

そして現在、巨大な岩に追いかけられながら、罠だらけの道を逃げ惑う参加者たち。

そこで奏多は落とし穴にハマり、下に備えてあった剣山に突き刺さり瀕死状態。

航は上から必死に呼びかけるのだが、自分の身にも危険が迫っており、泣く泣く奏多を見捨て走り出すのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の2話のネタバレ

航の活躍によりラスボスを倒した一行は、これで家に帰れると一安心。

しかし案内役から、ここは第一ステージであり、これから次のダンジョンへ移動すると告げられるのであった。

これには全員絶望するのだが、案内役はクリア報酬があると伝え、光を撒き散らすと、参加者の体力や傷が、みるみるうちに回復するのであった。

そしてその光は、落とし穴の底でかろうじて生きていた奏多の元にも降り注ぐのである。

奏多の傷は癒え、体力も回復したのだが、目の前にウィンドウが現れ「ダンジョンがリセットされる」との表示。

すると、ガタガタと音をたて、落とし穴の入り口は塞がれ、剣山も地中へと戻っていくのであった。

そこへ現れた案内役は、生きている奏多を見つけて驚愕。

案内役は諸々調べるのだが、ゲーム側が奏多のことを死亡者だと判断しているため、存在がバレると面倒なことになると判断し、このままここで餓死するよう命じるのであった。

しかし奏多は、ここからの脱出を決意するのである。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の3話のネタバレ

奏多はとりあえず、持ち物から食料を取り出して空腹を満たし、作戦を練るのであった。

そうして思いついた作戦は、さらに穴を深く掘って地下から脱出するというもの。

早速実行し、かなり深くまで掘り進めたところでウィンドウが現れ、新たなスキルを手に入れたのである。

それはなんと、「泥だんごの達人」というもので、土を早く固めることができるのだそうだ。

奏多は拍子抜けといった様子だったが、地面に手をかざすだけで、土が吸い上げられるかのように手のひらサイズの泥だんごが出来上がったのである。

落とし穴を伺いにきた案内役は、底に穴を見つけ、多少のあがきは許そうといった様子。

そして奏多の死体を探すため、穴をたどって進むのだが、かなり深くまで続いており、さらにはどんどんと広くなっていき、少し焦りを見せる案内役。

かなり進んだところで灯りが見え、近づくとそれは松明だった。

何か怪しいと感じ少し先へ進むと、広けた空間に行きつき、そこにはなんと土で作られたベッドやテーブルがあり、そこで優雅に暮らす奏多の姿を発見したのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の4話のネタバレ

案内役は、地底生活をしている奏多に少し感心をするのだが、放置して大丈夫だと判断し立ち去ろうとした。

殺しに来たのかと思っていた奏多は、どういう意味かわからない様子。

すると突然、轟音が鳴り響いたのである。

それは次のユーザーがステージ1をクリアしたことにより、ステージがリセットを始めた音だった。

リセットのことをすっかり忘れていた奏多は、元いた落とし穴まで戻らなくてはならないのである。

自分が深く掘ったせいで、落とし穴まではかなりの距離。

全力疾走するのだが、崩れ行くダンジョンからは大量の岩や瓦礫が降ってくるのであった。

案内役はこうなることを予想しており、ここで奏多が死ぬことを確信していたのである。

しかし揺れは次第におさまり、奏多の掘ったトンネルはなぜか崩れきることなくリセットが終わった。

どうも、エラーがとった行動はエラーとして処理され、ダンジョンのルールは適応されない可能性があるということだった。

生き延びた奏多に腹を立てる案内役。

しかしここで奏多から、なぜ自分の手で殺さないのかと問われたのである。

実は案内役にもルールがあり、その回のメンバーにつき1人のみ殺害していいというものだった。

なので序盤に1人殺したことで、奏多を自分の手で殺すことはできないのであった。

このことが奏多にバレると厄介なので、苦し紛れの言い訳をするのだが、奏多は何かしら少し勘づいている様子。

その時いきなり、壁にヒビが入り勢いよく水が流れ込んできたのである。

地下水が溢れ出したらしく、奏多は激しい水流に飲み込まれてしまうのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の5話のネタバレ

