【ピッコマ】どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ『19話』のネタバレと感想

\ 「どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ」の19話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ『19話』のネタバレ

馬小屋に通う理由

突如、馬小屋にやって来た少年の正体は、第5皇子テオドール・ド・ビルテオン。

プリシラから産まれたカイルの実の弟ではあるが、皇位継承権も5番目と低く、何より赤い眼ではないために「形だけの皇子」と呼ばれていた。

皇宮で誰からも見向きされない中、兄のカイルだけが気に掛けてくれている。

それに加え、自分と同じく眼の色のせいで皇位を継ぐのは厳しい立場にあるカイルが、ひたむきに努力し続ける姿を尊敬し、慕っていた。

ところが、ある日を境にカイルが相手をしてくれなくなった。

いそいそと何処かへ行ってしまい、やっと捕まえたと思ったら話しかけても上の空。

兄上まで僕を…とショックを受けるテオの耳に、最近のカイルの様子が変だという使用人たちの噂が飛び込んでくる。

馬小屋に通い倒しているとの話で、思い返してみれば馬小屋へ向かうカイルがどこか浮かれていたような気も…。

テオはカイルが乗馬にハマっているのだと思い込み、兄がヘスティアンから帰って来る前に乗馬をマスターして共通の趣味を持とうと考えた。

ラジ

輝子に会いに行っているとは知らずに誤解したのね

輝子の知らぬ間に…?

毎朝、馬小屋にやって来るようになったテオの偉そうな態度に、輝子は生意気だとチョップをお見舞い。

同時に、最近人の出入りが減ったのが妙だと感じる。

実は、テオが周囲に皇子である自分がここに来ていることを口外しないようきつく言いつけていて、使用人たちは見事に振り回されていたのだ。

テオが皇子だと知らない輝子は、平民の子供として気軽に話しかける。

馬に乗りたいとテオからせがまれて、しぶしぶ応じるのだった。

何かを失念している気がするも、輝子にはそれが何なのか分からないまま…

ねお

輝子は物語を知っているんだから、「テオ」って聞いて気付いても良さそうだけど…

そんな中、一組の男女を乗せた馬車が皇宮に向かっていた。

黒髪の青年は、本物の皇宮を前に興奮気味。

しかし、デロアと呼ばれた女性は、青年に油断は禁物だと忠告する。

彼こそが小説「キングメーカー」の主人公・イサクだった。

◀前話今読んでいる話次話
18話19話20話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ『19話』の感想

テオは、帝国の第5皇子だったようです。

輝子もといジョーと着実に仲良くなっていますが、お互いに正体を隠したまま。

さらにはカイルを乗馬好きと勘違いしていて、思わぬところで人間関係が複雑化しています。

カイルの母親が息子に皇位を切望しているこのタイミングで、小説の中の主人公が登場…

これから徐々に頭角を現すイサクの影で、カイルにはバッドエンドが待っています。

輝子はこのままではカイルが危ないと立ち上がるのかもしれませんね。

まとめ

以上、「どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ」の19話のネタバレ記事でした!

「どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「どうせ脇役なんだから私と恋でもしよ」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる