【ピッコマ】「暴君の子を授かりました」『39話』のネタバレと感想

boukunnoko39

\ 「暴君の子を授かりました」の全話ネタバレはコチラ

ピッコマで配信されている「暴君の子を授かりました」の39話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画 | 暴君の子を授かりました『39話』のネタバレ

カイルからの贈り物

自分の部屋に戻ったイーランだったが、子供たちから元気がないと心配されていた。

イーランの元気がない理由を考える2人。

最近、部屋にカイルが来ないからではないか、とリアンが言う。

そこにミーレカが近づいてくる。

何をしているのか、と尋ねるミーレカにエンリルはママを見ていたと答える。

ミーレカは、忙しくないのであればお手伝いをしてほしいと頼むと子供たちは承諾する。

お手伝いとは、カイルからのプレゼントを運ぶことだった。

会いに来るな、と言われたからプレゼントを贈ったのか…と考えるイーラン。

そのうち会いに来るだろうと考えるが、何日たっても会いに来ずプレゼントばかり贈ってくる。

身勝手なカイルが、自分の一言で本当に近寄ってこないことに驚きを隠せないイーラン。

カイルが少しずつ変わっていることに気が付くが、自分は変われていないと考える。

そして、真っ向勝負に出よう、とイーランは決意するのだった。

ラジ

真っ向勝負、何をするのかしら?

真っ向勝負!

イーランは、まずカイルの幼少期のことを確かめることにした。

カイルのお母さんは没落貴族出身の侍女で、その身分から結婚への反対が強かった。

しかし風の宮には、部屋も家具もきちんときれいに保管されている。

カイルはお母さんを大事に思っていたとイーランは考える。

カイルが幼少期に使っていた部屋を訪れるイーラン。

イーランは部屋の壁に、子供の字で書かれた童話を見つける。

「王子様は幸せに暮らしました」と締められたその童話は、まるでカイルの小さい頃の憧れのようだった。

王子様は幸せになったかな…とつぶやくイーラン。

その背後からカイルが近づいてきた。

近づかないでと言ったはずだ、というイーラン。

カイルは、子供たちが遊びに行ったからプレゼントを置きに来たと話す。

子供たちを、皇子と皇女になるというカイル。

もうすぐ発表するつもりだ、と続ける。

反論しようとするイーランだったが、カイルに逃げるすきを窺っているのかと尋ねられる。

それに対してイーランは、逃げるすきではなくカイルの昔の痕跡を探していると答える。

カイルについてもっと知りたくなった、というイーランにカイルは知っているだろう、と返す。

しかし、カイルの心の闇を知らないとイーランが言うと、探すのではなく自分に聞けばいいとカイルは言う。

それは…と戸惑うイーランに、あの頃の感情はないからもう苦しまないとカイルは続ける。

地獄だと言っていた、とイーランは言うが…。

ねお

まだ隠している過去があるみたいね。

▶▷続きはピッコマで…

◀前話今読んでいる話次話
38話39話40話

▶▷全話のまとめ一覧はコチラ

★コミックシーモアが今ならお得★
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

今なら期間限定600ptも貰える!

漫画バンクの代わりにおすすめの電子書籍サイト

2021年11月に漫画バンクはKADOKAWA、講談社、集英社、小学館の出版4社が声を上げたことで閉鎖となりました。

今回はそんな漫画バンク難民の為に漫画バンクの代わり読める漫画サイトをまとめてみました。

>>漫画バンクの後継漫画PLAYの代わりになる電子書籍サイトを紹介!

ピッコマ漫画 | 暴君の子を授かりました『39話』の感想

真っ向勝負で、カイルの心の闇を知ろうとしたイーラン。

結局本人に聞くことになりそうですが…。

カイルは幼少期のことを思い出しても平気なのでしょうか?

カイルを気遣うイーランが、優しいと感じますね。

まとめ

以上、「暴君の子を授かりました」の39話のネタバレ記事でした!

「暴君の子を授かりました」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、気になる方はぜひ合わせて御覧ください!

\ 「暴君の子を授かりました」の全話ネタバレはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ー漫画バンクの後継「漫画PLAY」の代わりにー

2021年11月4日に違法サイトである『漫画バンク』が閉鎖に追い込まれました。

その後、後継が後を立たず2022年には「漫画PLAY」が登場。

安全性は?ウイルスの危険性は?詳しく調べてみましたので以下から御覧ください。

コメント

コメントする

目次
閉じる