奏多は、穴掘りをしていたときにかなりの量で溜まっていた土塊を使用し、水流の出所を塞ぐという作戦に出た。

全ての土塊を使用し、大きな山を作るのだが、何せ泥だんごの集まりのため隙間は多くまだまだ水の勢いはおさまらない。

実は奏多の泥だんごスキルは、レベル5まで上がっていたため、丸ではなく変形することは出来ないかと試みると、丸は徐々に形を変え、角柱に変形させることに成功したのである。

そしてそれを組み合わせて使用し、完全に水流を食い止めることができるのであった。

その全ての様子を上から見物していた案内役は、奏多を少し脅威に感じ始めたのである。

その後、奏多は水溜りを見つけ、先程のスキルを利用し、塀を作り、ライオンの噴水まで作り、泥を自由自在に操りながら豪華な池を完成させたのである。

案内役はスキルの無駄使いだと指摘するのだが、ここでノルマ達成のウィンドウが出現し、報酬として「池に魚が住み着く」と表示されたのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の6話のネタバレ

本当に池に魚が出現し、これで飢える心配がなくなったと奏多は安心するのであった。

奏多は夕食の準備に取り掛かり、火を起こして肉や魚を焼くのだが、案内役はそれに対して焼き加減などを口出ししていた。

案内役は、奏多が死ぬところを見届けないといけないため、ずっと近くにいるのである。

奏多は食事を終えその場で眠りにつくのだが、それを見た案内役は不敵な笑みを浮かべるであった。

案内役は、この後起こる出来事を予想していたのである。

奏多がぐっすりと眠っているところに現れたのは、一角イノシシというモンスターだった。

夕食の匂いを嗅ぎつけてきたのである。

イノシシは奏多にかなり接近していたのだが、寝ぼけていた奏多の突き上げた拳がクリーンヒット。

その衝撃で目を覚ました奏多は、この状況に唖然。

怒っているイノシシは奏多めがけて突進、奏多は吹っ飛ばされ流のであった。

奏多は航の言葉を思い出すことにより対策を思いつき、スキルで土壁を作り上げそこへ登り、イノシシの突進をうまくかわすのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の7話のネタバレ

一角イノシシはステージ1の最強モンスターであり、一瞬のミスでも殺されてしまうレベルであった。

奏多はさらに分厚い壁を作るのだが、いとも簡単に破壊されてしまう。

これには奏多も驚くのだが、こうなれば必殺技を使用すると宣言し、土塊をどんどんと集め巨大化させ、元気玉のようなものを作り上げたのである。

しかし、奏多の腕力では支え切ることができず、イノシシへ投げつけるどころか、手元で落としてしまい、あっけなく崩れてしまうのであった。

イノシシは付き合っていられないといった様子で、奏多に向かって猛突進。

その突進は奏多をかすめる程度だったのだが、それでも相当のダメージを受けるのであった。

そこで奏多は死を覚悟することになる。

しかし、退治できれば美味い肉が食べれることを想像すると、俄然やる気は上がり次の作戦に移るのであった。

イノシシは奏多を見つけて突進すると、奏多の手前には大きな窪みが作られており、足を取られてしまうのであった。

まさかの出来事に驚きつつ、再び立ち上がり体制を整えようとするのだが、そこへ大量の泥だんごが頭上から降り注ぎ、生き埋め状態にされてしまったのである。

奏多の完全勝利だ。

これを見ていた案内役は、あまりに優れた応用力を持つ奏多を、危険人物だと認定するのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の8話のネタバレ

生き埋めにしたイノシシを探し当てた奏多は、手際良くナイフで捌いていくのだが、その姿を見ていた案内役は、元の世界で何をやっていた人物なのかと興味が湧いてくるのである。

イノシシの焼き肉を始めるのだが、昨夜の様に、また食事の香りが外までもれてしまっていた。

案内役から、これではさらにモンスターが集まってくるだけだと脅されるのだが、奏多にはその対策はもう思いついていたのであった。

道具から鉄骨を何本も取り出し、地面に突き刺し剣山を作りあげたのである。

奏多がもともと引っかかった罠の再現であった。

これには案内役も呆れた様子で、モンスターをバカにし過ぎだと非難したのだが、上を見上げるとすでに、一角イノシシが1匹こちらを覗き込んでいたのだ。

さすがに飛び降りてくるまではないと考えていたその時、イノシシは穴に飛び込んでしまい、剣山の罠にかかったのである。

奏多の思い通りに進んでいくため、案内役は怒りをあらわにするのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の9話のネタバレ

舞台は航たちに切り替わり、みんな苦戦しているのだが、航の活躍により一角イノシシの死体が山の様に築き上げられていた。

航は、一角イノシシの討伐が100匹に達したということで、新たなスキルを手に入れていた。

それは一時的に身体能力が2倍になるというもので、これにより周りからの信頼感もさらに高まるのであった。

そこで、近くにモンスターの気配を感じとった航の判断により、ひとまず逃げることになるのだが、メンバーの1人拓海がイノシシの山を見上げ、奏多が生きていればこのイノシシも食料にすることができただろうと溢してしまう。

航の前で奏多の話は禁句であったため、他のメンバーが激しい勢いで拓海を止めるのであった。

航は奏多の存在がいかに重要だったかを理解しており、生き延びる上で誰よりも強い存在だったと認めていたのである。

その頃奏多は、イノシシの焼肉を楽しんでいるところであった。

イノシシが何度も罠にハマるのは、どうもリセットが原因であり、イノシシの記憶もリセットされているということがわかったのである。

そうこうしている間にも、また1匹罠に落ちてきたため、奏多はイノシシを担いで移動させようとするのだが、案内役はこの行動を見て驚くのであった。

奏多にそんな力があるわけないのである。

しかし奏多は、新しいスキルが手に入ったのだと説明し、イノシシを持ち上げ運んでいくのであった。

そのスキルとは、少し前、航が報酬として手に入れていたスキルと全く同じものだったのである。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の10話のネタバレ

奏多の得たスキルはイノシシを100匹倒した者に与えられるスキルなのだが、ステージ1には40匹ほどしかいないため計算が合わないのだそうだ。

そして奏多はバグであるため、討伐数もリセットされず継続してカウントされていることが分かったのであった。

そこにはリスのようなモンスターが生息しており、主食は骨。

食事をしていたリスは、骨を落としてしまうのですが、ちょうど穴に落ちてしまい、覗きこむとそこは深く地下へと続いているのである。

諦めきれないリスは骨を追いかけ、恐る恐る穴を辿ると、とある開けた場所に行き着くのであった。

落とした骨を見つけ、急いで駆け寄ると、なんとその近くに、落とした骨の何十倍もの量の骨を見つけてしまうのであった。

リスはとんでもない場所を見つけてしまったという様子で、その後何度もそこへ通い、骨をあさりに行くのである。

そして翌日、また地下へと向かうのだが、その日は様子が変わっており、お皿に骨が盛り付けてあったのである。

リスは駆け寄り、お皿の骨を一口かじるのだが、頭が爆発しそうなほどに美味しい骨であり、夢中になってむさぼってしまうのであった。

しかしそのお皿が置いてあった場所は、なんと奏多のお腹の上。

リスは一瞬気づき、身の危険を感じるのだが、骨の美味しさに勝てず、食事を続けてしまうのである。

しかし今回の奏多の目的は「仲良なること」だった。

リスもだんだんと警戒心が薄れ、食事中のリスにそっと手を近づけると、リスと触れ合うことに成功するのであった。

その瞬間、光が現れウィンドウが開いたのである。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の92話のネタバレ

深淵の海で仕留めた魚を、丁寧に調理していく奏多に、バハムートは少し怯えるのであった。

奏多は刺身にし、醤油や味噌や特性の果実酢などを使って食事を楽しんでいやのだが、そこへウサギが現れたのである。

アルファに呼ばれて来たのだそうで、調理に夢中になっていた奏多は、アルファの耳打ちを無視していたのであった。

そして本題は、奏多の仲間が危険だということがわかり、急いでタコゴーレムは出航するのである。

深淵の海の脅威は、深淵魚たちの襲撃ももちろんなのだが、さらに大きな問題が存在するであった。

それは深縁の鉄甲貝と呼ばれ、地面から2枚の巨大貝が突然出現し、人を飲み込んだままその口を閉じてしまうのである。

そしてその口が一度閉じられてしまうと、開ける方法は存在しないというのである。

そして、まさに今その中に航と毅が取り込まれてしまっていた。

拓海は貝の外で、応援を待っているという状況だったのだが、そこへ背後から怪しい影が忍び寄るのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の93話のネタバレ

影の正体は闇のネコであり、姿を隠しながら次々に松明を消火して行くという、厄介なモンスターが現れたのだ。

貝に閉じ込められている毅は、もう航の雷電を使うしかないと訴えるのだが、毅をまき揉んでしまう可能性のある作戦に、航は反対するのであった。

奏多なら何かいい方法を思いついてくれるはずだと、信じ切っている様子である。

やっと奏多が到着したのである。

奏多は拓海から簡単に状況だけ聞くと、すぐにゲートを設置し、奏多のゴーレム軍団が出現するのであった。

形勢は一気に逆転。

そして航たちが閉じ込められている貝を発見すると、持っていたアイテムから、兵隊アリの唾液を使用し、貝を溶かすという作戦に出るのであった。

すると、みるみるうちに貝は溶け、小さな穴ができたのである。

その穴から、アイテムであるアリの切断機を使って、少しずつ穴を広げていくのであった。

貝の硬さは尋常ではなく、すぐに刃崩れてしまうのだが、合計4本使用して、なんとか2人の救出に成功するのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の94話のネタバレ

外に出ることができた航は、試しに雷電を使って鉄甲貝を攻撃すると、粉々に砕けたため、航の力でも何とかなることが分かったのであった。

奏多はその破片を拾いあげ、あることを思いつくのである。

それは、その破片を上手く形成してゴーレムの鎧を作れば、弱点であった防御力が補填されるということだった。

この作戦を鉄甲ゴーレムと名付け、早速制作に取り掛かるのであった。

奏多が上手くおびき寄せ、航の電撃で貝を破壊し、効率よくたくさんの貝殻を収集することに成功するのである。

そんな様子を呑気に伺っていたウサギは、奏多に顔面を殴られ何でもいいから手伝うよう強要されるのであった。

ウサギはバハムートも遊んでいることを告げ口するのだが、バハムートはみんなを風で涼しませたり、冷たい飲みものを提供したりと、ウサギよりかなり役に立っていたのである。

ウサギは、奏多と別行動をとっていた数日の間に、自分よりもバハムートに気持ちが傾いていることを察し、愕然とするのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の95話のネタバレ

ウサギは拗ねてしまったのである。

それに見兼ねた奏多は、ゴーレムの胸当てにシンボルマークを入れようと考えているのだが、そのマークをウサギにしようか悩んでいるのだと伝えると、ウサギはあっさり機嫌を取り戻すのであった。

貝殻とアリの粘液を上手く使いながら、ゴーレム製作は順調に進んでいき、ようやく一体の鉄甲ゴーレムが完成したのである。

もちろん胸当てにはしっかりとウサギのマークも施してあった。

すると、ノルマ達成のウィンドウが開き、ゴーレムは鉄甲を自分の体だと認識することになり、破壊された場合鉄甲も一緒に再生されるということになったのである。

戦力が上がったことで、目標に向けて更なるスピードアップをはかるのであった。

しかしその数日後、沖田村長はここまで来たが遺跡の場所は検討がつかないと発言するのである。

ただ一つ覚えていることは、最も高い丘の上にあったということ。

その手がかりだけを頼りに、光を放つタコゴーレムを中心に進んでいくのだが、そこでいきなりまた闇のネコが現れたのである。

ネコは軽快に人の手を掻い潜り、タコゴーレムに向かって飛びついてきたのである。

そしてネコがタコゴーレムに触れた瞬間、太陽石の光が消えたのだった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の96話のネタバレ

バハムートから、闇のネコは恐ろしいモンスターであり、悪夢を見せ精神を疲れさせてくる魔物だということを知らされるのであった。

そこで奏多は良いことを思いつき、ウサギにネコ捕獲係を任命するのである。

奏多はタコゴーレムの足元ばかりに集まるネコを観察していると、影のあるところで活発的に行動していることに気づき、タコゴーレムを浮かせて影をなくし、闇のネコ対処に成功したのであった。

とあるところまで辿り着いた一行は、前方にゾンビの群れを確認。

沖田村長だけはこれを理解しており、かつてに亡くなった仲間や友人だったからなのである。

とうとう第3ダンジョン遺跡、悪夢の丘に辿り着いたのである。

ゾンビは幻想なのだが、実体をもっており、攻撃はしてくるしスキルも使って襲ってくるのであった。

奏多は仲間を信じてゴーレム作りに専念し、それぞれはゾンビとの激しい戦いを繰り広げ、どんどんと前進をしていくと、そこで目の前に巨大な謎の塔が現れたのである。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の97話のネタバレ

巨大な塔はサザエの形をしており、一同は呆然。

しかし村長だけは震えており、過去の記憶を思い出していたのであった。

村長が言うには、建物は螺旋状になっており、ぐるぐると登りながら度重なる幻想との戦いが待っているのだそうで、深淵魚が襲ってくる時もあれば、愛する人が現れたりもするのだそうだ。

ここは、ユーザーの精神が試されるステージだったのである。

奏多は、無駄な争いを避ける作戦を思いつき、タコゴーレムで頂上まで城壁をよじ登り、穴を開けてそこから侵入し一気に攻めるというものだった。

その作戦では、他のゴーレムが着いて来れないという指摘がはいったのだが、奏多はアルファを呼び出すのであった。

そしてタコゴーレム以外は、それぞれ関節に浮遊石を埋め込み体を軽くして、全員で頂上へ向かうと言うのだ。

かなりの大胆な作戦に、全員驚きを隠しきれなかったのだが、奏多と航の力は信じていた為、この作戦を決行することとなった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

「ダンジョンリセット」の98話のネタバレ

タコゴーレムの灯りを頼りに、上へ上へと進んでいく一行。

全員で協力しながら、襲いくる深淵魚と戦い、戦いに疲れた者は奏多が準備したふかふかのベッドで休息し、さらには深淵魚を煮付けにしたり寿司を握ったりと、食の面でも奏多は大活躍するのであった。

そこへ、浮かない顔をしたバハムートが近づいてき、闇のネコのお世話はいつまでしないといけないのか聞いてきた。

ネコが他の影へ逃げないように、バハムートには太陽石が括り付けられており、暑さから少しずつ溶け始めているのである。

奏多は、もう少しの辛抱だと励まし、光を食べるネコを操ることが出来るようになればバハムートの強い味方になると伝えるのであった。

頼られたバハムートは、俄然やる気が湧いてくるのである。

なかなか戦闘には参加しない奏多の行動が気になっていたウサギは、ずっと後をつけているのであった。

奏多が1人でこっそり座っていたため、ウサギは声をかけると、空中階段のスキルを練習していることろであり、色んな大きさや形、他の素材でも問題ないのか実験していたのである。

やたらと詳しく説明してくる奏多のことを、少し怪しいと感じたウサギは、その場を後にしようとするのだった。

しかしその時、笑顔の奏多に呼び止められ、手伝ってほしいことがあると告げられるのであった。

▶▷ネタバレ一覧はコチラ

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

ピッコマ | 「ダンジョンリセット」を全巻無料で読める電子書籍サイト・アプリはある?

結論から言うと「ダンジョンリセット」を全巻無料で読むことはできません。

しかし、電子書籍サイトを利用することで通常よりもお得に読むことができますよ!

ラジ

「ダンジョンリセット」を全巻無料で読める電子書籍サイト・アプリがあるかまとめてみました☆

サイト名配信状況

ピッコマ

配信あり
今すぐ読む!

待てば無料で読める!

コミックシーモア

配信なし
詳細はこちら

1冊50%OFFクーポン

BookLive!

配信なし
詳細はこちら

1冊50%OFFクーポン

eBookJapan

配信なし
詳細はこちら

6回使える半額クーポン

まんが王国

配信なし
詳細はこちら

最大50%還元

Amebaマンガ

配信なし
詳細はこちら

【期間限定】100冊半額キャンペーン中!

コミックjp

配信なし
詳細はこちら

30日間の無料体験に登録すると1,200ポイント付与

ひかりTVブック

配信なし
詳細はこちら

無料体験に登録すると1,170ポイント付与

U-NEXT

配信なし
詳細はこちら

無料体験に登録すると600pt付与

DLsite

配信なし
詳細はこちら

無料登録すると300円オフクーポン

「ダンジョンリセット」を配信しているのはピッコマのみになります。

そしてピッコマ最大の特徴である「待てば¥0」を使うことで「ダンジョンリセット」を完全無料で読むことができます!
※最新話が有料のケースもあるので最新情報はピッコマ公式サイトでご確認ください。

この機会にぜひピッコマで「ダンジョンリセット」を無料で読んでみてくださいね!

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

まとめ

以上「ダンジョンリセット」の最新話〜全話ネタバレ一覧でした!

「ダンジョンリセット」をお得に読みたい場合はピッコマがオススメなのでぜひ、この機会にピッコマで読んでみてくださいね!

\ ピッコマで無料で読む! /

会員登録も無料でできます☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる